【ラジオ説教】  「悔い改めへの招き」  辻 幸宏牧師



  ルカによる福音書13章1〜3節 (新共同訳聖書)

13:1 ちょうどそのとき、何人かの人が来て、ピラトがガリラヤ人の血を彼らのいけにえに混ぜた
   ことをイエスに告げた。
13:2 イエスはお答えになった。「そのガリラヤ人たちがそのような災難に遭ったのは、ほかの
   どのガリラヤ人よりも罪深い者だったからだと思うのか。
13:3 決してそうではない。言っておくが、あなたがたも悔い改めなければ、皆同じように滅びる。


 あるガリラヤ人たちが凶悪な犯罪を引き起こしました。当時のユダヤ人であれば誰もが知る犯罪であり、当時ユダヤを治めていたローマの総督ポンティオ・ピラトが彼らを処刑したことを、誰も疑問に思うことなく、当然のことと思っていました。この事件に関して、聖書はどういった犯罪であったか詳細を伝えておらず、私たちはその犯罪について知ることは出来ません。

 ところがイエス様は、この様にお答えになられます。「そのガリラヤ人たちがそのような災難に遭ったのは、ほかのどのガリラヤ人よりも罪深い者だったからだと思うのか。決してそうではない。言っておくが、あなたがたも悔い改めなければ、皆同じように滅びる。」
 非常に驚くべき言葉です。極悪非道な犯罪者と同じように、私たちも、そして全ての人々が、罪を悔い改めなければ、同じように滅びるのだと語られるのです。つまり、イエス様は、私たちも同じように極悪非道な罪人であることを語っておられるのです。

 なぜイエス様がこの様なことを語られたのでしょうか。私たちは神様が人を罪に定める基準を知らなければなりません。つまりユダヤ人たちが「極悪非道なことを行った」と結論づけたのは、当時のユダヤの法律であり、人々の常識に従ってのものであったことでしょう。つまり、どこの国の法律でも言えることですが、実際に行われ、明るみにされた事件のみが、裁きの対象となります。つまり、実際に人を殺してしまうことと、心の中で憎たらしいと思うこととの間には、非常に大きな違いがあるのです。さらには、実際に人を殺したとしても見つからなければ、裁きを受けることはないのです。
 ところがイエス様は、「あなたがたも極悪非道であり、悔い改めなさい」と語られるのは、天地万物の創造者であり、今なお全世界を支配しておられる主なる神様による善悪の基準によるのです。主なる神様は、全てのことをご存じです。それは、私たち一人一人の行動・口から発せられる言葉・さらには私たちの心の中で思っていることまで、全て及びます。従って、実際に人を殺したり傷つける行為のみが、裁きの対象となるのではなく、人を侮辱する言葉も、憎たらしい・嫌だなと思うこともまた、同じように罪であり、完全に正しいお方である神様からすれば、赦すことの出来ないことなのです。だからこそ、イエス様は、「あなたたちも同じように悔い改めなければ滅びる」と語られるのです。
 しかしイエス様は、私たちが実際に引き起こされた犯罪はもちろんのこと、口から発した言葉・心の中に込められている罪を、自覚して、悔い改めれば、「滅びることはない」とも宣言して下さっています。それは罪を悔い改め、神様を信じる者の罪を償うために、イエス様が十字架の死をもって刑罰をお受け下さったからです。だからこそ私たちが肉体の死を遂げた時、そのまま朽ち果て滅びるのではなく、イエス・キリストが十字架の死から三日目に復活されたように、復活の生命が与えられ、神の国、つまり天国における永遠の生命が与えられるのです。全てをご存じであられる主なる神様の御前で、口から発せられる罪・心の中の罪を悔い改め、救い求めて、神様を信じましょう。


                            (2004.9.13 CBCラジオ「キリストへの時間」放送)

COPYRIGHT(C) 2004 辻幸宏  ALL RIGHTS RESERVED


戻る