【ヨハネの手紙一 連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「反キリストが現れる時」  ヨハネの手紙一 2章18~25節



ヨハネの手紙一 2章18~25節

  2:18 子供たちよ、終わりの時が来ています。反キリストが来ると、あなたがたがかねて聞いていたとおり、今や多くの反キリストが現れています。これによって、終わりの時が来ていると分かります。2:19 彼らはわたしたちから去って行きましたが、もともと仲間ではなかったのです。仲間なら、わたしたちのもとにとどまっていたでしょう。しかし去って行き、だれもわたしたちの仲間ではないことが明らかになりました。2:20 しかし、あなたがたは聖なる方から油を注がれているので、皆、真理を知っています。2:21 わたしがあなたがたに書いているのは、あなたがたが真理を知らないからではなく、真理を知り、また、すべて偽りは真理から生じないことを知っているからです。2:22 偽り者とは、イエスがメシアであることを否定する者でなくて、だれでありましょう。御父と御子を認めない者、これこそ反キリストです。2:23 御子を認めない者はだれも、御父に結ばれていません。御子を公に言い表す者は、御父にも結ばれています。2:24 初めから聞いていたことを、心にとどめなさい。初めから聞いていたことが、あなたがたの内にいつもあるならば、あなたがたも御子の内に、また御父の内にいつもいるでしょう。2:25 これこそ、御子がわたしたちに約束された約束、永遠の命です。



Ⅰ.キリスト者として、日々大切にしなければならないこと
 今日の説教題は「反キリストが現れる時」です。年始めから物騒な題です。しかし異教社会に生きる私たち日本人キリスト者は、現実から目をそらせてはなりません。私たちの周りには、直接・間接にかかわらず、キリスト教を否定し拒絶している人々がいます。神さまを信じ、主の御言葉に聞き従う時、必然的に世の人々との歩みに違いが生じるのです。
 20 あなたがたは聖なる方から油を注がれているので、皆、真理を知っています。「油注ぐ」とは、旧約の時代であれば、王・預言者・祭司に対して行われ、新約の教会でも、牧師・長老・執事は、按手において油注がれ主の働き人とされます。しかしここで語る油注ぎは、すべてのキリスト者に与えられるものであり、聖霊に満たされることです。私たちは聖霊をとおして御言葉に聞くことにより、主の真理を知り理解することが出来るのです。
 つまり私たちが聖書を読み理解することは、単に知的に理解することではありません。もちろん知的に調べ知る必要があります。しかし同時に聖霊が宿ることにより、聖書に記されている主の御言葉が真理として理解し、聖書を読む私たち自身が真理に従う者へと変えられていくのです。つまり私たちは聖霊に委ねつつ、主の御言葉に聞き、主なる神さま御自身のことを知ること、主のお語りになる真理を知ること抜きには、真のキリスト者として、主を礼拝し、祈り続ることも出来ないのです。これはキリストから油注がれ、神の救いに入れられた者の特権です。神さまのために時間を割き、御言葉に聞き、祈る時、主はさらなる祝福をお与え下さいます。私たちは第一のものを第一としなければなりません。

Ⅱ.聖徒の交わりに繋がる信仰
 一方偽り者は、「イエスをメシア(キリスト、救い主)である」ことを否定する者です。言い換えれば、三位一体なる神さまを否定するのです。「三位一体」という言葉は、聖書に直接記されておらず、教会が告白してきた教理です。教会は聖書のみで教理は不要と言われる方々もいます。しかし新約の歴史の中、御子イエス・キリストの神性、あるいは聖霊の神性を否定する人たちが生じてきたのであり、キリスト教会は、聖書を読み解く結果、御父・御子・御霊なる神を信じてきたのであり、そのことを三位一体という言葉をあてて信じてきたのです。そして三位一体を否定する人々を、聖書的ではない者たちとして、教会から排除し、彼らのことを異端としてきたのです。教理(使徒信条、ウェストミンスター信仰告白・大・小教理問答など)は、その時その時のキリストの教会が、聖書を読み解き、聖書が語る真理を告白してきた言葉です。三位一体とキリストの二性一人格の教理は、異端と区別するための重要な教理であり、使徒信条やニケア信条、アタナシウス信条など古代教会において教会が告白してきたものです。そのためこれらの基本信条は、キリスト教会の教派を超えて、一致することが出来、異端と区別するための教理となっています。
 そして三位一体なる神さまを私たちが信じる時、私たちは御父の救いのご計画に組み込まれ、キリストの十字架の贖いに与り、聖霊の豊かな交わりの中に入れられているのです。そのためキリスト教会は、教派を超えたキリスト者の豊かな交わりにあるのです。私たちはウェストミンスター信条を告白した改革派教会を立て上げて行きます。しかしキリスト者の少ない日本の教会において、違いばかりを強調しても仕方がありません。むしろ、三位一体なる神さまを信じるキリスト者として、神の救いの恵みと祝福に入れられていることを確認する時、私たちは教派を超えた交わりも豊かになるのです。家庭・学校や職場、地域の繋がりも大切です。しかし、私たちが最も恵みに満たされる信仰の交わり、聖徒の交わりが本当の意味で豊かでなければ、信仰の養いも豊かにはならないのです。

Ⅲ.二つの結果
 また、私たちが御父・御子、御霊なる神さまとの交わりに生きることは、罪の故に死に行く私たちがキリストの贖いの故に罪赦され、神の子とされ、救いの喜びに生きることです。そして救いの喜びに生きることは、地上における日々の歩みの中、様々な苦しみ、悲しみ、悩み、試練に置かれたとしても、生きて働く神さまの御手の中にあり、主の守りと導きを信じて生きることが出来ることです。自分一人で頑張る必要などいりません。御父・御子・御霊なる神さまが私たちと一緒にいて下さるのです。
 そして私たちは、地上の生涯を走り終え、肉の死の時を迎えたとしても、主は私たちに復活の生命をお与え下さり、天国における永遠の生命に満たして下さるのです。
 私たちは今から聖餐に与ります。すでにキリスト教会において信仰を告白し、主からの洗礼を受けた者は、主の晩餐に与ります。主なる神さまによる救いにあること、ここで見える兄弟姉妹たちとの間で、さらには天と地に満ちる兄弟姉妹との豊かな交わりを覚えることが出来るのです。まだ信仰を告白しておられない方々、契約の子どもたちも、信仰を告白することにより、この交わりに加えられます。また、主の御霊がそのように働いて下さることを信じています。

                                     (2013.1.6)

COPYRIGHT(C) 2012 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る