トップ > 説教要約一覧 > Tペトロ書説教(2章)


【礼拝説教】  「立派な生活」  辻 幸宏牧師

ペトロの手紙一2章11〜12節

 11 愛する人たち、あなたがたに勧めます。いわば旅人であり、仮住まいの身なのですから、魂に戦いを挑む肉の欲を避けなさい。12 また、異教徒の間で立派に生活しなさい。そうすれば、彼らはあなたがたを悪人呼ばわりしてはいても、あなたがたの立派な行いをよく見て、訪れの日に神をあがめるようになります。



T.神の愛と我々の安住の地である神の国
 ペトロはこれまで、キリスト者とはどのようなものであるか、一般的な教えを語ってきました。そして、2:11以降、キリスト者の生活を具体的に解き明かしていきます。11〜12節はその序にあたり、全体的なことが語られています。ペトロは「愛する人たち」と語ります。この手紙の受取人は、ポントス、ガラテヤ、カバドキア、アジア、ビティニアの各地に離散しているキリスト者です(1:1)。共に迫害を忍び、苦難を共にしています。彼らはいわば旅人であり、仮住まいの身なのです(11)。周囲に理解者のいない孤児のようです。迫害され生きる希望すら失せ、背教の道を選ぼうかと思う者に対して、「あなた方は一人ではない。主によって愛されている」とペトロは暖かい言葉をもって励ますのです。この主の愛は、今、私たちにも向けられています。無神論、偶像崇拝者に囲まれ、信仰を見失い教会から離れていく者もあります。しかし、主の私たちに対する愛は変わらないのです。
 ペトロが「あなたがたはいわば旅人であり、仮住まいの身である」と語ることは、私たちの今の苦難は一時的なことであり、安住の地は別の所、つまり天、神の国にあることを語るのです。パウロの言葉を借りれば、「我らの国籍は天に在り」(ピリピ3:21)です。言い換えれば、天国という安住の地があるから、私たちはこの世と妥協してはならないのであり、背教する必要はないのです。
 アブラハムは、主の御声を聞き、主の言葉を信じて旅立ちます(創世12章)。私たちもアブラハムと同じです。主は私たちを救い、天国に導いて下さいます。この世にある様々な誘惑に、心を奪われてはなりません。体を寄せてはなりません。
 「肉の欲」(11)とは、動物的な本能的な欲望ではありません。私たちに迫ってくる全ての罪、欲望、自己中心的な願望の全てです。私たちは、主の語られる御言葉を聞くことから離れ、主による救いを忘れた時、日々私たちに働きかけてくる様々な誘惑に惑わされ、引かれていくのです。それが、ギャンブル、酒等自らの身を滅びともたらすのです。また、神による救いを忘れさせ、背教を迫るのです。だからこそ、神の愛を知り、キリストの十字架による救いを真に受け入れ信じているならば、そうした誘惑に対して、心引かれ、全てをかけて挑んではならないのです。

U.信仰を貫き、主の御言葉に仕える
 続けてペトロは、「異教徒の間で立派に生活しなさい」と語ります(12)。キリスト者はこの世では旅人ですが、旅の恥は掻き捨てであってはならないのです。「神さまを信じていれば救われる。だから今は自分の思うがまま生活する」では済まされないのです。一期一会という言葉がありますが、一生に一度の出会いであっても、その出会いにより私たち自身のキリスト者としての生き方、信仰が、その人に伝わることが求められているのです。それは救われ神の国に入る者としての喜びの生活です。
 主は、私たちが神の子に相応しい者となるために、私たちに律法をお与え下さいました。律法に従うことは、罪から離れるだけではなく、同時に私たちの生活が神の御心に適うものへと導かれるのです。天に国籍がある者としての相応しい生活が、律法に倣う生活です。具体的な生活については13節以降で語られていきますが、立派な行いとは、決して人から誉められる事だけではありません。十戒の第二の板(第五戒〜第十戒)の隣人への愛の業を行うことは人に誉められる事でもあります。しかし第一の板に属する信仰の事柄に関しては、主なる神さまを礼拝することにより、時として人々の躓きとなることもあるのです。私たちはこうした時にも、主の御声に聞き従うことが第一とされているのです。人の目に気に入られる事を行うことなく、非難を浴びようとも主の真理を貫こうとすれば、時として、悪人呼ばわりされ、嫌われることもあります。しかし、信仰・真理を貫くことにより、一目おかれる存在となり、やがて、今までキリスト者の行動を非難していた者が、救い主を信じ、喜んで神を崇める者へと変えられる時が与えられるのです。これこそが真の伝道です。真理を貫く姿を人々は遠目に見ており、真のキリスト者を主の御前に呼び集めるのです。主は私たちを愛し、救いに導いて下さいます。だからこそ、私たちは救いの喜びを以て主の御声に聞き従い、真理の道を歩み続けたいものです。

                                     (2008.4.6)
COPYRIGHT(C) 2008 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る