トップ > 説教要約一覧 > Tペトロ書説教(3章)


【礼拝説教】  「キリスト者の歩む道」  辻 幸宏牧師

ペトロの手紙一3章8〜12節

  8 終わりに、皆心を一つに、同情し合い、兄弟を愛し、憐れみ深く、謙虚になりなさい。9 悪をもって悪に、侮辱をもって侮辱に報いてはなりません。かえって祝福を祈りなさい。祝福を受け継ぐためにあなたがたは召されたのです。
 10 「命を愛し、
   幸せな日々を過ごしたい人は、
   舌を制して、悪を言わず、
   唇を閉じて、偽りを語らず、
 11 悪から遠ざかり、善を行い、
   平和を願って、これを追い求めよ。
 12 主の目は正しい者に注がれ、
   主の耳は彼らの祈りに傾けられる。
   主の顔は悪事を働く者に対して向けられる。」



T.聖徒の交わり
 「終わりに」とは(8)、2:11〜3:7において語ってきたこと、つまり@全ての制度に従い、A主人に従い、B妻は夫に従い、夫は妻を尊敬する者として、非キリスト者に対してキリストを証しすることを受けています。そしてここではキリスト者相互の交わりと非キリスト者の中での生活について述べられています。
 最初は聖徒の交わりについてです。これまでにも何度もお語りしてきたとおり、当時、ペトロが手紙を書き送っていた各地の教会も小さな群れであり、肩を寄せ合うように生きていました。ノン・クリスチャンに対する生活が求められていた中にあって、クリスチャン相互の聖徒の交わりが如何にして形成することが出来るかをここで確認します。
 8節には5つのことを語ります。
 @キリスト者も互いに個性があり、異なった賜物を持ち合わせているのですが、キリストにあって一致し、神の国の完成に向けて一つになることが出来るのです。
 Aキリスト者は、多くのノン・クリスチャンの中に生活し、信仰敵に様々な苦しみ・忍耐が強いられます。だからこそ互いに同情し合うのです(ローマ12:15)。
 B兄弟を愛するは、キリストにある愛情であり、キリスト者相互の愛です。
 C憐れみ深くは、行いに留まることなく感情などにも配慮・同情的な優しい心を持つことです。互いに弱く、特に迫害の中にあれば挫けそうになります。そうした中、互いに憐れみ深く、祈り合うことが求められているのです。
 D謙虚になることは、新改訳聖書では「謙遜」と訳します。
 つまり、これらの5つは、@心を一つにすること、D謙虚になることが底辺にあり、A同情し合う、C憐れみ深くあることが重なり合い、B兄弟愛が頂点となる山が形成されているのです。つまり、この聖徒の交わりは、互いに同じ方向(神の国)を向き、互いに配慮することが求められているのです(参照:ウェストミンスター信仰告白26:2)。しかし人は、他者の状況を確認することなく、人は人の苦しみを顧みることが出来ず、自らの望むまま、他者を配慮して建設的な話しを行うことが出来ないのです。

U.敵対者に対する態度
 @悪をもって悪に報いず!
 ペトロは続けて、非キリスト者たちに対するキリスト者の態度を語ります(9、参照:2:23、マタイ5:44、ローマ12:14-18)。聖書が語る結論は、主はキリスト者を通して、この世を罪・争いの世界から、和解と平和の世界へと導こうとされていると言うことです。
 罪に対する復讐として戦争を行うこと、侮辱を受けたことに対する反撃を行う所には、罪が充満し、争いが継続されるだけです。主は、そういう状況の中にあっても、キリスト者はいわば耐え、忍耐することを求め、和解・平和がもたらされることを望んでおられるのです。その延長線上に罪の悔い改めがあるのであり、ここに最後の審判を送らしておられる主の忍耐があります。
 悪に報いず、侮辱にも言い返さないことは、私たちにとって忍耐がいることです。卑怯者、弱い人間と見られ、蔑まれることもあるかも知れません。しかし忍耐する時、衝突は回避され、相手に対して悔い改めの機会を与えることが可能となるのです。
 キリスト者がそこまで忍耐することが出来るのは、すでに永遠の生命に与る救いが与えられているからです(参照:1:4)。私たち自身が、罪の刑罰としての永遠の死から救い出され、永遠の生命と祝福を受けた者であるからこそ、私たち自身も罪を赦し、祝福を祈ることが、主によって求められているのです。

V.命を愛した行い
 そしてペトロは、最後の10〜12節(詩編34:13-17の引用)で、8〜9節において語ってきたキリスト者の態度の根拠を確認します。この詩編は、正しい者が絶えざる苦難の中にあって、神の御保護を信じ、委ねていることの幸福を歌った詩編です。キリスト者の目指しているのは、永遠の生命・神の国における祝福であって、今の一時的な繁栄・権力を求める者ではありません。私たちは土の器であり、私たちの口、内面的な所から出てくるものは、罪ばかりです。この土の器に、私たちは神の御言葉を蓄え、神の御言葉から引き出される柔和さ、しとやかさが求められているのです。これが「悪から遠ざかり、善を行い、平和を願って、これを追い求め」ることです。

                                     (2008.5.18)
COPYRIGHT(C) 2008 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る