トップ > 説教要約一覧 > Tペトロ書説教(3章)


【礼拝説教】  「善い生活」  辻 幸宏牧師

ペトロの手紙一3章13〜17節

  13 もし、善いことに熱心であるなら、だれがあなたがたに害を加えるでしょう。14 しかし、義のために苦しみを受けるのであれば、幸いです。人々を恐れたり、心を乱したりしてはいけません。15 心の中でキリストを主とあがめなさい。あなたがたの抱いている希望について説明を要求する人には、いつでも弁明できるように備えていなさい。16 それも、穏やかに、敬意をもって、正しい良心で、弁明するようにしなさい。そうすれば、キリストに結ばれたあなたがたの善い生活をののしる者たちは、悪口を言ったことで恥じ入るようになるのです。17 神の御心によるのであれば、善を行って苦しむ方が、悪を行って苦しむよりはよい。


T.善いこと
 ペトロは苦しみの中にあるキリスト者に対して、信仰を貫くための励ましの手紙を書いています。キリスト者である私たちが忘れてはならないことは、一つの心、つまり主によって与えられたゴールである神の国における祝福を何よりも第一に、心を一致させることです(8)。その具体的な表れが、謙虚さ、隣人を同情し、憐れみ、兄弟を愛することです。
 「善いことに熱心であるよう」(13)とあります。人に害を加えないような立派さは、一般道徳的に善い・立派な行いです。しかしそれだけでは足りません。聖書的に語れば、絶対善である神さまが唯一善い方であり、人が善い者になるためには、主からの言葉、律法(十戒)に従うことが求められます。これは十戒の第二の板(隣人を愛すること)のみならず、第一の板(神を愛すること)も求められます。隣人を愛することは、誰からも非難されることなく、むしろ賞賛される行為です。日本においても明治期や、戦後に教会が成長したのも、ある意味こうした倫理的に優れていたため人々から受け入れられていたのであり、律法主義になってはなりませんが、非難されることではないのです。しかしこれが、強制(〜ねばならない)となり、律法主義になる危険性があります。私たちの置かれている立場、つまりすでにキリストの十字架による罪の赦しが与えられ、永遠の生命にあり、一つの目標に向かっていることを覚え、主の御業に感謝することが必要です。本当の意味で救いの感謝がなければ、「善いことに熱心である」ことは律法主義に陥ります。

U.不正を暴くこと
 しかし一方、現実にはキリスト者が善いことに熱心で義を貫く時、摩擦が生じることもあります。これは神を愛する故に、偶像崇拝を行わず皇帝を崇拝しないからであり、義を貫くことにより不正に富を蓄えようとする人たちの企てを邪魔することとなるからです。
 「義を貫く」ことは、「不正を暴く」ことでもあります。日本でも昨年、偽装が続きましたが、不正を暴くのは、会社の従業員、もしくは外部関係者です。そして従業員が会社を訴えることは、上司に逆らうことであり、覚悟が求められます。
 しかし御言葉は、義を貫き、義のために苦しむのであれば、主による幸いを得、神の御国における喜びとなるのです。つまり私たちが、自らの身分・地位・安全を考え、不正に目をつぶることは、神の民として相応しくない事です。私たちキリスト者は、神の国における栄光ある永遠の生命に生きる者として、主の義を貫くのです。自分自身の今日・明日のことを損得勘定するのであればできないことです。

V.弁明が求められた時
 私たちは、キリスト者として正義を貫くことにより、他人から否定されたり、不平を耳にしたりすることもあります(15)。その時弁明が求められます。この時、私たちは自分で何かを語ろうと模索する必要はありません。主は御霊により、必要な言葉を備えて下さいます(マタイ10:16-20)。主なる神さまは天地万物のすべてを支配しておられます。そして主の御計画の中に、今、私たちも置かれているのです。その目的地が、神の国です。主が私たちをそこまで導いて下さるのだからこそ、弁明が求められた時も、主が最も相応しい言葉をお与え下さるのです。
 また弁明が求められる時、私たちは感情的になってはなりません。「穏やかに、敬意をもって、正しい良心で」行うのです。つまり、相手を負かすことを目的としているのではなく、主の義・真理を伝えることにより、相手が悔い改める機会が与えられているのです。そうすれば、キリストに結ばれたあなたがたの善い生活をののしる者たちは、悪口を言ったことで恥じ入るようになるのです(16)。逮捕・虐げ・叱責が、不正であればある程、相手の側に今の状況を冷静に考えさせ、真理を見つめさせる時間が必要なのです。だからこそ私たちは感情的にならず、相手に対して不平不満を語ることなく、むしろ一度立ち止まり、すべての状況を見つめ直し、主の真理に基づいて、穏やかに敬意をもって語ることが求められているのです。また、主の霊に委ねて語るからこそ、私たちは攻撃するために構える必要もありません。むしろ信仰の武具を身に着ければ良いのです(エフェソ6:11-18)。
 さらにペトロは、正しい良心で弁明することを求めます。良心の主は、主なる神さまのみであり、「正しい良心」によって弁明しようとすれば、主の御言葉に聞き従う必要があります。つまり、弁明が求められる時には、@主にすべてを委ねること、A感情的にならず、相手に考えさせるように穏やかに、敬意を持つこと、B主が教えておられる御言葉に従うことが求められているのです。
 私たちは、主によりすでに罪が取りのぞかれ、義とされ、永遠の生命が約束されています。ゴールが与えられています。そこを見据えて、周囲の状況により善悪の基準を変えることなく、主の義を貫き、主を証しして行きたいものです。

                                     (2008.5.25)
COPYRIGHT(C) 2008 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る