トップ > 説教要約一覧 > Tペトロ書説教(3章)


【礼拝説教】  「キリストと共に歩む」  辻 幸宏牧師

ペトロの手紙一4章12〜19節

  12 愛する人たち、あなたがたを試みるために身にふりかかる火のような試練を、何か思いがけないことが生じたかのように、驚き怪しんではなりません。13 むしろ、キリストの苦しみにあずかればあずかるほど喜びなさい。それは、キリストの栄光が現れるときにも、喜びに満ちあふれるためです。14 あなたがたはキリストの名のために非難されるなら、幸いです。栄光の霊、すなわち神の霊が、あなたがたの上にとどまってくださるからです。15 あなたがたのうちだれも、人殺し、泥棒、悪者、あるいは、他人に干渉する者として、苦しみを受けることがないようにしなさい。16 しかし、キリスト者として苦しみを受けるのなら、決して恥じてはなりません。むしろ、キリスト者の名で呼ばれることで、神をあがめなさい。17 今こそ、神の家から裁きが始まる時です。わたしたちがまず裁きを受けるのだとすれば、神の福音に従わない者たちの行く末は、いったい、どんなものになるだろうか。
18 「正しい人がやっと救われるのなら、
  不信心な人や罪深い人はどうなるのか」
と言われているとおりです。19 だから、神の御心によって苦しみを受ける人は、善い行いをし続けて、真実であられる創造主に自分の魂をゆだねなさい。




T.キリストの十字架を覚えよ!
 ペトロは苦難の中、信仰の戦いが強いられている各地の教会の民に、励ましの手紙を記しています。ペトロは前節(4:11)主への栄光を語り、ここで手紙を書き終えるような形を取りますが、なおも12節以降、励ましの手紙を続けます。神学者によっては、「別の手紙である」と語る人たちもいますが、彼らの苦しみを覚えつつ追伸を書き足しているのです。
 私たちは、苦しくなると、そこから逃れたいと思うのが常です。自分から進んで苦しみに入る人はいません。しかしペトロは苦しみを「喜びなさい」と語ります(13)。キリスト者は、信仰の故に苦しみの中に置かれた時、私たちを救いに導いて下さった救い主イエス・キリストの十字架の姿を思い覚えるべきです(参照:ルカ22:63、23:11、23:35-39)。キリストご自身は、律法を全うされたお方ですが、私たちの罪を背負って十字架に架けられ、苦しまれ、死を遂げられました。私たちが自分自身では負いきれなかった十字架をキリストが担って下さったため、私たちは十字架を背負う必要がなくなったのです。あなたはキリストが背負われた十字架の苦しみを担うことが出来ません。だからこそ私たちは、苦しい時にキリストの十字架の苦しみを覚えるべきです。そしてキリストへの信仰の故に、苦しみにあるのであれば、不平を語り逃げだそうとする前に、キリストが担って下さった十字架に感謝すべきなのです。私たちの背負う十字架、苦難は、非常に軽くされているのであり、さらに救い主である主が共にいて下さるからこそ、弱い私たちが担いきれないような苦しみが私たちに与えられることはないのです。

U.罪を行わず、社会を形成せよ!
 既に罪が赦された者として、もうこれ以上、罪を積み上げてはならないのです(15)。むしろ社会を形成していくことが求められます。もちろん、既に救いに与ったキリスト者は、地上の生涯の間なおも罪人です。罪を犯してしまいます。故意に行わないことです。罪を犯した時には、主の御前で罪の悔い改めることです。主の御前に、罪人であること・誘惑に弱い人間であることを、主の御前に懺悔するのです。むしろ自分は、「神さまの御前で一切罪を犯すことなどない」と語ることこそ傲慢です。
 プロテスタント教会は、カトリック教会のように「懺悔・悔悛」を義務づけるようなことはしません。しかし罪を顧みて、懺悔・悔い改めする必要がないのではありません。ヤコブは「だから、主にいやしていただくために、罪を告白し合い、互いのために祈りなさい。」(ヤコブ5:16)と語り、カトリック教会は神父の前で悔悛しなければならないことを定めましたが、告白し合う相手は、教職者でなくても個人的に親しい者でも、家族でも良いのです。私たちに必要なことは、「罪を告白し合う」ことではなく、「互いのために祈ること」です。主は、その悔い改めを受け入れ、罪を赦して下さいます。
 むしろ私たちは、人の前で罪を告白する前に、日頃から主の御前に立つ度(礼拝、家庭礼拝、個人礼拝)に、主の律法に照らして自らの罪を顧みるべきです。特に主の晩餐に与る時、罪深い者であってもキリストの十字架によって罪が赦されていることを感謝して、罪を悔い改めて主の晩餐に与るのであり、同時にもう罪を繰り返さない決意を行うのです。
 さて「悪者」(15)は、魔術師のことです。また注目すべき言葉「他人に干渉する者」は、「人殺し、泥棒、悪者」と比べて次元の異なることのようです。「他人」と「監督者」を合成した複合語で「他人の家庭に入り込み、批判・混乱させる」ことです。家族内で起こればアダルト・チルドレンとなります。キリスト者は、他人に無干渉であってはならないわけですが、個人の確立も求められるのです。つまり、罪とされることをおこなわないことはもちろんのことですが、社会を形成していく役割も担わされているのです。自由は無秩序であってはなりません。秩序が保たれた上で、互いに個人が尊重されるべきなのです。キリスト者は、このように積極的に社会を形成していくことが求められています。

V.神の御国を見据えた歩み
 不信心な人、罪深い人、彼らは、今、苦しみを避け、日々楽しんでいるようですが、主の裁きを逃れることは出来ません。永遠の苦しみが待っています。
 一方、主を信じ、主が求められる社会を形成しようとする時、社会との軋轢も避けられず、衝突が生じます。私たちは、そのような自らが苦しみの中に置かれた時、ネガティブになってしまいます。しかし私たちはその現状を見つめるべきです。目的と終着点を見つめるべきです。今、信仰の故に苦しみの中にあり、それが続くとしても、私たちキリスト者は、これ以上の苦しみに遭うことはありません。キリストの十字架の故に罪が赦され、神の国における永遠の祝福が与えられるのです(4:16-19)。
 こうしたことを覚える時、私たちは、キリストの十字架によって与えられた祝福を覚え、主に仕え、主の御言葉に聞き従っていきたい者です。


                                     (2008.6.29)
COPYRIGHT(C) 2008 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る