トップ > 説教要約一覧 > Tペトロ書説教(5章)


【礼拝説教】  「平和があるように」  辻 幸宏牧師

ペトロの手紙一5章12〜14節

  5:12 わたしは、忠実な兄弟と認めているシルワノによって、あなたがたにこのように短く手紙を書き、勧告をし、これこそ神のまことの恵みであることを証ししました。この恵みにしっかり踏みとどまりなさい。13 共に選ばれてバビロンにいる人々と、わたしの子マルコが、よろしくと言っています。14 愛の口づけによって互いに挨拶を交わしなさい。キリストと結ばれているあなたがた一同に、平和があるように。



T.人々に信頼される書簡
 使徒ペトロは、試練の中、信仰の戦いを送っているガリラヤやアジアの諸教会に対して、試練の向こうにある救いの喜びを覚えつつ、励ましの手紙を書き送っています。そしてペトロは「これこそ神のまことの恵みである」と語ります。つまりこの手紙は、ペトロが個人的に書き送っているのではなく、ペトロをとおして主なる神ご自身が、信者たちを励まし、救いの希望をお語りくださっている神の御言葉です。主なる神様が生きて働かれ、苦しみの中にある者を励まし力づけて下さる神の愛を、私たちは忘れてはなりません。
 さらにペトロは、忠実な兄弟と認めているシルワノによって手紙を書き記したことを語ります。当時は代理の者が手紙を書き記すことはあったのであり、最後の一文はペトロのシルワノに対する感謝の意味が込められています。このことはまた流暢なギリシャ語で記されている文体が、ペトロ自身によってではなくシルワノによって整えられたことを語り、「ヘブライ語を話すペトロには書けない」と言った疑義を払拭しています。
 またシルワノとは、使徒言行録15:22ではシラスと呼ばれており、エルサレム教会の指導者でした。使徒15章のエルサレム会議では、異邦人キリスト者が割礼を受けなければならないかが議論され、結果として割礼を受けなくても構わないことが決議されされ、異邦人伝道に歩み始めた新約の教会として、非常に重要な決定がなされます。この会議の決定事項を、シルワノはパウロやバルナバと共に、アンティオキアに報告する重要な任務を担いました。つまりシルワノは教会の人々に非常に信頼されている指導者でもありました。

U.信仰に踏みとどまる
 また「神のまことの恵み」、つまり福音の中心的な事柄を私たちは忘れてはなりません。それは神の御子であるイエス・キリストが、人としてこの世に来られ、私たちに代わって十字架の苦しみを担われたことです。本来、行いにおいても、口から発せられる言葉においても、心の中においても、主の御前に罪人であり、それ故に肉の生涯が終わること、また最後の審判と共に、永遠の死に宣告されていたのが私たちの姿でした。
 しかし神を信じる私たちの罪はキリストの十字架に転嫁され、主を信じる私たちの罪は贖われたのです。そして、キリストの十字架の御業の故に、私たちは義とされ、子とされ、神の祝福に満たされ、永遠の生命がもたらされたのです。だからこそ、キリストの十字架を受け入れ、信仰の道に入ったキリスト者は、地上の歩みにおいて、信仰の故に、様々な試練、迫害にあっても、地上の生涯が一時のことであり、主によって与えられる永遠の神の御国における祝福が与えられる喜びを覚えつつ、地上の生涯も送ることができるのです。
 だからこそペトロは「この恵みにしっかりと踏みとどまりなさい」と語ります。
 しかし現実に、信仰に踏みとどまることがどれだけ厳しいものであるのか、私たちは信仰生活を通して示されております。@信仰が故に試練を避けることができません。また実際に試練の中に時、私たちはその試練から早く逃れたいと思います。キリストの十字架を信じているが故に、迫害され、試練にある時、試練から逃れるために信じることを止めることも一つの手段と考えてしまうのです。A偶像崇拝:戦時中の日本の教会に多く見られた事ですが、神様への信仰は保っていても、迫害から逃れるために、取り繕い、主が求めておられる「あなたは何者をも神としてはならない」とする第一戒の戒めを破り、第二戒に禁じられている偶像礼拝すら行うことすらあります。こうした行為は、旧約聖書におけるイスラエルが繰り返し罪を犯し、主によって咎められていた行為そのものです。B世俗化:この世にある様々な娯楽という誘惑に負け、信仰をゆがめ、さらに信仰から離れるとことも、教会における大きな問題です。
 ですから、「この恵みにしっかり踏みとどまる」ことが求められる時、私たちは、自らの罪の大きさが示され、その罪に対して「神のまことの恵みである」キリストの十字架による救いがはっきりと示されていなければ、信仰は弱まり、試練や誘惑に遭遇すれば、信仰から離れる事態を招くのです。だからこそ、私たちはどのような時にも、両手・両足に釘が打ち付けられ私たちに代わって苦しみつつ死を遂げられたキリストの十字架から目を逸らせてはならないのです。

V.愛の口づけと主による平和
 ペトロは14節で「愛の口づけによって互いに挨拶を交わしなさい」と語ります。これはキリスト者同士、聖徒の交わりです。同じ信仰の戦いを行い、同じ救いの目標を持っている者として、互いに愛し合い、苦しみを分かち合う交わりです。「口づけ」は、愛と善意の表現であって、神の家族としての一体感を強く表している表現です。しかし、こうした行為は、誤解されるため、教会の中で実際に愛の口づけは現在においては行われません。
 それよりもむしろ、信仰による試練を分かち合いつつ、神の子とされ、神の国の住民として、一つのゴールに向かって歩む者としての兄弟姉妹として、聖徒としての交わりを深めることが、キリストの教会に求められています。
 そしてペトロは最後に「キリストと結ばれているあなたがた一同に、平和があるように」と語ります。平和・平安は、ヘブライ語の「シャローム」です。主なる神様によって神のまことの恵み、キリストの十字架による救いが与えられた者は、すでに与えられている救いの喜びと感謝があるからこそ、どのような試練・艱難・誘惑の中にあっても、信仰から離れることなく、平安に、シャロームに歩み続けていくことができるのです。

                                     (2008.7.27)
COPYRIGHT(C) 2008 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る