【礼拝説教】  「福音の力」  辻 幸宏牧師



  ローマ信徒への手紙16章25〜27節(新共同訳聖書)

16:25 神は、わたしの福音すなわちイエス・キリストについての宣教によって、あなたがたを強める
     ことがおできになります。この福音は、世々にわたって隠されていた、秘められた計画を啓示
     するものです。
16:26 その計画は今や現されて、永遠の神の命令のままに、預言者たちの書き物を通して、信仰に
     よる従順に導くため、すべての異邦人に知られるようになりました。
16:27 この知恵ある唯一の神に、イエス・キリストを通して栄光が世々限りなくありますように、アーメン。



   パウロが語り続けてきたローマへの信徒への手紙も、最後になりました。最後の言葉は、主への讃美です。人間の罪と神様による救い、そしてそこから様々な教理を展開し、そして私たち自身の信仰生活について語ってきたパウロですが、なおもこれらは主がお語り下さった啓示の言葉であり、パウロ個人から出てくる言葉ではないのです。このことをパウロ自身理解していたからこそ、最後の最後にこうした主の栄光を称える言葉となるのです。
 パウロはここで「わたしの福音」(25)と語ります。もちろんパウロがこの手紙で語ってきた教えの全てのことです。そして「わたしの福音」=「イエス・キリストについての宣教」なのです。つまり、イエス・キリストによる救いです。この福音を聞く者たちの信仰が強められるのです(25)。なぜならこれらの主体(25節の主語)は「神」であられるからです。神様がパウロに語りかけて手紙を記させ、そしてこの手紙を読む者に神の御霊が働きかけて、福音による救いを受け入れ、信仰を強めるように働くからです。ウェストミンスター大教理問答では次のように語ります。
 問155 御言葉は、どのようにして救いに有効とされるのですか。
 答  神の霊が、御言葉の朗読、特に御言葉の説教を、次のようなことのために有効な手段とされます。すなわち、〔第一に〕罪人の目を開き、罪を自覚させ、へりくだらせること、〔第二に〕彼らを自分の殻から引き出してキリストのもとに引き寄せること、〔第三に〕彼らをキリストのかたちに造りかえ、キリストの御心に従わせること、〔第四に〕彼らをさまざまな誘惑と腐敗に対して強くすること、〔第五に〕彼らを恵みのうちに造り上げ、そして、信仰を通して、彼らの心を清さと慰めにおいてゆるぎなくして救いに至らせること、です。(松谷好明訳)
 パウロは、自分自身が書き送る手紙が、神の御言葉として、神様の働きによって読む者立ちに信仰が起こされ強められることを信じているからこそ、主の誉め讃えるのです。
 このパウロが語る福音は、天地万物の創造の前に定められていたのですが、秘められていました。それは神様が意地悪だから、旧約の時代には、隠されていたのではありません。旧約の時代の人々にも、救い主が来られることが約束されていました。しかしどの様な救い主であり、どの様に救いが完成するかは秘密にされていたのです。しかし、御子イエス・キリストがこの世に来られ、十字架と死と復活の御業を成し遂げられることにより、それが明らかにされたのです。それをパウロは書き記したのです。つまり新約聖書には、イエス・キリストによる救いがはっきり示されているのです。そしてこの新約聖書は、秘められた計画が啓示された最初で唯一の書物なのです。だからこそ、私たちは神様による救いの言葉を、聖書に聞かなければなりません。
 しかし旧約聖書が新約聖書に劣ると言うことではありません。旧約聖書と新約聖書の違いは、イエス・キリストが示されているか示されていないかの違いで、神の福音が語られていることには違いがありません。旧約と新約の両方の聖書があって、初めて神の御言葉全体を形成するのであって、裏の部分、つまり人間の罪や神様の救いのご計画について知らなければ、神様による救いの全体をはっきりと知ることは出来ないのです。裏の部分から、表の光を確認し、イエス・キリストによる救いの確信を新たにする必要があります。
 この福音により、私たちを罪の虜から解放し、罪の刑罰としての死から解放する神のご計画を私たちが知り、それを受け入れ、信仰が与えられ、従順へと導かれるのです。闇から光へと神様がお導き下さい、心からの喜びと感謝の応答が、必然的に生じてくるのです(参照:ウェストミンスター信仰告白14:2)。
〔ウェストミンスター信仰告白14:2〕 救いに導く信仰について
 この信仰によって、キリスト者は、御言葉において啓示されていることは何事であれすべて真実であると、御言葉において語っておられる神御自身の権威のゆえに信じ、御言葉のそれぞれの箇所が含んでいることに応じて、さまざまに行為する。すなわち、命令には従順に従い、威嚇にはおののき、この世と来るべき世についての神の約束はしっかりと受け止める。・・・(松谷好明訳)
 そして最後にパウロは祝福の祈ります。「この知恵ある唯一の神に、イエス・キリストを通して栄光が世々限りなくありますように、アーメン。」(27)主なる神様は生きて働いておられます。だからこそ秘められていた救いのご計画が、パウロを通して明らかにされ、福音である聖書の御言葉を聴く者に対して、今、聖霊がお働き下さるからこそ、私たちはこれを神の言葉として、信じることが出来るのです。


                                              (2004.9.26)



戻る