【申命記続講解説教】  辻 幸宏牧師

「主の約束と不信仰」  申命記1章19~33節



申命記1章19~33節

  1:19 我々は神、主が命じられたとおり、ホレブをたち、あなたたちが見たあの広くて恐ろしい荒れ野を通り、アモリ人の山地に至る道を、カデシュ・バルネアまで来た。1:20 わたしが、「あなたたちは、我々の神、主が与えられたアモリ人の山地まで来た。1:21 見よ、あなたの神、主はこの土地をあなたに与えられた。あなたの先祖の神、主が仰せになったとおり、上って行って取りなさい。恐れてはならない。おののいてはならない」と言うと、1:22 あなたたちはそろってわたしのもとに来て、「まず人を派遣し、その土地を探らせ、我々がどの道を上り、どの町に行くべきか報告させましょう」と言った。1:23 それは名案だと思われたので、わたしは各部族から一人ずつ、合わせて十二人を選び出した。1:24 彼らは出発し、山地に上り、エシュコルの谷に着きそこを偵察し、1:25 その土地の果実を取って持ち帰り、「我々の神、主が与えてくださる土地は良い土地です」と報告した。1:26 しかし、あなたたちは上って行こうとはせず、あなたたちの神、主の命令に逆らって、1:27 天幕にとどまって不平を言い合った。「主は我々を憎んで、エジプトの国から導き出し、アモリ人の手に渡し、我々を滅ぼそうとしておられるのだ。1:28 どうして、そんな所に行かねばならないのだ。我々の仲間も、そこの住民は我々よりも強くて背が高く、町々は大きく、城壁は天に届くほどで、しかもアナク人の子孫さえも見たと言って、我々の心を挫いたではないか。」1:29 わたしはあなたたちに言った。「うろたえてはならない。彼らを恐れてはならない。1:30 あなたたちに先立って進まれる神、主御自身が、エジプトで、あなたたちの目の前でなさったと同じように、あなたたちのために戦われる。1:31 また荒れ野でも、あなたたちがこの所に来るまでたどった旅の間中も、あなたの神、主は父が子を背負うように、あなたを背負ってくださったのを見た。」1:32 こう言っても、あなたたちの神、主をあなたたちは信じなかったが、1:33 この方こそ、あなたたちの先頭に道を進み、あなたたちのために宿営の場所を探し、夜は火、昼は雲によって行く手を示された方である。




序.
 神さまを信じるとはどういうことか、主なる神さまの御業としての奇跡が行われ、神さまの現臨をより知っているはずの旧約の民イスラエルの信仰をとおして、私たち自身の姿を顧みることが求められるのです。

Ⅰ.大いなる御業を示される主なる神さま
 主なる神さまは、モーセを召し出された時、イスラエルの民をエジプトでの奴隷からの解放と共に、約束の地に導き上ることを約束されました(出エジプト3:7~10)。主がモーセを召し出した時、イスラエルの民がエジプトに下ってきてから400年もの年月が経っていました。約束の地カナンにおいて豊かな生活をしていたことを知らない世代です。ですからこの時点で、主がモーセをとおしてイスラエルを解放すると語られたとしても、イスラエルの民が主なる神さまに対して、モーセに対して、疑う思いを持つことは、よく理解することが出来ることです。
 しかし出エジプトを果たし、ホレブの山を後にして約束の地を前にしたイスラエルは、モーセが召しを受けた時とはまったく状況が異なっていました。主はモーセをとおして、エジプトに働きかけ、10つの奇跡を行われ主の御力を示された後です。エジプト軍が追ってきた時も、主は葦の海を分け、イスラエルをお守り下さったのです。主から離れ偶像崇拝を行った民に対して、主は裁かれたのです。旅の中にあるイスラエルに対して、主はマナと水を毎日、お与え下さっているのです。
 しかし、イスラエルの民は上っていこうとはせず、主の命令に逆らって、天幕にとどまり続け、不平を言い合うのです(26-28)。

Ⅱ.聖霊の御業
 なぜ、このようなことがおこるのでしょうか? 主の御業が行われても、主なる神さま御自身を知ることが出来ないのです。奇跡を見ても、信じることが出来ないのです。目の前にある事実を知るだけで、そこには主なる神さまの大いなる御業が介在していることを知ろうとしないのです。そして主なる神さまの救いの御業の全体、大いなる主なる神さまの御力を信じることは出来ないのです。これは彼らの信仰の目が曇っており、真の信仰が与えられていないからです。
 主の御力を知り、主の御力を信じることが出来るようになるためには、ここに聖霊なる神さまの御力が求められるのです。旧約の時代も、霊なる神である聖霊は働いておられるのです。そして聖霊がモーセに働いたからこそ、モーセは主を知り、主の救いの御業の全体を受け入れ、主の働き人として、召し出されていくのです。主の御業の全体を見る前に、主の御業の全体が成し遂げられることを信じて、主の御業を全面的に受け入れているのです。信仰とは、未だ成し遂げられていない主の御業を受け入れ、信じることです。

Ⅲ.約束を信じる信仰
 モーセは、主が成し遂げて下さった御業をとおして、これから成し遂げようとされている約束を疑うことなく、前進しようとしているのです(29-31)。
 これが、私たちに求められる信仰です。主はモーセに約束されたことを成し遂げて下さり、約束の地カナンに入らせて下さるのです。イスラエルは信じることが出来なかったために、40年後となるのですが、成し遂げられるのです。主に対する罪を犯したため、滅ぼされ、バビロン捕囚となったイスラエルに対しても、主はお守り下さり、70年後にエルサレムへの帰還を赦して下さったのです。主イエス・キリストは、十字架での死とともに、三日目の復活を、三度にわたり予告して下さいました。そして、主イエスは約束されたとおりに、十字架の死と死から三日目の朝に甦って下さったのです。
 私たちはこれらのことを、証言者の口を通して語られ、そして御言葉にとどめられてきたことを、今、聞いているのです。私たちは成就した御業を、自分の目で確認するとはできません。しかし復活の主イエスはトマスに語られました。「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである」。成し遂げられたことを事実として受け入れ、信じることから始まります。そして、いまだ成し遂げられていない約束をも、成し遂げられた事実と同様に、成し遂げられることを確信して信じることです。今、私たちに与えられた約束は、主イエスが再臨されること、最後の審判を経て、神の国が完成することです。主が約束を成し遂げて下さることを信じて、その時を希望をもって待ち続けるのが、私たちの信仰です。

                                     (2012.5.27)

COPYRIGHT(C) 2012 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る