トップ > 説教要約一覧 > 出エジプト記説教(3章)


【礼拝説教】  「主は御覧になる」  辻 幸宏牧師


出エジプト記3章1節〜12節

  1 モーセは、しゅうとでありミディアンの祭司であるエトロの羊の群れを飼っていたが、あるとき、その群れを荒れ野の奥へ追って行き、神の山ホレブに来た。2 そのとき、柴の間に燃え上がっている炎の中に主の御使いが現れた。彼が見ると、見よ、柴は火に燃えているのに、柴は燃え尽きない。3 モーセは言った。「道をそれて、この不思議な光景を見届けよう。どうしてあの柴は燃え尽きないのだろう。」
  4 主は、モーセが道をそれて見に来るのを御覧になった。神は柴の間から声をかけられ、「モーセよ、モーセよ」と言われた。彼が、「はい」と答えると、5 神が言われた。「ここに近づいてはならない。足から履物を脱ぎなさい。あなたの立っている場所は聖なる土地だから。」6 神は続けて言われた。「わたしはあなたの父の神である。アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である。」モーセは、神を見ることを恐れて顔を覆った。
  7 主は言われた。「わたしは、エジプトにいるわたしの民の苦しみをつぶさに見、追い使う者のゆえに叫ぶ彼らの叫び声を聞き、その痛みを知った。8 それゆえ、わたしは降って行き、エジプト人の手から彼らを救い出し、この国から、広々としたすばらしい土地、乳と蜜の流れる土地、カナン人、ヘト人、アモリ人、ペリジ人、ヒビ人、エブス人の住む所へ彼らを導き上る。9 見よ、イスラエルの人々の叫び声が、今、わたしのもとに届いた。また、エジプト人が彼らを圧迫する有様を見た。10 今、行きなさい。わたしはあなたをファラオのもとに遣わす。わが民イスラエルの人々をエジプトから連れ出すのだ。」
  11 モーセは神に言った。「わたしは何者でしょう。どうして、ファラオのもとに行き、しかもイスラエルの人々をエジプトから導き出さねばならないのですか。」12 神は言われた。「わたしは必ずあなたと共にいる。このことこそ、わたしがあなたを遣わすしるしである。あなたが民をエジプトから導き出したとき、あなたたちはこの山で神に仕える。」



 目で見ることが出来ず、何も奇跡が起こらない状態で、人が神さまを感じることはありません。私たちクリスチャンであっても、日々の生活に追われている時、神さまの存在を忘れてしまうことがあるのではないでしょうか。
 モーセも、エジプトから離れてミディアンにおいて家族を持ってからすでに40年の年月が経ていました(使徒7:30)。この間のモーセの信仰について聖書は記しません。しかし主なる神さまは、イスラエルを奴隷の状態から救われることも、またミディアンに逃れていたモーセのことも、一時も忘れられたことなく、ずっと見守っていて下さっていたのです。
 40年前、40歳のモーセは、主の約束に従い、正義を貫こうとして、イスラエルの民を救い出すために立ち上がったけれども、イスラエルの民から指示されることなく、かえって逃げることとなりました(2:11-25)。祈りと主の御霊の働きを求めることなく、自分の力でイスラエルをエジプトから解放しようとするモーセの野望は、実現しなかったのです。しかし40年が経ったこの時、モーセは、自分の力でイスラエルを解放することが出来るなどとは、夢にも思っていませんでした。この時、主はモーセに現れになられます。
 モーセは、羊の群れを養っていましたが、通常だと来ることのない奥に、主の御霊に引き込まれるかの如くに、荒れ野の奥にたどり着きます。主は、ここで燃える柴の炎としてモーセの前に現れになります。主の顕現は突然訪れます。私たちが計算に基づいて推測し、その結果として主が現れるのではありません。キリストの再臨も同様です。主は、地上の全てのものを支配しておられ、被造物の憶測や推論に基づいて働かれることはありません。
 主なる神さまは、モーセに対してここが聖なる土地だから、履き物を脱ぐようにと命令されます(5)。これには二つの理由があります。一つには、主がおられるこの場所が聖なる場所だからです。当時は、幕屋において主の御前に立つ時、聖なる場所として、履き物を脱ぐことが行われていたのです。第二に、主従関係をはっきりさせることからです。履き物を脱ぐことは、明らかに僕の身分であることを、相手に表す行為なのです。つまり、主なる神さまがモーセの前に現れになられた時、それは明らかに創造主であり、贖罪主である神さまと、被造物であり罪人である人間との違い、関係性をはっきりと示し、この主なる神さまに服従するものへと、主はその御力を示されるのです。
 昨今、学校の生徒と教師との関係や上下関係が乱れています。こうした人間関係は、根本的には、主なる神さまと私たちとの関係が理解されなければ理解することが出来ないことなのです。神さまと人間との関係がはっきり示されることから、十戒の第五戒「父母を敬え」が出てくるのであり、対人関係もしっかりとしてくるのです。現在の日本における問題は、キリスト教や儒教から人々が遠のいていることが一因であります。
 絶対的な力を示され、創造主と被造物の関係を示された神さまは、同時にイスラエルのことをいつも見守っていて下さっているお方でもあります(7-9)。人は、主なる神さまを語ろうとする時、得てして冷めた存在と見ます。それは、創造主であり、贖罪主である方が、絶対的な力を持っておられ、私たちはそれにひれ伏すことが求められていること。それに最後の審判において全てを裁かれる方であることが相まっていることでしょう。しかし私たちは、その主なる神さまが同時に、私たちのことを一時も忘れることなく見守っていて下さっていること、一度約束されたことは決して忘れられるお方ではないこと、そして苦しみ叫んでいる民に助けの手を伸ばし救い出して下さることを、忘れてはなりません。
 そして、力を有し、愛なる神さまが、モーセをお立て下さったのです。

 この神さまが、今も私たちと共にいて下さり、私たちの日々の歩みを見守り、祈りを聞き届けて下さいます。そして主なる神さまの愛により、私たちは、御子イエス・キリストの十字架の贖いにより、すでに罪が赦され、救いへと導かれているのです。しかし同時に、主は何もできない取るに足らない私たちを用いて、福音を宣べ伝える者へと、押し出して下さっています。いつも私たちと共にいて下さる主の存在、主の御力、主の愛に、感謝と喜びを持って、主の御声に聞き、主の召しに従った歩みを行っていきたいものです。
                                            (2006.9.17)
COPYRIGHT(C) 2006 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る