トップ > 説教要約一覧 > 出エジプト記説教(12章)


【礼拝説教】  「主の救いを覚える」  辻 幸宏牧師

出エジプト記12章43〜51節
  43 主はモーセとアロンに言われた。「過越祭の掟は次のとおりである。外国人はだれも過越の犠牲を食べることはできない。44 ただし、金で買った男奴隷の場合、割礼を施すならば、彼は食べることができる。45 滞在している者や雇い人は食べることができない。46 一匹の羊は一軒の家で食べ、肉の一部でも家から持ち出してはならない。また、その骨を折ってはならない。47 イスラエルの共同体全体がこれを祝わなければならない。48 もし、寄留者があなたのところに寄留し、主の過越祭を祝おうとするときは、男子は皆、割礼を受けた後にそれを祝うことが許される。彼はそうすれば、その土地に生まれた者と同様になる。しかし、無割礼の者は、だれもこれを食べることができない。49 この規定は、その土地に生まれた者にも、あなたたちの間に寄留している寄留者にも、同じように適用される。」50 イスラエルの人々はすべて、主がモーセとアロンに命じたとおりに行った。
  51 まさにこの日に、主はイスラエルの人々を部隊ごとにエジプトの国から導き出された。


 主はエジプトを脱出するイスラエルの民に対して、主による救いを忘れないために、過越の規定を定めて下さいました(参照:12:1-27)。私たちは、主がお教え下さった過越の規定から、新約の教会に与えられている主の晩餐の恵みを再確認することが出来るのです。
 今日のテキストには、まず誰が過越の食卓に与れるかが語られています(43-45)。聖餐式の場合、洗礼を受け信仰告白をした者に限られます。つまり洗礼を受けていない者、また幼児洗礼を受けていても信仰告白をしていない人たちは聖餐に与ることが出来ません。旧約の民にとって過越に与ることが出来るのは割礼を受けた者に限られるのです。通常、イスラエルのみが割礼を施されており、外国人、滞在している旅行者、雇い人も割礼を受けていなかったのです。従って割礼を施され主の民であることが、過越に与る条件でした。割礼こそが主の民としてのしるしであり、主による救いが与えられたことを覚えるために過越が行われるからです。しかし、割礼を受けることは、民族としてのイスラエルに与えられた特権ではありません。たとえ外国人の奴隷であったとしても、割礼を受けることが可能であり、同時に過越の交わりに加えられるのです。割礼を受け、神の民となることが大切なのです。私たちで言えば、信仰を告白してクリスチャンになるということです。そのことにより、主は、私たちの行動如何に関わらず、一方的な救いに導いて下さるのです。
 ここでもう一つ確認しなければなりません。過越においては、割礼を受けた全ての民が過越の交わりに加えられました。しかし新約の教会では幼児洗礼を授かっていても、自らの口で信仰告白をしない未陪餐会員は、陪餐を許されていません。他教派の教会では、幼児洗礼を授かっていれば聖餐に与れる教会もあることはあります。さら現在では、私たちからすればキリスト教会から排除しなければならないのですが、洗礼を授かっていない求道者をも含めて礼拝に集う全ての者が聖餐に与る教会すらあるのが事実です。こういう教会が改革派教会であれば、戒規の対象、あるいは除名の対象になるかと思います。
 ではなぜ改革派教会では未陪餐会員を聖餐から除外するのでしょうか。それは旧約と新約の違いにあるといわなければならないでしょう。出エジプトに立ち会った人たちが、エジプトには裁きがもたらされ、全ての初子が殺されていく中にあって、イスラエルの民たちが救われたことを直接体験したのです。神様からの特別な啓示が与えられていたのです。
 一方、新約の時代に属する現在、主は私たちに御言葉である聖書を通して啓示して下さいます。それが唯一の啓示です。ですから、主による救いに入れられている民であっても、この啓示された御言葉を正しく理解することによって、初めて救いに入れられていることを覚えることが出来るのであり、キリストの十字架を想起することが出来るのです。
 次に「あなたはその肉を家の外に持ち出してはならない」の言葉を考えましょう。これは出エジプトにおける主の過越と深い関係があります。つまり出エジプトの時、エジプト人たちは主の裁きに遭い初子が殺されます。その時、家の入口の二本の柱と鴨居に血を塗ったイスラエルの家のみが、主の裁きから逃れます。その時に、家の中にいた者たちが過越祭の晩餐に与るのです。だからこそ、主の過越の恵みが外に漏れてはならないのです。
 主の晩餐は通常教会でのみ行われます。これは46節の御言葉に由来しているからだとも言えます。私たちは未陪餐会員や求道者を排除したり、配餐を認めたりはしませんが、過越の食事の場合の外国人や奴隷と同様であると言えるでしょう。彼らがいずれは主の晩餐に集う者となることが出来るように祈りつつ、主の陪餐に臨むのです。
 過越の食事は、出エジプトを想起するのみでなく、約束された救い、キリストの十字架をも指し示しています。それが「骨を折ってはならない」(46)の御言葉によって暗示されます(参照:ヨハネ19:33-36)。通常の動物の生け贄では骨を折ります。骨を折らないのは過越の場合のみです。食する場合、非常に食べにくいです。しかしそのことにより、神との結合を覚え、足が折られることのないキリストの一つの体なる教会に属していることを覚えるのです。旧約の民たちは、既に与えられた出エジプトの恵みを覚えつつ、これから与えられる主による救いを思いつつ、過越の食事に集うことが求められたのです。それは、私たちが主の晩餐において、一方ではキリストによる救いを覚えつつ、今後与えられる神の国を願いつつ与ることと重ね合わせることが出来るかと思います。

                                     (2007.2.18)
COPYRIGHT(C) 2007 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る