トップ > 説教要約一覧 > 出エジプト記説教(13章)


【礼拝説教】  「主の導き」  辻 幸宏牧師

出エジプト記13章17〜22節

  17 さて、ファラオが民を去らせたとき、神は彼らをペリシテ街道には導かれなかった。それは近道であったが、民が戦わねばならぬことを知って後悔し、エジプトに帰ろうとするかもしれない、と思われたからである。18 神は民を、葦の海に通じる荒れ野の道に迂回させられた。イスラエルの人々は、隊伍を整えてエジプトの国から上った。19 モーセはヨセフの骨を携えていた。ヨセフが、「神は必ずあなたたちを顧みられる。そのとき、わたしの骨をここから一緒に携えて上るように」と言って、イスラエルの子らに固く誓わせたからである。20 一行はスコトから旅立って、荒れ野の端のエタムに宿営した。21 主は彼らに先立って進み、昼は雲の柱をもって導き、夜は火の柱をもって彼らを照らされたので、彼らは昼も夜も行進することができた。22 昼は雲の柱が、夜は火の柱が、民の先頭を離れることはなかった。


 皆さんは日々の生活の中で、神様の存在を感じているでしょうか? もしかすれば、日曜日に教会に来る時には神様のことを考えますが、それ以外は、神様の存在をまったく感じることなく生活しておられる方もおられるかも知れません。イスラエルの人々は、ヨセフの時代にエジプトに下って以降、まったく神様のことを忘れ、さらに奴隷としての苦しみを負っていたと言ってよいでしょう。しかし主なる神さまは、モーセを立て、10に及ぶ奇跡を繰り返し、エジプトを裁きを、イスラエルを救い出して下さいました。それがどれだけの期間に行われたか分かりませんが、この間イスラエルの人々は、主なる神さまの存在と神様の救いを意識せずにはおれない状態に置かれたのです。イスラエルの人々は、主が命じられた通り過越の準備を行い、そしてエジプトに対する主の裁きと共に、イスラエルは解放されます。そしてイスラエルは、約束の地カナンに向かって歩み始めます。
 ところで奴隷から解放されたイスラエルは、自由が与えられ、銘々が勝手にカナンに向けての歩みを始めたでしょうか? 私たちが考えるような好き勝手な行動は取りません。主による救いに与ることは、一つのゴールに向かっての歩みを始めることです。エジプトから解放されたイスラエルは、約束の地カナンに向けての歩みを始めます。そしてイスラエルを救って下さった神様が、イスラエルの行くべき道を指し示して下さいます(17,21-22)。奴隷から解放され救われることは、神の国に向かって歩むことです。そして、主はそのゴールである神の国に向かって歩む私たちを、力強く導いて下さいます。この主なる神様の導きに従いなさいと、主は語られます。
 この時イスラエルは、奴隷から解放された喜びと約束の地カナンに行ける希望によって、主に聞き従います。しかし人間は弱い者です。喜んでいる時、希望が見えている時には、主の御声に聞き従います。しかしそれが見えなくなると主なる神様に対して不平を語り、主に逆らうようになります。あれだけ主によって数々の奇跡を見せられ、救われてきたイスラエルですらです。エジプト軍に追いつかれた時(14:10-14)、食事に対する不平(15章後半〜16章)、モーセがシナイ山に登って帰ってこなかった時、モーセに代わる指導者を求め、金の子牛で偶像を作ります(32章)。 こうしたことがなぜ起こるのか? イスラエルを守り、救い、導いて下さる主なる神さまを忘れるからであり、それは同時に主なる神さまこそが、ゴールである約束の地カナンに導いて下さる方であることを忘れるからです。
 ましてや、現在に生きる私たちはどうでしょう。イスラエルと常に共にいて下さった主なる神さまは、霊の導きにより私たちと共にいて下さいます。しかし目で見ることが出来ません。耳で直接声を聞くことができません。奇跡を直接見たり、顕現もありません。自然科学は進歩し、情報がすぐに手に取ることが出来る現在、人々は目で見ることが出来ないもの、耳で聞くことができないものを求めようとはしません。物事を非常に矮小化します。自分が納得することが出来ることが全てです。それ以外のことを全て排除します。こうした状況が、言葉の権威をおとしめ、語られる言葉一言一言に重みがありません。言いっぱなしで責任を持ちません。そして、その自ら責任を持たない言葉が、今、インターネット上に氾濫しています。そういう状態の中、人々はさまよっています。最終的なゴールが見えないために、自分が納得する道、我が道を歩むのです。まさしく、今、この世にあって生きている私たちは、最終的なゴールを見失っている羊と同じなのです(ヨハネ10章)。
 羊は、羊飼いがいなければさまよいます。そして、獣に襲われるか、飢え死にしてしまいます。羊が安全に暮らしていくためには、安全な所、つまり囲いに導いてくれる羊飼いの声に聞き従うことが必要です。現在のこれだけ情報が氾濫し、言葉の権威が失われている中、私たちをゴールに導く羊飼いは誰でしょうか? ゴールは、神の国(天国)です。そしてゴールである神の国に向かおうとすれば、私たちを神の国に導いて下さる神の言葉、つまり聖書に耳を傾けることが、私たちに求められているのです。私たちの羊飼いこそイエス・キリストです。主イエスは、私たち羊のことを全てご存じです。そして受け入れて下さいます。助けて下さいます。私たち羊がさまよい、滅びていくことを防ぐために、御自身がその砦となり、十字架に架かられたのです。私たちは、主イエスが十字架に架かり、踏み石になって下さったからこそ、羊の囲いに入り、獣から守られるものとなったのです。

                                     (2007.3.4)
COPYRIGHT(C) 2007 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る