トップ > 説教要約一覧 > 出エジプト記説教(15章)


【礼拝説教】  「不平、それとも祈願」  辻 幸宏牧師

出エジプト記15章22〜27節

  22 モーセはイスラエルを、葦の海から旅立たせた。彼らはシュルの荒れ野に向かって、荒れ野を三日の間進んだが、水を得なかった。23 マラに着いたが、そこの水は苦くて飲むことができなかった。こういうわけで、そこの名はマラ(苦い)と呼ばれた。24 民はモーセに向かって、「何を飲んだらよいのか」と不平を言った。25 モーセが主に向かって叫ぶと、主は彼に一本の木を示された。その木を水に投げ込むと、水は甘くなった。その所で主は彼に掟と法とを与えられ、またその所で彼を試みて、26 言われた。「もしあなたが、あなたの神、主の声に必ず聞き従い、彼の目にかなう正しいことを行い、彼の命令に耳を傾け、すべての掟を守るならば、わたしがエジプト人に下した病をあなたには下さない。わたしはあなたをいやす主である。」27 彼らがエリムに着くと、そこには十二の泉があり、七十本のなつめやしが茂っていた。その泉のほとりに彼らは宿営した。


 主の奇跡の御業によりエジプト軍から解放されたイスラエルは、主を讃美し、改めて約束の地カナンに向けての旅を始めます。旅において最初に問題となるのが水と食べ物です。主は、彼らの信仰を確認されようとされているのです。
 葦の海を経ったイスラエルの民は、主の助けを信じて旅を始めます。そして水の得られない荒れ野にあってイスラエルは三日間耐えます。しかしようやく得ることが出来た水は、苦く、飲むことが出来なかったため、主に対する不平を語り始めます。
 ここから、神さまを信じる、信仰を告白するとは、どういうことなのかを考えてみたいと思います。信仰とは、私たちの頭の中における単なる精神的なものではありません。主なる神さまが生きて働いておられるのです。そして主は民に示された約束を果たされるお方です。信仰とは主の御計画の成就を信じるかどうかと言うことになります。頭で考え、頭で覚えるキリスト教であれば、信仰に現実味がなくなります。また、主の存在を信じていても、主の約束の成就を信じていなければ、主に対する疑い、不満が出てきます。
 主の啓示を御言葉においてしか示されていない私たちは、信仰が精神化しやすいのです。信じていたとしても、疑いが生じます。しかしその疑いが、主の奇跡が示されてきたイスラエルの民にも起こったのです。イスラエルは、主は生きて働き・救って下さる方であることを信じていれば、苦い水しか得られなかった時点で、不平を語る前に、救い主である主に祈り求めたことでしょう。しかし彼らはそれが出来なかったのです。そこに彼らが主の約束を信じ切っていない信仰の弱さがあるのです。
 イスラエルを救いに導いて下さった主なる神さまは、モーセを立て、モーセを通して10の奇跡を行い、イスラエルを救い、葦の海においてもエジプト軍を滅ぼすことによりイスラエルを救って下さっただけではないのです。主は、天地万物を創造し、そして人間を創造して下さったお方です。そして全てを治め、生きて働かれるお方です。そのお方がイスラエルを救いに導き、イスラエルを滅びる者としてではなく、永遠に生きる者として下さったのです。そして約束の地カナンに導き入れて下さるのです。つまりイスラエルが生きるのも死ぬのも、主なる神さまによって与えられる恵みであることを信じているならば、今、苦い水しかない時、不平を語る前に、主なる神さまに祈り者とされるのです。そして、信仰を持つことにより、どの様な苦難が訪れたとしても、主によって与えられる希望が示されているため、乗り越えることが出来るのです(参照:ローマ5:1〜5)。
 水がないために不平を語るイスラエル人を前に、主なる神さまは、モーセに一本の木を示されます。モーセは主の御言葉を信じて、与えられた木を水に投げ込むことにより、イスラエルの民に甘い水を与えられます。この主なる神さまは、イスラエルを約束の地カナンに導いて下さることを約束して下さっています。そうであるならば、荒れ野にあって困難に当たった時、主は助けて下さるのです。
 そして、主はモーセに掟と法を与えくださいます(25〜26)。主は、イスラエルを奴隷から解放し、エジプトから救い出し、そして甘い水をお与えくださる方です。そのお方が、約束の地カナンに導いて下さることを約束されているのです。その主なる神さまは、イスラエルに対して、どの様な時にも、主を信じ、すべてを主に委ねて祈りなさいと語られると同時に、掟と法に従いなさいと語られます。
 人は、掟と法、つまり律法と語れば、守らなければならないものと考えてしまいます。これが律法主義に繋がるのです。しかし、主なる神さまが「イスラエルに掟と法を与える」と語る時、これはイスラエルを苦しめるものではありません。主がお与えくださる掟と法により、イスラエルは罪から離れることが出来るのです。そして、主なる神さまから離れることを防止するためです。ですから、イスラエルの民にとって、主がお与えくださった掟と法に従った歩みを行うことにより、主なる神さまから離れることなく、神の国に向かって着実に歩むことが出来るのです。
 主は信仰を失いかけたイスラエルに対して、主が必要を満たして下さるお方であることを示しつつ、イスラエルが信仰から離れることがないように掟と法をお与えくださったのです。主の愛と恵みに心から感謝しよう。

                                     (2007.3.18)
COPYRIGHT(C) 2007 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る