トップ > 説教要約一覧 > 出エジプト記説教(17章)


【礼拝説教】  「十戒の目的」  辻 幸宏牧師

出エジプト記20章1〜17節

  1 神はこれらすべての言葉を告げられた。
  2 「わたしは主、あなたの神、あなたをエジプトの国、奴隷の家から導き出した神である。
  3 あなたには、わたしをおいてほかに神があってはならない。
  4 あなたはいかなる像も造ってはならない。上は天にあり、下は地にあり、また地の下の水の中にある、いかなるものの形も造ってはならない。5 あなたはそれらに向かってひれ伏したり、それらに仕えたりしてはならない。わたしは主、あなたの神。わたしは熱情の神である。わたしを否む者には、父祖の罪を子孫に三代、四代までも問うが、6 わたしを愛し、わたしの戒めを守る者には、幾千代にも及ぶ慈しみを与える。
  7 あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない。みだりにその名を唱える者を主は罰せずにはおかれない。
  8 安息日を心に留め、これを聖別せよ。9 六日の間働いて、何であれあなたの仕事をし、10 七日目は、あなたの神、主の安息日であるから、いかなる仕事もしてはならない。あなたも、息子も、娘も、男女の奴隷も、家畜も、あなたの町の門の中に寄留する人々も同様である。11 六日の間に主は天と地と海とそこにあるすべてのものを造り、七日目に休まれたから、主は安息日を祝福して聖別されたのである。
  12 あなたの父母を敬え。そうすればあなたは、あなたの神、主が与えられる土地に長く生きることができる。
  13 殺してはならない。
  14 姦淫してはならない。
  15 盗んではならない。
  16 隣人に関して偽証してはならない。
  17 隣人の家を欲してはならない。隣人の妻、男女の奴隷、牛、ろばなど隣人のものを一切欲してはならない。」


 私たちは、毎週十戒を朗読します。「十戒」は、10の戒めと書きます(英語でも同様)が、原典のヘブライ語は「十のことば」と語ります(34:28)。「戒め」だと、守らなければならないものという束縛的・律法的な言葉となり、本来、主がお語り下さった愛のこもった言葉ではなくなるのではないかと思います。このことは序文からも確認できます。「わたしは主、あなたの神、あなたをエジプトの国、奴隷の家から導き出した神である。」19章では、イスラエルが主による救いとエジプトの裁きを見たことを確認させ、その主が、あなたたちはわたしの宝となる、祭司の王国、聖なる国民とすると約束して下さっていたのです(19:3-4)。十戒を読む時、私たちはこの序文があることを、忘れてはならないのです。
 そしてこの序文は、私たちにも語りかけているのです。イスラエルは、肉的にエジプトの奴隷であったものが、主によって解放されました。同様に、私たちは霊的に罪の奴隷の状態に置かれ、罪の刑罰としての死に捕らわれていたのです。主は私たちを、この罪の奴隷の状態、死から解放して下さったのです。それが主イエス・キリストの十字架です。そしてキリストの御業の故に、私たちを罪の赦しと永遠の生命をお与え下さっているのです。
 イスラエルと私たちを罪の奴隷の状態から救い出して下さった主が、十のことばを語ろうとされているのです。その時に、人を縛る言葉を語られるでしょうか? そうではないのです。つまり主は十戒を守ったら救われますとは、お語りになっていません。既に救われているあなたたちが十戒を守るように語られるのです。つまり主によって救われているイスラエルの民が、真理の道から離れないようにするために与えられている言葉なのです。
 主イエスは十戒の要約として次のようにお語りになっています。「『心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』これが最も重要な第一の掟である。第二も、これと同じように重要である。『隣人を自分のように愛しなさい。』律法全体と預言者は、この二つの掟に基づいている。」(マタイ22:37-40)ここに主の愛があります。主によって愛された者が、主を愛し、さらには周囲の全ての人々を愛するために行うべきことを、お語り下さっているのです。
 ちょうど親が子どもに対して躾(しつけ)を身につけさせていくことと同じです。躾は、子どもを愛するが故に、誤った道を歩まないために、また独立して生きていくためにも必要です。「子どもが可哀想だから」怒らないというのは、本来あるべき姿ではありません。十戒で語られていることばは、まさしくこうした子どもを愛する親の心で、神の民とされた私たちに対して、父なる神さまがお語り下さっているのです。そうなれば、「私たちは十戒をただ守ればよい」と語られているのではないことも、ご理解していただけるでしょう(参照:「金持ちの青年」マタイ19:16〜21)。
 つまり、主は私たちが十戒を守ることが出来るから守りなさいと語っておられるのではありません。私たちは罪人であり、主がお語り下さる教えから外れていくのです。知らなければ、行わないのです。だからこそ正しい道を歩み、そこから外れないようにするために、十戒・律法が与えられているのです。自分は十戒を守り得ない存在であることに気がつかなければなりません。主の聖・義・真実に照らした時、私たちは誰一人、行い・言葉・心において主の律法を完全に全うすることが出来る者はいないのです。だからこそ、この青年のように形だけ取り繕っていても、主によってその嘘が暴かれます。心の奥底は、他人は見ることの出来ないためだますことは出来たとしても、主なる神さまは私たちの全てをご存じであり、誤魔化すことなど出来ないのです。
 主は、主の義・真理を全うすることが出来ない罪人である私たちを、奴隷の状態から救い出し、永遠の生命に定めて下さっているのです。その上で、さらに奴隷の状態に戻らないように、救いの道として、十戒という愛のことばをお与え下さっているのです。
 私たちは、信仰を告白し、神の民とされています。神の民は、与えられる神の国では完全に聖・義・真実であり、罪は除去されています。こうした聖・義・真実となる神の民にふさわしい歩みを、私たちはこの世でも行うよう主によって求められているのです。

                                     (2007.5.13)
COPYRIGHT(C) 2007 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る