トップ > 説教要約一覧 > 出エジプト記説教(20章)


【礼拝説教】  「私たちの義務」  辻 幸宏牧師

出エジプト記20章1〜17節

  1 神はこれらすべての言葉を告げられた。
  2 「わたしは主、あなたの神、あなたをエジプトの国、奴隷の家から導き出した神である。
  3 あなたには、わたしをおいてほかに神があってはならない。
  4 あなたはいかなる像も造ってはならない。上は天にあり、下は地にあり、また地の下の水の中にある、いかなるものの形も造ってはならない。5 あなたはそれらに向かってひれ伏したり、それらに仕えたりしてはならない。わたしは主、あなたの神。わたしは熱情の神である。わたしを否む者には、父祖の罪を子孫に三代、四代までも問うが、6 わたしを愛し、わたしの戒めを守る者には、幾千代にも及ぶ慈しみを与える。
  7 あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない。みだりにその名を唱える者を主は罰せずにはおかれない。
  8 安息日を心に留め、これを聖別せよ。9 六日の間働いて、何であれあなたの仕事をし、10 七日目は、あなたの神、主の安息日であるから、いかなる仕事もしてはならない。あなたも、息子も、娘も、男女の奴隷も、家畜も、あなたの町の門の中に寄留する人々も同様である。11 六日の間に主は天と地と海とそこにあるすべてのものを造り、七日目に休まれたから、主は安息日を祝福して聖別されたのである。
  12 あなたの父母を敬え。そうすればあなたは、あなたの神、主が与えられる土地に長く生きることができる。
  13 殺してはならない。
  14 姦淫してはならない。
  15 盗んではならない。
  16 隣人に関して偽証してはならない。
  17 隣人の家を欲してはならない。隣人の妻、男女の奴隷、牛、ろばなど隣人のものを一切欲してはならない。」



 先週に引き続き十戒について取り上げます。前回は、十戒は主の愛のこもった言葉であり、救われた者が主の道を歩むために与えられたものであることを語りました。

T.律法主義者ではあらず、律法廃棄論者でもあらず
 それでも私たちが十戒を読む時、これは戒めとして聞き従うことが求められてます。つまり私たちは律法主義者ではないのですが、かつ律法廃棄論者でもないということです。律法廃棄論とは、律法を一切廃棄されたものと考え、良く言えば自由気まま、言い換えれば人に迷惑さえかけなければ何を行っても良いと言った考え方です。もう救われたのだから、何を行っても救いからもれることがないという傲慢さです。主イエス・キリストの十字架によって、救いが成就し、旧約聖書の律法がすべて廃棄されたと主張する立場です。
 律法主義ではなく律法廃棄論でもないことは、改革派教会の創立宣言でも語っていることです。創立宣言では私たちが地上に見える教会を建て上げるために三つの必要を語ります。一つ信仰告白(ウェストミンスター信仰告白、大・小教理問答)、一つ教会政治(長老主義の教会規程)、一つ善き生活です。この善き生活において、「我らは律法主義者にあらず、また律法廃棄論者にあらず」と語るのです。

U.律法の三用法 (参照:ウェストミンスター信仰告白19:6)
 では、私たちキリスト者は、道徳律法である十戒をどのように用いていけば良いのでしょうか。通常、律法には三つの用い方(用法)があると語られています。
 第一の市民的用法とは、一般に私たちが日本に住み、法律が定められ従うことが求められていますが、こうした法律である社会秩序は、この律法を適用しているのです。これは創造の秩序に遡るもので、主は全世界を統治されています。そして主の恵みが、神さまを知らない人たちにももたらされるのです。ですから、神の御言葉が世に示されていかなければ、社会は歪んで来ることも言えるかと思います。通常、倫理の授業などで学ぶ時には、十戒で言えば第五戒以後の第二の石の部分のみを採用します。つまり律法(十戒)は、刑罰が与えられるという警告によって不信心な者の心を抑制し、社会悪を阻止し、また正義と安全とを保証し、善を推進するのです(Tテモテ1:9-10)。
 第二は教育的用法です。これはキリスト者、あるいはキリスト者になろうとする者に対して、罪の規準を示し、自分が神の御前に罪人であることを悟らしめ(ローマ5:13,20、ガラテヤ3:10)、罪に対する神の怒りを宣言し(ローマ4:15、7:11)、キリストによる救いを求めさせる働きを行うのです(ガラテヤ3:14-15)。
 第三が倫理的用法です。改革派教会では善き業を語り、この第三用法を重視いたします。私たちキリスト者は、キリストの十字架の御業の故に、贖われ、滅びから救い出されたのです。しかし、私たちはなおも罪人であることを忘れてはなりません。第二用法で自らの罪を知るだけではなく、さらにキリストの模範に倣って生きることが求められています(ガラテヤ6:2)。つまり、律法はキリスト者と無縁なものになったのではなく、逆に信仰者の生活の規範として機能を持ち続けるのです(マタイ5:16、エフェソ6:2-4、ヤコブ2:8-13)。これが善き業となるのであり、聖化の歩みとなるのです。

V.神の国を目指した歩み
 ですから、私たちは、「律法を守らなければ救われません」とは語りません。しかし、律法を無視して良いとも語られていないのです。神さまの愛の故に救われた者として、感謝と喜びをもって主に仕える者として、律法に従う者とされているのです。私たちの目指しているのは神の国です。そこには罪はなく、主による聖・義・真実のみです。私たちはそれに相応しい者とされているのです。そうであれば、地上の生涯においても、神の民に相応しい歩みが求められるのです。私たちはキリストの十字架によりすでに罪赦されましたが、なおも罪人なのです。だからこそ、主は主の律法により、またキリストの生涯に倣うことにより、神の民に相応しい歩みが出来るようにして下さっているのです。
 さらに私たちが主の御言葉に聞き従い善き業を行うことにより、主を信じていない社会に対しても、真理を示し、社会秩序の安定へと促す力が与えられているのです。これは主が創造時に、全被造物を治める者として人を作られたことに合致した歩みとなるのです。
主の御言葉に聞き、律法に従う歩みを行い続けましょう。

                                     (2007.5.20)
COPYRIGHT(C) 2007 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る