【礼拝説教】  「創造の秩序」  辻 幸宏牧師



  創世記1章1〜31節(新共同訳聖書)

1:1 初めに、神は天地を創造された。
1:2 地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。
1:3 神は言われた。「光あれ。」こうして、光があった。
1:4 神は光を見て、良しとされた。神は光と闇を分け、
1:5 光を昼と呼び、闇を夜と呼ばれた。夕べがあり、朝があった。第一の日である。
1:6 神は言われた。「水の中に大空あれ。水と水を分けよ。」
1:7 神は大空を造り、大空の下と大空の上に水を分けさせられた。そのようになった。
1:8 神は大空を天と呼ばれた。夕べがあり、朝があった。第二の日である。
1:9 神は言われた。「天の下の水は一つ所に集まれ。乾いた所が現れよ。」そのようになった。
1:10 神は乾いた所を地と呼び、水の集まった所を海と呼ばれた。神はこれを見て、良しとされた。
1:11 神は言われた。「地は草を芽生えさせよ。種を持つ草と、それぞれの種を持つ実をつける果
    樹を、地に芽生えさせよ。」そのようになった。
1:12 地は草を芽生えさせ、それぞれの種を持つ草と、それぞれの種を持つ実をつける木を芽生え
    させた。神はこれを見て、良しとされた。
1:13 夕べがあり、朝があった。第三の日である。
1:14 神は言われた。「天の大空に光る物があって、昼と夜を分け、季節のしるし、日や年のしるしと
    なれ。
1:15 天の大空に光る物があって、地を照らせ。」そのようになった。
1:16 神は二つの大きな光る物と星を造り、大きな方に昼を治めさせ、小さな方に夜を治めさせられた。
1:17 神はそれらを天の大空に置いて、地を照らさせ、
1:18 昼と夜を治めさせ、光と闇を分けさせられた。神はこれを見て、良しとされた。
1:19 夕べがあり、朝があった。第四の日である。
1:20 神は言われた。「生き物が水の中に群がれ。鳥は地の上、天の大空の面を飛べ。」
1:21 神は水に群がるもの、すなわち大きな怪物、うごめく生き物をそれぞれに、また、翼ある鳥をそれ
    ぞれに創造された。神はこれを見て、良しとされた。
1:22 神はそれらのものを祝福して言われた。「産めよ、増えよ、海の水に満ちよ。鳥は地の上に増えよ。」
1:23 夕べがあり、朝があった。第五の日である。
1:24 神は言われた。「地は、それぞれの生き物を産み出せ。家畜、這うもの、地の獣をそれぞれに産み
    出せ。」そのようになった。
1:25 神はそれぞれの地の獣、それぞれの家畜、それぞれの土を這うものを造られた。神はこれを見て、
    良しとされた。
1:26 神は言われた。「我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。そして海の魚、空の鳥、家畜、地の獣、
    地を這うものすべてを支配させよう。」
1:27 神は御自分にかたどって人を創造された。神にかたどって創造された。男と女に創造された。
1:28 神は彼らを祝福して言われた。「産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ。海の魚、空の鳥、
    地の上を這う生き物をすべて支配せよ。」
1:29 神は言われた。「見よ、全地に生える、種を持つ草と種を持つ実をつける木を、すべてあなたた
    ちに与えよう。それがあなたたちの食べ物となる。
1:30 地の獣、空の鳥、地を這うものなど、すべて命あるものにはあらゆる青草を食べさせよう。」その
    ようになった。
1:31 神はお造りになったすべてのものを御覧になった。見よ、それは極めて良かった。夕べがあり、
    朝があった。第六の日である。



 「神は言われた」(3,6,9,11,14,20,22,24,26,29)と聖書が繰り返して語る通り、主が御言葉を発せられることにより、天地万物を創造されていきます。そして天地万物は、主が語られた通りに創造され、「そのようになった」のです。ところが、現実の問題として、日本ではほぼ間違いなく、宇宙の起源や進化論が信じられ、そのことを受け入れなければなりません。神様を信じている私たちにとりまして、様々な格闘が生じる事柄です。しかしながら私たちは、この聖書の御言葉を受け入れように求められています。ヘブライ書にもありますが、キリスト教は言葉の宗教なのです。主なる神様が御言葉にこそ、私たちの救い、キリストによる救いの真理が示されているのです。
 神様の御意志が御言葉として発せられると、かならず全てのことが実現するのです。そこに主の神様としての力が示されているのです。言い換えれば、主の言葉が伴わなければ、何も動かないのです。つまり、天地万物の創造に限ることなく、その後の歴史において行われる全ての事柄において、主なる神様のご命令がなければ何一つ実現することはありません。つまり今も、主なる神様が御言葉により私たちに働きかけて下さっているのです。
 そして、主の御業は常に「そのようになった」(9,11,15,24,30)のであり、「神はこれを見て、良しとされた」(10,12,18,25,31)のです。つまり主が完全なお方であられ、主が計画され設計された事柄が、主の言葉によって発せられることにより、例外なく完全に成し遂げられるのです。主が完全なお方であられ、私たちの日々の生活も、全て主のご計画が、主の御声によって発せられ、実現されていくのです。つまり主なる神様は、何も考えることなく、創造を始められ、歴史を続けられているのではないのです。天地万物の創造の目的は、神様にかたどり、神様に似せて創られた人間を、神の御国へと導くことで、このゴールを見据えて、全てを創られたのです。ですから言い換えますと、天地万物を創造される時、非常に考えに考えられた上で、秩序正しく、6日間の創造がなされているのです。
 創造の6日間は、秩序正しいのですが、これを前半の3日と後半の日とを比較することにより、より鮮明になります()。1日目、主は光と闇に分けられた。そして4日目には、それを昼と夜に分けられます。さらに季節・日、年のしるしを創られます。つまり公転や自転といった現代に引き継がれている天体の秩序が完成します。
 主が天地万物を創造された時の一日の単位は、夕べがあり、朝があります。つまり現在、私たちが夜中の12時になると日付が変わり新しい日が始まるという概念は、聖書の時代にはないのです。この一日の概念は、新約聖書にまで引き継がれます。従って主イエスが十字架に架けられ死を遂げられ、墓に葬られた時、「その日は準備の日であり、安息日が始まろうとしていた(ルカ23:54)」。これは、日が暮れることにより安息日がはじまることを意味しています。安息日が始まると仕事が出来ませんから、夕暮れまでに急いで遺体を墓に葬ったのです。そして安息日をまる一日経て、3日目の朝になり、婦人たちは墓に行って、改めて主イエスを丁重に葬ろうとしたのです。
 天地創造の2日目は、天と呼ばれる大空と地に分けられます。そして5日目に、大空の命として鳥を、水に群がる生き物を創られます。3日目には乾いた地を創られます。6日目にはそこに生きる家畜・這うもの・地の獣を創られます。また続けて3日目の後半には、主は草と果樹を創られます。6日目に、それらを用いて生活する人間を創造されたのです。
 つまり、前半の3日で基礎が創られ、後半の3日で現在に至る自然と秩序が保たれる世界が創造されたのです。つまり私たちが「常識」「自然」と語る事柄は、主の創造によって形成されたのであります。それは言い換えれば、超自然と呼ばれる奇跡や、異常気象と呼ばれることも主の御力が示されているからこそ成されるのです。
 つまり創造創造を神様の御業として信じることは、自然をも支配して下さる神様が、それを超えて働かれることも受け入れることです。そして、私たちの常識、自然の範疇を超えて働かれる主なる神様だからこそ、私たちを死から救い出して下さる力があるのです。
                                              (2004.10.10)



戻る