【礼拝説教】  「人間の創造」  辻 幸宏牧師



  創世記1章24〜31節(新共同訳聖書)

1:24 神は言われた。「地は、それぞれの生き物を産み出せ。家畜、這うもの、地の獣をそれぞれに産み
    出せ。」そのようになった。
1:25 神はそれぞれの地の獣、それぞれの家畜、それぞれの土を這うものを造られた。神はこれを見て、
    良しとされた。
1:26 神は言われた。「我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。そして海の魚、空の鳥、家畜、地の獣、
    地を這うものすべてを支配させよう。」
1:27 神は御自分にかたどって人を創造された。神にかたどって創造された。男と女に創造された。
1:28 神は彼らを祝福して言われた。「産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ。海の魚、空の鳥、
    地の上を這う生き物をすべて支配せよ。」
1:29 神は言われた。「見よ、全地に生える、種を持つ草と種を持つ実をつける木を、すべてあなたた
    ちに与えよう。それがあなたたちの食べ物となる。
1:30 地の獣、空の鳥、地を這うものなど、すべて命あるものにはあらゆる青草を食べさせよう。」その
    ようになった。
1:31 神はお造りになったすべてのものを御覧になった。見よ、それは極めて良かった。夕べがあり、
    朝があった。第六の日である。


  エフェソの信徒への手紙4章17〜24節



 最初に主は天地創造の6日間で、人間を創造するのに必要が環境を整えて下さいました。そして最後に、主は人間を創造します。主の創造を語るには、進化論、つまり猿から人間へと進化したという、現代の科学的な推論を、否定しなければなりません。
 「我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう」(26)。「あれっ」と思いませんか? 唯一の神が、「我々」と語っておられます。ところが、ヘブル語聖書で「神」のことを「エロヒーム」と言います。単数形「エル」の複数形です。つまりヘブル語聖書を読んでいる人たちは、最初から「神」が複数形であることに気がつきます。しかし「神が言われた」と聖書が語る時、一人の神様の御業です。つまり複数形で語られている「神」は、なおも一人なのです。こうしたことにいくつかの説があります。しかし私としては、父なる神・子なるキリスト・聖霊なる神の三つの位格を持っておられる神様が、複数形で語られているのです。三位一体なる神様が創造時から私たちに働きかけて下さっているのです。
 そして「神にかたどり、神に似せて」人が造られたことは、人が他の動物とは、まったく異なる存在であることを語っています。このことの適切な答えが、ウェストミンスター小教理10で語られています。問10「神は、人間をどのように創造されましたか。」答「神は、知識と義と聖において御自身のかたちにしたがい、被造物に対する支配権を持つ者として、人間を、男性と女性に創造されました。」神様の完全な知識と義と聖が、人に与えられたのです。だからこそ最初の人は、律法を完全に守ることは出来たのです。
 ここで神様から賜った霊的なことは聖であるが、肉は汚れているとする解釈をしてはなりません。これは二元論です。人が神のかたちに造られたのは、肉と霊を備えた人のことです。決して人の体を作られてから、神に似せて霊を賜ったのではありません。そして霊と肉を持つ人を、主は祝福して下さり(28)、それはきわめて良かったのです(31)。つまり、人は創造主である神様の栄光を称え、礼拝しつつ歩むことが出来、神様の創造時の命令である「海の魚、空の鳥、家畜、地の獣、地を這うすべてを支配」することが出来たのです。
 ところが、人は神様の御前で罪を犯しました(3章)。そのため罪が人間にもたらされたのです。そして神様との交わりがなくなり、人間は創造主を忘れ、栄光を称えることも礼拝することもなくなりました。そして神のかたちとして与えられた知識も、義も、聖も、不完全になったのです。そのため人間は、神を求めても主なる神様を崇めることが出来ず、手探りで偶像を造り上げていくのです。自分中心の知識・義・聖を築くために、歪んだ世界となるのです。ですから人は、神の律法を自分勝手に解釈し、歪めて解釈して、そこから罪を犯す者となったのです。そしてその罪の刑罰が死です。
 最初にエフェソ書4章をお読みしましたが、ここで語られている「異邦人」とは、罪の中にいる罪人としての人間の姿です(17)。「愚かな考え」は、主なる神様を信じない空虚な生活です(17)。神の知恵も義も聖も、罪という闇に覆われ、無知と頑なさが表れ、神の命ではなく、死に向かって歩む者となったのです(18)。そして神の律法から離れ、自分に都合の良いように律法を解釈し、放縦な、ふしだらな行いにふけっているのです(19)。
 しかしエフェソ書は続けて4:20〜24を語ります。私たちはキリストと出会い、キリストの十字架の御業による救いを信じることにより、罪によって失われた本来人間にあるべき神のかたちを取り戻すことが出来るのです。あのキリストの十字架により、最初の人が行った罪の刑罰、私たちが日々主の御前に犯し続けている罪の刑罰を、身代わりに背負って下さったのです。だからこそ、キリストを信じることにより、私たちは負の遺産を取り除かれ、最初に神様が人間を創造して下さった状態を取り戻すことが出来るのです。
 もちろんまだ神の国が完成していないため、完全に罪が取り除けられ、完全なる神のかたちとしての神の知識・義・聖を取り戻すことはできませんが、すでにキリストの十字架による贖いは成し遂げられたのです。誤りを誤り、罪を罪として認識し、主の求めておられる救いの道を歩むことが出来ます。だからこそ私たちは、主イエス・キリストの十字架による救いを信じることにより、本来あるべき人間の姿、つまり創造主であられ、完成者であられる主なる神様を信じ、栄光を称え、礼拝しつつ、罪による失敗を繰り返しながらも、神のかたちにより、神の知恵・義・聖を求めて、歩み続けていくことができるのです。

                                              (2004.10.17)



戻る