【礼拝説教】  「助け合う夫婦」  辻 幸宏牧師



  創世記2章18〜25節(新共同訳聖書)

2:18 主なる神は言われた。「人が独りでいるのは良くない。彼に合う助ける者を造ろう。」
2:19 主なる神は、野のあらゆる獣、空のあらゆる鳥を土で形づくり、人のところへ持って来て、
   人がそれぞれをどう呼ぶか見ておられた。人が呼ぶと、それはすべて、生き物の名となった。
2:20 人はあらゆる家畜、空の鳥、野のあらゆる獣に名を付けたが、自分に合う助ける者は見つ
   けることができなかった。
2:21 主なる神はそこで、人を深い眠りに落とされた。人が眠り込むと、あばら骨の一部を抜き取り、
   その跡を肉でふさがれた。
2:22 そして、人から抜き取ったあばら骨で女を造り上げられた。主なる神が彼女を人のところへ
   連れて来られると、
2:23 人は言った。「ついに、これこそ/わたしの骨の骨/わたしの肉の肉。これをこそ、女(イシャー)
   と呼ぼう/まさに、男(イシュ)から取られたものだから。」
2:24 こういうわけで、男は父母を離れて女と結ばれ、二人は一体となる。
2:25 人と妻は二人とも裸であったが、恥ずかしがりはしなかった。



 この創世記2:18〜の御言葉は、結婚と離婚、独身者、男女平等や性差別、男女の役割分担、さらには女性教職・女性長老など、様々な問題に答えを与える個所です。
 主なる神様は、人を助け手が必要な者として創造されました(18)。人は神様のように、自己充足は出来ません。つまり人は神様を求め、神様に委ねることを求めておられます。
 そして神様は、人の創造に先立って創られた野の獣や空の鳥などを持ってきて、助け手となるかを確かめるために、人に名前を付けさせます(19)。名前を付けることが出来るのは、権威あることを示します。主は天地万物を創造される時、すべてをご計画した上で、名前を付けて創られて行きました(1章)。主が全てを支配しておられるのです。そして主は人に世界を支配させ管理を委ねます(1:26)。そして命名権も人に与えられました。名前を付けることは、そのものの自身の性質・特性をしっかり捉え、希望を込めて名付けるのです。ですから名付けた時、関係性が明らかになります。主は人を見ておられ、動物たちが人の助け手とならないことを認め、人相互に助け合い、交わりを持つ者とされたのです。
 このことは教会のあり方にも通じます。創造の秩序は、神の国(天国)に通じるものであり、地上の教会であっても互いの弱さを補いながら歩み続けるのです。ですから主は独りよがりな信仰、信じていれば教会に行かなくてもよいなどとは言いません。互いに弱さを持った者たちが、互いに支え合う場としての共同体が、キリストの教会なのです。
 そして主は人に助け手として女を与えられます(21-22)。これは女性が男性に劣った者として創られたのではありません。互いに弱さを持ち、助け合うことが求められます。従って聖書は立場においては男女平等を語っています。しかし行き過ぎた男女平等を語り、性を無視して、男女が同じことをしなければならないとは聖書は語りません。主が男と女に創られたからには、それぞれに特性を持ち、それらを尊重しなければなりません。
 「カトリック教会のカテキズム」という本があります。ここではこの様に告白します。
369 男と女は神によって創造されました。すなわち、神は、お望みにより、男と女が、一方では人格として完全に平等であり、他方では男と女という違いを持つものとして造られました。「男であること」「女であること」は神が望まれたよいことです。男にも女にも譲りえない尊厳があり、その尊厳は創造主である神に直接由来します。男と女は、同じ尊厳を備えた「神の似姿」です。「男として」、また「女として」、両者とも創造主の英知と善を反映します。 カトリックとは聖書理解が異なりますが、この告白は素晴らしいです。
 ところでこのことに関して、先日行われました信徒神学講座において、面白い質問が出ましたのでご紹介します。テーマは「永遠の生命を信じる」で、終末論に関して神学校校長の牧田吉和先生にお話し頂きました。ここで会場からこの様な質問がされました。「天国において、性はどのようになるのですか?」聖書は天国においては、「あらゆる国民、種族、民族、言葉の違う民の中から集まった、だれにも数えきれないほどの大群衆が、集っている」(黙示7:9)と語ります。ここで男と女については言及されません。確かに天国においては、天使の様な状態になり結婚関係はなくなります。しかし天地万物を主が創造された時、極めて良かった(創世1:31)のであり、神の国が到来すれば、すべての被造物が聖くされます。ですから、私としては、男と女に創造されたという秩序は、神の国においても引き継がれていくのではないかと、思います。
 最後に、結婚について考えます。主なる神様は、男と女に創造された時、二人が一緒になることによって、社会の秩序を形成していくのです。夫婦とはその最小のグループです。ですからいつでも夫婦が核となり、教会が形成され、社会が形成されて行くことを、主は望まれているのです。ですから、一人が苦難に陥った時、伴侶が苦しみを担い、祈り、そして家族・教会が、共に祈りつつその苦難を乗り越えていくように、主は求めておられるのです(参照:エフェソ5:21-33)。一度夫婦とされ、二人で助け合う者とされた者同士は、嫌いになったからといってすぐに分かれられるものではないのです。助け手を失うと、人は立ってられないのです。嫌いになったから離婚をして、また新しい恋をしようと思うのは、まさしく自分が自立しており、一人で立つことが出来ると思いこんでいる人間の深い罪の表れです。だからこそ、夫婦において、家族において、そして教会において、互いに助け合うことによって、キリストに連なる恵みが与えられていくのです。自らの弱さを認めつつ、キリストの栄光を称えるために、共に歩み続けていきましょう。


                                              (2004.11.21)
COPYRIGHT(C) 2004 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る