【礼拝説教】  「主の召し」  辻 幸宏牧師

創世記12:1〜9

12:1 主はアブラムに言われた。
   「あなたは生まれ故郷
    父の家を離れて
    わたしが示す地に行きなさい。
12:2  わたしはあなたを大いなる国民にし
    あなたを祝福し、あなたの名を高める
    祝福の源となるように。
12:3  あなたを祝福する人をわたしは祝福し
    あなたを呪う者をわたしは呪う。
    地上の氏族はすべて
    あなたによって祝福に入る。」
12:4 アブラムは、主の言葉に従って旅立った。ロトも共に行った。
   アブラムは、ハランを出発したとき七十五歳であった。
12:5 アブラムは妻のサライ、甥のロトを連れ、蓄えた財産をすべて携え、
   ハランで加わった人々と共にカナン地方へ向かって出発し、カナン地方に入った。
12:6 アブラムはその地を通り、シケムの聖所、モレの樫の木まで来た。
   当時、その地方にはカナン人が住んでいた。
12:7 主はアブラムに現れて、言われた。
   「あなたの子孫にこの土地を与える。」
   アブラムは、彼に現れた主のために、そこに祭壇を築いた。
12:8 アブラムは、そこからベテルの東の山へ移り、西にベテル、
   東にアイを望む所に天幕を張って、そこにも主のために祭壇を築き、主の御名を呼んだ。
12:9 アブラムは更に旅を続け、ネゲブ地方へ移った。


 アダムからノアの時代、そしてノアの家族からバベルの時代までの出来事は、全人類の共通の出来事として語られてきました。アダムが主との契約を破棄することに始まり、カインの弟殺し、ノア時代の罪の氾濫、洪水による主の裁き、バベルにおける塔の建設に至ります。ここにあります人間の罪は、彼らの子孫であります私たち自身の罪でもあります。それでもなお、主は人々を救いに導いて下さろうとしていたのです。そして、12章からはアブラハムに始まるイスラエル民族の救いの歴史へと移っていきます。
 そうした中、今日与えられたテキストにあるアブラハムの召しから、私たちは二つのことを考えなければなりません。@アブラハムが主によって一方的に召されたように、私たちもまた、主によって召されていること。Aアブラハムからはじまるイスラエルによって救い主イエス・キリストが約束されていること。
 彼はどういう状況の中、主による召しを受けたのでしょうか? 11:31-32を読めば、父テラが死に、ハランにて、主の召しを受けたように解釈することが出来ます。しかし使徒7:2-4のステファノの説教から彼はメソポタミア(ウル)にて主の召しを受け、家族と共にハランへ、そしてカナンに向かっていたのです(位置関係は、聖書巻末地図1参照のこと)。つまりテラとアブラムの家族は、アブラムに対する主の言葉により旅を始めていたのです。
 なぜ、主はアブラムを召したのでしょうか?創世記は彼らの生活や信仰について記しません。しかしヨシュア24:2-3から、テラは他の神々を拝んでいたことが分かり、アブラムもまたそれに近い者であったことでしょう。つまり彼が主によって召されるにあたり、主は彼の業を評価したために召したのではなく、主の一方的な恵みの御業であったのです。このことは、偶像崇拝していた父テラもアブラムと共に旅立ったということは、テラもアブラム同様主を信じ、主の御言葉に聞き従ったということになるでしょう。
 アブハムは、主なる神様から言葉が語られたことにより、主なる神様を信じ、主の言葉に従って未知の土地に旅立っていきます。同様に、主は今も生きて、私たちに働きかけて下さっているのです。今、私たちは、主の御前に集められ、礼拝を守っておりますが、今、主は、あなたをも召して下さっているのです。呼びかけて下さっているのです。
 私たちは、未来に何が起こるのかまったく分かりません。占い師がちやほやされていますが、それは完全に全てが見えているわけではありません。しかし主なる御神様は、天地万物を創造し、全能者であられ、全てをご計画され、全てをご存じであられます。主が、私たちを召して下さるということは、言葉を換えれば、私たちを救ってくださることでもあります。主が救って下さり、神の子として下さる者は、神様にとって不利なことがもたらされるわけがないのです。父親が子供が嫌がることをせずに、欲しがるものを与えるように、主なる神様も私たちにとって一番必要なものを、必要な時にお与え下さるのです。だからこそ、アブラムは、主に何かを尋ねることもなく、主の言葉に聞き従ったのであり、私たちも御言葉である主の御言葉に聞き従わなければならないのです。
 またアブラムは祝福の源となるように召されました。アブラハムからイスラエルが形成され、救い主イエス・キリストが約束されたのです。彼には子供がなく(11:30)、主がどの様な御業により、この約束を果たされるか、彼には分かりませんでした。しかし彼は、全能であられる主を信じたのです。これは驚くべきことです。人間的な力では信じることが出来ないことを、彼は信じたのです。ここに主なる神様の御働き、聖霊の働きがあり、アブラムの心を変化させ、彼は主を信じるように導かれたのです。
 そして彼もまた、約束された救い主イエス・キリストの十字架と復活の御業による罪の赦しと救いを待たなければならなかったのです。
 私たちは今、主によって礼拝の場に招かれ、イエス・キリストの十字架の死と復活による救いに与るものとされています。そして私たちは、主がお与え下さった恵みを、この礼拝の場において、御言葉の説教、祈り、主の晩餐において確認することが出来る祝福に満たされています。主の御力を信じて、主に全てを委ねて、歩み続けましょう。

                                              (2005.3.6)
COPYRIGHT(C) 2005 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る