【礼拝説教】  「主の言葉に従う」  辻 幸宏牧師

創世記12:1〜9

12:1 主はアブラムに言われた。
   「あなたは生まれ故郷
    父の家を離れて
    わたしが示す地に行きなさい。
12:2  わたしはあなたを大いなる国民にし
    あなたを祝福し、あなたの名を高める
    祝福の源となるように。
12:3  あなたを祝福する人をわたしは祝福し
    あなたを呪う者をわたしは呪う。
    地上の氏族はすべて
    あなたによって祝福に入る。」
12:4 アブラムは、主の言葉に従って旅立った。ロトも共に行った。
   アブラムは、ハランを出発したとき七十五歳であった。
12:5 アブラムは妻のサライ、甥のロトを連れ、蓄えた財産をすべて携え、
   ハランで加わった人々と共にカナン地方へ向かって出発し、カナン地方に入った。
12:6 アブラムはその地を通り、シケムの聖所、モレの樫の木まで来た。
   当時、その地方にはカナン人が住んでいた。
12:7 主はアブラムに現れて、言われた。
   「あなたの子孫にこの土地を与える。」
   アブラムは、彼に現れた主のために、そこに祭壇を築いた。
12:8 アブラムは、そこからベテルの東の山へ移り、西にベテル、
   東にアイを望む所に天幕を張って、そこにも主のために祭壇を築き、主の御名を呼んだ。
12:9 アブラムは更に旅を続け、ネゲブ地方へ移った。


 アブラハムが主によって召される前、父テラたちは他の神々を拝み、主を礼拝することは行っていませんでした。そうした中、アブラムと家族は、主の召しの声に聞き従い、旅を始めます。アブラムは、主がどこに導かれるのは分かりませんでした。
 アブラムは75歳であり(4)、父テラはカルデヤのウルからハランまで一緒に旅を続けました。当然、父テラは100歳を超えていたことでしょう。人間的に言えば、晩年を迎えています。年齢が若ければ、冒険をして、チャレンジしようと思うこともあるでしょうが、そういう年齢ではありません。出来れば、落ち着いた生活を求めたい年齢です。
 しかしアブラムと家族は、主の言葉に従って旅立ちます。主を信じ、主の御言葉に聞き従う時、年齢などは関係ないのです。主なる神様が、私たちに語りかけられた時、主が真の神様であり、天地万物を創造し、私たちに命を与え、救いに導いて下さる方であることが示されるのです。そして、主がお与え下さる救い、神の国の永遠の生命の希望が与えられる時、主がお語り下さる言葉に、無条件に聞き従う者とされるのです。
 私たちの人生とて同じです。アブラハムのように、主が私たちに直接、言葉をかけられることはありません。しかし主はいつも私たちと共にいて下さいます。そして主は御言葉である聖書と御言葉の説教を通して、私たちに生きる道を日々、お示し下さいます。だからこそ、私たちは、日々主に祈り求めるのです。そうすることにより、本当に生きて働いて下さる主が、今、あなたがどの様な道を歩まなければならないか、お示し下さいます。
 アブラムは、主の言葉に従って歩み続け、カナン地方、シケムの聖所、モレの樫の木に着きます(6)。「樫の木」(口語訳:テレビンの木)では、元来偶像礼拝が行われていました(口語訳士師9:37参照「一組は占い師のテレビンの木の方からきます」)。つまり主はわざわざ偶像礼拝が行われていた樫の木にアブラムを導かれたのです。つまり主がアブラムをカナン地方に導かれたのは、ユートピアではなく、始めから偶像崇拝との闘いがあり、その中、真の神様の臨在を確認しつつ、主への信仰を貫くことが求められたのです。
 ですから、私たちは日本にクリスチャン人口が少ないことを、初めから半ば当然で、あきらめに近い悲観的な信仰を持ってはならないのです。この場所が、今主が私たちにお与え下さった約束の土地なのです。その中、主への信仰を貫き、真理へと人々を招き続けなければならないのです。
 主は、偶像崇拝が行われていたモレの樫の木にアブラムを導かれましたが、ここが主が示されている地であることを指し示すがために、主は直接アブラムに姿を表されて、言葉を発せられます(7)。実は、今まで、主は直接、人の前に現れられたことはないのです(アダムとエバ(3:8)、カイン(4:6)、ノア(6:13、7:1)など)。つまり、主がアブラムに直接現れることにより、それだけ重要な約束があることを物語っているのです。
 その約束が「あなたの子孫にこの土地を与える」(7)ことです。カナンでの生活は、すでに語ってきた通り茨の道でありますが、それは同時に主の豊かな救いのご計画を指し示すことであったのです。もちろん、ここで語られる子孫とは、アブラハムより生まれる肉の子孫であるイスラエル民族のことです。
 しかしここにはもう一つ重要なことが語られています。そのことがガラテヤ書に解釈されています。『ところで、アブラハムとその子孫に対して約束が告げられましたが、その際、多くの人を指して「子孫たちとに」とは言われず、一人の人を指して「あなたの子孫とに」と言われています。この「子孫」とは、キリストのことです』(ガラテヤ3:16)。つまりこの約束の地を受け継ぐキリストにより、全ての神の民の罪の赦しと救いが成就するのです。
 つまり、アブラハムのように、主の御言葉を信じ、主の救いを信じ、主の御言葉に聞き従う者は、アブラハムの子孫としての救い主イエス・キリストの贖いの御業、つまり十字架によって成し遂げられた罪の赦しと永遠の生命の約束に入れられるのです。イエス・キリストにつながる救いは、肉におけるイスラエルではなく、信仰によってキリストに繋がる霊的なイスラエルに与えられたのです。主を信じ、主の救いに与りましょう。

                                              (2005.3.13)
COPYRIGHT(C) 2005 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る