トップ > 説教要約 > 創世記説教(12章)


【礼拝説教】  「人をだます」  辻 幸宏牧師

創世記12:10〜20

12:10 その地方に飢饉があった。アブラムは、その地方の飢饉がひどかったので、エジプトに下り、
    そこに滞在することにした。
12:11 エジプトに入ろうとしたとき、妻サライに言った。「あなたが美しいのを、わたしはよく知っている。
12:12 エジプト人があなたを見たら、『この女はあの男の妻だ』と言って、わたしを殺し、あなたを
    生かしておくにちがいない。
12:13 どうか、わたしの妹だ、と言ってください。そうすれば、わたしはあなたのゆえに幸いになり、
    あなたのお陰で命も助かるだろう。」
12:14 アブラムがエジプトに入ると、エジプト人はサライを見て、大変美しいと思った。
12:15 ファラオの家臣たちも彼女を見て、ファラオに彼女のことを褒めたので、サライはファラオの
    宮廷に召し入れられた。
12:16 アブラムも彼女のゆえに幸いを受け、羊の群れ、牛の群れ、ろば、男女の奴隷、雌ろば、
    らくだなどを与えられた。
12:17 ところが主は、アブラムの妻サライのことで、ファラオと宮廷の人々を恐ろしい病気にかからせた。
12:18 ファラオはアブラムを呼び寄せて言った。「あなたはわたしに何ということをしたのか。なぜ、
    あの婦人は自分の妻だと、言わなかったのか。
12:19 なぜ、『わたしの妹です』などと言ったのか。だからこそ、わたしの妻として召し入れたのだ。
    さあ、あなたの妻を連れて、立ち去ってもらいたい。」
12:20 ファラオは家来たちに命じて、アブラムを、その妻とすべての持ち物と共に送り出させた。


 アブラムは主から召しを受け、偶像から離れ、約束の地カナンに着きました(12:1-9)。そしてアブラムは、約束の地で新しい歩みを始めます。そうした中、この地方において飢饉が起こります(10)。日本でも11年ほど前でしょうか、飢饉があり米が取れないということで大騒ぎとなり、タイなどから米を緊急輸入することがありました。食料が取れないことは大問題であり、イスラエルの地域でも、雨期の10月から4月の間に雨が降らなければ、飢饉に陥るのです。ヤコブとその子供たち70人がヨセフのいたエジプトに下り、400年の間、エジプトに滞在する事となったのは、7年に及ぶ飢饉でした(創世記42章)。
 この様にイスラエル地方を襲った飢饉のため、アブラムはエジプトに逃れます(10)。生きていくために必要な行動を、アブラムはとったことでしょう。しかしここでのアブラムの行いは問題です。『エジプトに入ろうとしたとき、妻サライに言った。「あなたが美しいのを、わたしはよく知っている。エジプト人があなたを見たら、『この女はあの男の妻だ』と言って、わたしを殺し、あなたを生かしておくにちがいない。どうか、わたしの妹だ、と言ってください。そうすれば、わたしはあなたのゆえに幸いになり、あなたのお陰で命も助かるだろう。」』(11-13)。これはどういうことかと言えば、当時、王が美女を後宮に召し抱えるのは普通のことであり、神を畏れることのない異邦社会では、その美女が人妻であっても夫を殺害してでも召し抱えることがよくあったのです(12,20:11,26:7)。そして、アブラムは自らの保身のために、異母妹であった妻サラに、自分が妹であると語るように頼んだのです。これは夫婦であることを隠す、人を欺く行為です。おそらく当時、自己保身を行うためには、一般的に行われていた行為でしょう。人をだまし、欺く行為は、倫理的に許されない行為です。しかしそれ以上に、このことが主によって召され、約束の地に入ってしばらく経ったばかりのアブラムによって行われたことが、一番の問題です。
 主なる神様は生きて働いておられます。アブラムが生まれる前から、アブラムのことを覚え、アブラムを召して下さり、カナンに導いて下さいました。主が必要とされ、召して下さったからこそ、アブラムは、主がお与え下さった命令が成就するまで、主が守り導いて下さるのです。従って、アブラムとしては、全てを支配しておられる主の御声に聞き従うことが、第一に求められたのです。しかしアブラムが、エジプトに入ろうとした時、第一にした行為は、人間的な姑息な手段を取って、人をだましてまでも自己保身を取ることでした。このことが生きていくための世の中の知恵に頼った事であったかも知れませんが、ここには主に従う信仰はないのです。さらにアブラムが嘘を語ることにより、ファラオに姦淫の罪を犯させるところでした。人に罪を助長させることは、主の御前にあって、同じ罪を犯しているのと同じことです。
 一見したところ、アブラムが嘘を語りファラオをだました行為は、小さな罪かも知れません。しかし主はその行為を見逃されません。主は、ファラオらを病気にかからせることにより、姦淫の罪に陥ることから逃れさせ、アブラムには罪の事実を示されました(17)。
 しかしアブラハムは罪意識に乏しく、同じ罪を繰り返します(20章)。人間は弱い者であり、正直、罪意識があったとしても、同じ過ちを繰り返してしまいます。なおさらのこと、罪意識がなければ、同様の罪を繰り返すのです。しかし小さいような罪であったとしても、主の御前では罪であり、その罪の故に刑罰がなされることを忘れてはなりません。
 信仰の父として、尊敬されるべき人物であるアブラハムであっても、主の御前に立てば一人の罪人なのです。そして罪を繰り返すのです。つまりアブラハムが主によって救いに与ったのは、彼自身が素晴らしかったからではなく、彼の罪が完全に償われ、罪の刑罰がなされるためにも、イエス・キリストの十字架を待たなければならなかったのです。つまり、全ての人間が罪の赦しと永遠の生命である救いを手に入れようとするならば、イエス・キリストの十字架によらなければならないのです。
 アブラムは、主による救いを忘れ、自分の考え・世俗の習慣に従いました。しかし主が求めておられるのは、主を信じ、主の御声に聞き従う事です。初心を忘れざるべし。信仰生活においても、主によって救われた時の初心に立ち戻り、キリストの十字架による罪の赦しと復活による永遠の生命の約束に心から感謝と喜びを表しつつ、歩みを続けましょう。
                                              (2005.4.3)
COPYRIGHT(C) 2005 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る