トップ > 説教要約 > 創世記説教(15章)


【礼拝説教】  「神の約束」  辻 幸宏牧師

創世記15章1〜21節

15:1 これらのことの後で、主の言葉が幻の中でアブラムに臨んだ。「恐れるな、アブラムよ。
   わたしはあなたの盾である。あなたの受ける報いは非常に大きいであろう。」
15:2 アブラムは尋ねた。「わが神、主よ。わたしに何をくださるというのですか。わたしには
   子供がありません。家を継ぐのはダマスコのエリエゼルです。」
15:3 アブラムは言葉をついだ。「御覧のとおり、あなたはわたしに子孫を与えてくださいません
   でしたから、家の僕が跡を継ぐことになっています。」
15:4 見よ、主の言葉があった。「その者があなたの跡を継ぐのではなく、あなたから生まれる
   者が跡を継ぐ。」
15:5 主は彼を外に連れ出して言われた。「天を仰いで、星を数えることができるなら、数えて
   みるがよい。」そして言われた。「あなたの子孫はこのようになる。」
15:6 アブラムは主を信じた。主はそれを彼の義と認められた。
15:7 主は言われた。「わたしはあなたをカルデアのウルから導き出した主である。わたしは
   あなたにこの土地を与え、それを継がせる。」
15:8 アブラムは尋ねた。「わが神、主よ。この土地をわたしが継ぐことを、何によって知ることが
   できましょうか。」
15:9 主は言われた。「三歳の雌牛と、三歳の雌山羊と、三歳の雄羊と、山鳩と、鳩の雛とを
   わたしのもとに持って来なさい。」
15:10 アブラムはそれらのものをみな持って来て、真っ二つに切り裂き、それぞれを互いに
   向かい合わせて置いた。ただ、鳥は切り裂かなかった。
15:11 禿鷹がこれらの死体をねらって降りて来ると、アブラムは追い払った。
15:12 日が沈みかけたころ、アブラムは深い眠りに襲われた。すると、恐ろしい大いなる暗黒が
   彼に臨んだ。
15:13 主はアブラムに言われた。「よく覚えておくがよい。あなたの子孫は異邦の国で寄留者と
   なり、四百年の間奴隷として仕え、苦しめられるであろう。
15:14 しかしわたしは、彼らが奴隷として仕えるその国民を裁く。その後、彼らは多くの財産を
   携えて脱出するであろう。
15:15 あなた自身は、長寿を全うして葬られ、安らかに先祖のもとに行く。
15:16 ここに戻って来るのは、四代目の者たちである。それまでは、アモリ人の罪が極みに
   達しないからである。」
15:17 日が沈み、暗闇に覆われたころ、突然、煙を吐く炉と燃える松明が二つに裂かれた
   動物の間を通り過ぎた。
15:18 その日、主はアブラムと契約を結んで言われた。「あなたの子孫にこの土地を与える。
   エジプトの川から大河ユーフラテスに至るまで、
15:19 カイン人、ケナズ人、カドモニ人、
15:20 ヘト人、ペリジ人、レファイム人、
15:21 アモリ人、カナン人、ギルガシ人、エブス人の土地を与える。」


ローマの信徒への手紙4章1〜5節
4:1 では、肉によるわたしたちの先祖アブラハムは何を得たと言うべきでしょうか。
4:2 もし、彼が行いによって義とされたのであれば、誇ってもよいが、神の前ではそれは
   できません。
4:3 聖書には何と書いてありますか。「アブラハムは神を信じた。それが、彼の義と認められた」
   とあります。
4:4 ところで、働く者に対する報酬は恵みではなく、当然支払われるべきものと見なされています。
4:5 しかし、不信心な者を義とされる方を信じる人は、働きがなくても、その信仰が義と認められます。

 アブラムは主からの召しを受け(12章)、ロトと分かれなければならないほど多くの財産が与えられました(13章)。また戦いの中にあっても主による守りがありました(14章)。そうした中、主は改めてアブラムに対して語りかけられます(1)。アブラムも、主がお語り下さることを理解していました。しかしアブラムにとっては一つの大きな問題があったのです。アブラムが主から受けた祝福は、単に主とアブラムとの約束に留まることなく、時代を超えてアブラムの子孫としてのイスラエルに与えられたものでした。ですから、この時まだ自らの子供をがなかったアブラムにとって、主がお与え下さろうとしている非常に大きな報いが、どの様なものであるのか、理解できなかったのです。そして主に問いかけます(2,3)。主の答えは「・・あなたから生まれる者が跡を継ぐ」(4)ことです。
 つまり、アブラムと妻サライにとってすでに子供が出来るような年齢ではなかったのですが、その様な自然に反して、主は彼らに子供を授ける力を有しておられるのです(ウェストミンスター信仰告白第5章3節)。また、主の雄大なご計画は、天地万物が創造されてからキリストの十字架があり、キリストの再臨により最後の審判がなされ、神の国が完成されるまでの全てが含まれており、アブラハムからイスラエル民族を立て、その子孫として救い主を約束することを主はご計画されているのです。ですから、主のアブラムへの祝福は、単に彼の子孫が数的に増し加えられるだけではなく、救い主が与えられるとの祝福も含まれているのです。
 アブラムにとってこのことがどの様に実現するかは理解できなかったでしょう。しかしアブラムは主の言葉を信じたのです。すると主はアブラムを義と認めます。「認める」とは、「計算する、計画する、みなす」といった意味を有する単語であり、主の雄大なご計画の内に、すでにアブラハムは救われ、義とされる者の数に含まれていたのです。そのご計画が、このアブラムの信仰告白によって有効とされ、義とされたのです(ローマ4:1-5)。それは私たちが神様を信じる時にも同じことが言えるのです。神様の壮大なご計画、救いの内に、あなたも入れられているのです。だからこそあなたが主を信じることにより、主は義と認め、救いへと導いて下さるのです。
 アブラムは不可能を可能にされる主を信じてはいるのですが、それが実現するしるしを求めました(8)。それはアブラムがなおも人間的な弱さを秘めているからです。ただ、彼の問いかけは、主の言葉を疑っているのではなく、どの様にして主の約束が実現するのか分からないまま漠然と受け入れるのではなく、自らの内で神の約束の事実を確認して、積極的に主の働きに関与しようとする信仰から出てきた問いかけなのです。
 主は儀式を行う(9)ことによって、主の約束が破られることのない契約であることを確認させようとしますが、主はアブラムがこれらのものを準備した時、彼を深い眠りにつかせます。そしてエジプトにおけるイスラエルの400年間の苦難を預言します(13-16)。神様のご計画と奇跡を信じない人々は、この記述を後の人たちが書き加えたものだと語ります。しかし主のご計画は、神の国の完成までの全世界の歴史に及んでいるのであり、主と契約を結ばれるイスラエルが、エジプトにおいて非常に苦しみを味わったとしても、なお主の契約は成し遂げられることを信じて、その困難を乗り越えることが出来るように、主はアブラムにこのことを預言されたのです。主なる神様を信じたならば、何も困難も苦しみもなくなるわけではありません。時として神様を信じているが故に、迫害すら享受しなければならないのです。しかしそれらの苦難をも、主がご計画され、それを超えて主の救いと祝福は無効にされることなく、確実なものであることを、主はお語り下さっているのです。
 主はアブラムに対して、動物犠牲を通して、契約のしるしをお与え下さいました(17)。そして救いと祝福の契約を成就して下さいます。キリストはすでに十字架の死に打ち勝ち、死から復活し、天に座しておられます。私たちには、主の救いが既に示されています。私たちは、主の約束を信じればよいのです。主の御言葉を信じ、主の救いの契約の内にあることを感謝と喜びをもって歩み続けましょう。


                                              (2005.5.8)
COPYRIGHT(C) 2005 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る