トップ > 説教要約 > 創世記説教(16章)


【礼拝説教】  「私を顧みられる神」  辻 幸宏牧師

創世記16章1〜16節

16:1 アブラムの妻サライには、子供が生まれなかった。彼女には、ハガルというエジプト人の
   女奴隷がいた。
16:2 サライはアブラムに言った。「主はわたしに子供を授けてくださいません。どうぞ、わたしの
   女奴隷のところに入ってください。わたしは彼女によって、子供を与えられるかもしれません。」
   アブラムは、サライの願いを聞き入れた。
16:3 アブラムの妻サライは、エジプト人の女奴隷ハガルを連れて来て、夫アブラムの側女とした。
   アブラムがカナン地方に住んでから、十年後のことであった。
16:4 アブラムはハガルのところに入り、彼女は身ごもった。ところが、自分が身ごもったのを知ると、
   彼女は女主人を軽んじた。
16:5 サライはアブラムに言った。「わたしが不当な目に遭ったのは、あなたのせいです。女奴隷を
   あなたのふところに与えたのはわたしなのに、彼女は自分が身ごもったのを知ると、わたしを
   軽んじるようになりました。主がわたしとあなたとの間を裁かれますように。」
16:6 アブラムはサライに答えた。「あなたの女奴隷はあなたのものだ。好きなようにするがいい。」
   サライは彼女につらく当たったので、彼女はサライのもとから逃げた。
16:7 主の御使いが荒れ野の泉のほとり、シュル街道に沿う泉のほとりで彼女と出会って、
16:8 言った。「サライの女奴隷ハガルよ。あなたはどこから来て、どこへ行こうとしているのか。」
   「女主人サライのもとから逃げているところです」と答えると、
16:9 主の御使いは言った。「女主人のもとに帰り、従順に仕えなさい。」
16:10 主の御使いは更に言った。「わたしは、あなたの子孫を数えきれないほど多く増やす。」
16:11 主の御使いはまた言った。
   「今、あなたは身ごもっている。
    やがてあなたは男の子を産む。
    その子をイシュマエルと名付けなさい
    主があなたの悩みをお聞きになられたから。
16:12 彼は野生のろばのような人になる。
    彼があらゆる人にこぶしを振りかざすので
    人々は皆、彼にこぶしを振るう。
    彼は兄弟すべてに敵対して暮らす。」
16:13 ハガルは自分に語りかけた主の御名を呼んで、「あなたこそエル・ロイ(わたしを顧みら
    れる神)です」と言った。それは、彼女が、「神がわたしを顧みられた後もなお、わたしは
    ここで見続けていたではないか」と言ったからである。
16:14 そこで、その井戸は、ベエル・ラハイ・ロイと呼ばれるようになった。それはカデシュと
    ベレドの間にある。
16:15 ハガルはアブラムとの間に男の子を産んだ。アブラムは、ハガルが産んだ男の子を
    イシュマエルと名付けた。
16:16 ハガルがイシュマエルを産んだとき、アブラムは八十六歳であった。


ガラテヤの信徒への手紙4章21〜31節

4:21 わたしに答えてください。律法の下にいたいと思っている人たち、あなたがたは、律法の
   言うことに耳を貸さないのですか。
4:22 アブラハムには二人の息子があり、一人は女奴隷から生まれ、もう一人は自由な身の女
   から生まれたと聖書に書いてあります。
4:23 ところで、女奴隷の子は肉によって生まれたのに対し、自由な女から生まれた子は約束に
   よって生まれたのでした。
4:24 これには、別の意味が隠されています。すなわち、この二人の女とは二つの契約を表して
   います。子を奴隷の身分に産む方は、シナイ山に由来する契約を表していて、これがハガル
   です。
4:25 このハガルは、アラビアではシナイ山のことで、今のエルサレムに当たります。なぜなら、
   今のエルサレムは、その子供たちと共に奴隷となっているからです。
4:26 他方、天のエルサレムは、いわば自由な身の女であって、これはわたしたちの母です。
4:27 なぜなら、次のように書いてあるからです。
   「喜べ、子を産まない不妊の女よ、
    喜びの声をあげて叫べ、
    産みの苦しみを知らない女よ。
    一人取り残された女が夫ある女よりも、
    多くの子を産むから。」
4:28 ところで、兄弟たち、あなたがたは、イサクの場合のように、約束の子です。
4:29 けれども、あのとき、肉によって生まれた者が、“霊”によって生まれた者を迫害したように、
    今も同じようなことが行われています。
4:30 しかし、聖書に何と書いてありますか。「女奴隷とその子を追い出せ。女奴隷から生まれた
    子は、断じて自由な身の女から生まれた子と一緒に相続人になってはならないからである」
    と書いてあります。
4:31 要するに、兄弟たち、わたしたちは、女奴隷の子ではなく、自由な身の女から生まれた
    子なのです。



 アブラムは主から召命を受け(12章)、10年が経ました(3)。つまりアブラム85歳、サライ75歳です。そこで「あなたから生まれる者が跡を継ぐ」(15:4)と主がアブラムに約束されたことが問題となります。サライはアブラムに対して「主はわたしに子供を授けてくださいません。どうぞ、わたしの女奴隷のところに入ってください。わたしは彼女によって、子供を与えられるかもしれません」と語ります(2)。そして、アブラムはサライの願いを聞き入れます(2)。こうしたことは、当時一般的に行われていたことです。従って、社会的には許される行為です。そして生まれくる子供は、アブラムの子供には違いありません。
 しかしこうした行為は、信仰的に問題であり、神様の約束を人間的な方法で成し遂げようとする行為です。信仰とは、人間的な姑息な手段を用いることで主の約束を達成させることではなく、主なる神様の御業としてなされる行為を信じることが求められるのです。
 ガラテヤ4:22-25では、女奴隷の子は肉によって生まれたのに対し、自由な女から生まれた子は約束によって生まれたと語ります。これはアブラムの信仰を語っています。アブラハムがハガルによって子供を生んだのは、たしかに妻サラが女奴隷を渡したのですが、アブラハム自身が、主への信仰から離れ、自分で成し遂げることによって生まれたのです。ですから肉による子と語るのです。一方、サラから約束の子として生まれるイサクは、アブラハムが主を信じ、主によって与えられた子なのです。つまりアブラハムに問われたのは、主なる神様の約束を徹底的に信じて、人間的な姑息な手だてを行ってはならないのです。私たちの信仰も同様に、信じることであり、疑ったり、私たちの手で何かを成し遂げようと考えてはいけません。
 ところでアブラムの子を身ごもった女奴隷ハガルは、主人であるサライを軽んじるようになります(4)。身ごもったことが誇り高く、今まで奴隷として虐げられてきたことも助長し、女主人を蔑んだことでしょう。これが人間の弱さです。
 するとサライはアブラムに訴え出ます(5)。するとアブラムは「あなたの女奴隷はあなたのものだ。好きなようにするがいい」(6)と語ります。アブラムはハガルとサライのそれぞれの行為に困惑と苦渋の気持ちはあったでしょう。しかしアブラムは、自ら解決しようとする意志はなく、責任放棄を行い、サライに任せます。その結果、サライはハガルにさらにつらくあたるため、ハガルは逃げ出します。
 ハガルは途方もなく逃げたことでしょう。しかし主はシュル街道に沿う泉のほとりにおいて主の御使いがハガルと出会います。苦しみ逃れようとしているハガルに対して、主は共にいて下さるのです。そして御使いはハガルに問いかけます。御使いは、ハガルにどこから来てどこに行くのか尋ねます(8)。ハガルにとって、思い出したくもないサライのことを思い出すこととなり、またどこにいくのかあてのない旅であることも露わにされます。主との出会いとは、まさにこうした時に起こるのです。主は全てをご存じであられます。そして神の子とされる者を、滅び行くままにされることはないのです。そして主の御使いはハガルに対して、「わたしは、あなたの子孫を数えきれないほど多く増やす」(10)との約束をハガルにもお与え下さいます(参照:25:12-16)。「イシュマエル」とは、「神は聞かれる」との意味です。
 しかしハガルにとっては大きな困難も待ち受けています。サライの下に帰ることは(9)、逃げ出した奴隷として、今まで以上に従順になり辛抱が求められます。また主の御使いが、「彼は野生のろばのような人になる。・・」(12)と語ることは、イサクとイシュマエル、イスラエルとイシュマエルの子孫、そして今日に至る対立を語っています。
 アブラムの不信仰によって女奴隷ハガルには、大きな困難と今後の不幸を背負わされます。しかし、確実に、主なる神様は、ハガルと共にいて下さり、ハガルを生かして下さっているのです。そしてその子孫であるアラブの人々に対しても、アブラハムの子孫として、主に立ち返る時を今なお待っておられるのです。そして主と出会ったハガルは、「エル・ロイ(わたしを顧みられる神)」と主の御使いに語ります。「神がわたしを見ておられる」のです。異邦人だから、罪人だから、神とは関係ないのではないのです。主なる神様は、常に全ての人をご存じであられ、見ておられます。そして主と出会い、主に立ち返り、主を信じて歩む者にあるように、求めておられます。

                                              (2005.5.22)
COPYRIGHT(C) 2005 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る