トップ > 説教要約 > 創世記説教(18章)


【礼拝説教】  「主の忍耐」  辻 幸宏牧師

創世記18章16〜33節

18:16 その人たちはそこを立って、ソドムを見下ろす所まで来た。アブラハムも、彼らを見送る
    ために一緒に行った。
18:17 主は言われた。「わたしが行おうとしていることをアブラハムに隠す必要があろうか。
18:18 アブラハムは大きな強い国民になり、世界のすべての国民は彼によって祝福に入る。
18:19 わたしがアブラハムを選んだのは、彼が息子たちとその子孫に、主の道を守り、主に
    従って正義を行うよう命じて、主がアブラハムに約束したことを成就するためである。」
18:20 主は言われた。「ソドムとゴモラの罪は非常に重い、と訴える叫びが実に大きい。
18:21 わたしは降って行き、彼らの行跡が、果たして、わたしに届いた叫びのとおりかどうか
    見て確かめよう。」
18:22 その人たちは、更にソドムの方へ向かったが、アブラハムはなお、主の御前にいた。
18:23 アブラハムは進み出て言った。「まことにあなたは、正しい者を悪い者と一緒に滅ぼ
    されるのですか。
18:24 あの町に正しい者が五十人いるとしても、それでも滅ぼし、その五十人の正しい者の
    ために、町をお赦しにはならないのですか。
18:25 正しい者を悪い者と一緒に殺し、正しい者を悪い者と同じ目に遭わせるようなことを、
    あなたがなさるはずはございません。全くありえないことです。全世界を裁くお方は、
    正義を行われるべきではありませんか。」
18:26 主は言われた。「もしソドムの町に正しい者が五十人いるならば、その者たちのために、
    町全部を赦そう。」
18:27 アブラハムは答えた。「塵あくたにすぎないわたしですが、あえて、わが主に申し上げます。
18:28 もしかすると、五十人の正しい者に五人足りないかもしれません。それでもあなたは、
    五人足りないために、町のすべてを滅ぼされますか。」主は言われた。「もし、四十五人
    いれば滅ぼさない。」
18:29 アブラハムは重ねて言った。「もしかすると、四十人しかいないかもしれません。」
    主は言われた。「その四十人のためにわたしはそれをしない。」
18:30 アブラハムは言った。「主よ、どうかお怒りにならずに、もう少し言わせてください。
    もしかすると、そこには三十人しかいないかもしれません。」主は言われた。
    「もし三十人いるならわたしはそれをしない。」
18:31 アブラハムは言った。「あえて、わが主に申し上げます。もしかすると、二十人しか
    いないかもしれません。」主は言われた。「その二十人のためにわたしは滅ぼさない。」
18:32 アブラハムは言った。「主よ、どうかお怒りにならずに、もう一度だけ言わせてください。
    もしかすると、十人しかいないかもしれません。」主は言われた。「その十人のために
    わたしは滅ぼさない。」
18:33 主はアブラハムと語り終えると、去って行かれた。アブラハムも自分の住まいに帰った。


ヨハネ15:11-17

15:11 「これらのことを話したのは、わたしの喜びがあなたがたの内にあり、あなたがたの
    喜びが満たされるためである。
15:12 わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい。これがわたしの掟である。
15:13 友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。
15:14 わたしの命じることを行うならば、あなたがたはわたしの友である。
15:15 もはや、わたしはあなたがたを僕とは呼ばない。僕は主人が何をしているか知らない
    からである。わたしはあなたがたを友と呼ぶ。父から聞いたことをすべてあなたがたに
    知らせたからである。
15:16 あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ。あなたがたが
    出かけて行って実を結び、その実が残るようにと、また、わたしの名によって父に願うものは
    何でも与えられるようにと、わたしがあなたがたを任命したのである。
15:17 互いに愛し合いなさい。これがわたしの命令である。」



 創世記18章には、イサクの誕生の予告と、主がソドムとゴモラの滅ぼそうとされる場面が語られています。二つの記事は全く異なったことが語られているように思えるが、実は福音の表と裏であり、両者は一つのことを語っています。つまり、信仰の故にアブラハムに繋がる者は主による救いに入れられるが、主を信じることなく自らの歩みを行おうとする者に対しては、己の罪の故に主の裁きがもたらされるのです。
 主は、天地創造する以前から、この福音をご計画され、歴史においてそれが実現されてきていますが、それらは人には秘められた計画(奥義)でした。しかし主は、この奥義を、信仰によって義と認め、救いに導こうとされるアブラハムに、お示しになられます(17)。
 奥義は、神様によって啓示されることによって初めてそれが人には明らかにされます。主が人には厳しい言葉であるような奥義さえ、アブラハムを通して明らかにされたのは、アブラハムを神の子として愛し、非常に親しい関係にあったからです(参照:ヨハネ15:15-16)。そして主がこの警告を発せられることにより、罪に汚れた人間が、主の御前に立ち返り、罪を告白し、悔い改め、信仰を告白することが出来るように導いておられるのです。
 そして主はアブラハムに対して主の奥義を提示されます。救い(18-19)と裁き(20-21)の両面があります。裁きを口にすることは非常に重たい言葉で、教会では慎重に語られなければなりません。裁きが語られるから教会には行きたくないという人もいることでしょう。
 先週行われました臨時大会において、終末の希望についての信仰の宣言を審議しましたが、その草案の中に、(不信者にとっての審判)と言う項目があります。「一方、その日(最後の審判)は、キリストの福音を受け入れない者たち、とりわけ圧制者・異端者など、主とその御国に背くすべての者たちにとっては大いなる恐れの日です。罪と不信仰のゆえに恥辱へとよみがえらされた彼らは、審判者キリストによって公に有罪の宣告を受け、永遠の破滅をもって罰せられ、それによって神の正義の栄光が表されます。」この項目に関して、議場からは、「こうした告白がなされると、未信者の方に躓きを与える。」と言った声も聞かれました。また、「恥辱」という言葉は強すぎるのではないかと言った意見も出されました。しかし、主は、罪の故の世の裁きをはっきりと語っておられます。そして、裁きから救いに入れられるために、主を信じるように求めておられるのです。裁きを語ることは、慎重に、配慮をもってなされなければなりません。しかし主がお語りになられていることを隠したままでいると、恵みと祝福に満ちた主を求める者は、現れないのです。
 アブラハムは、初めて主の裁きについて聞いたことでしょう。アブラハムの言葉は(23-)、私たちキリスト者の言葉を代弁している言葉です。「塵あくたにすぎないわたしですが、あえて、わが主に申し上げます。」(27)主なる神様は天地万物を創造されたお方です。そして「主なる神は、土(アダマ)の塵で人(アダム)を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた」のです(2:7)。主のご計画に対して、人間は物申す立場にはないのです。にもかかわらず、私たちは主に語ろうとしています。そしてまた、主は、私たちの意見を祈りを通して語ることを良しとして下さっています。これはまさしく子供のわがままを親が受け入れるような、愛と信頼関係があるからこそなされる行為です。
 アブラハムは進み出て語ります。「まことにあなたは、正しい者を悪い者と一緒に滅ぼされるのですか。・・」(23-25)。主はアブラハムの要求を受け入れます。そして主は最後に、「その十人のためにわたしは滅ぼさない」(32)と語られます。しかし主の真理は、一人でも正しい者がいたならば、滅ぼされないのではないのです(エレミヤ5:1)。
 言い換えますと、主がご計画された救われる人たちは、主によって定められています。その誰一人、裁きにあってはならないのです。だからこそ、主は彼らが主を受け入れ信じるまで、今なおその時を、主は待っていて下さるのです。それは、今も継続しています。主イエスが天に召された時、伝道命令を出されました(マタイ28:19-20)。この命令は、主が神の子とされる神の民が満たされるまで、伝道するように語っておられるのです。
 次回の説教箇所になりますが、創世記19章において、ソドムが滅ぼされるにあたって、主は神の民であるアブラハムの甥のロトと家族を救い出します。その後、主はソドムを滅ぼされたのであり、そこには主の民はいないのですね。終末の時も同様です。主は最後の一人が救われるまで、最後の審判の時をお待ち下さるのです。そして塵あくたに過ぎないアブラハムを救われたように、私たちの生命をお救い下さいます。


                                              (2005.6.19)
COPYRIGHT(C) 2005 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る