トップ > 説教要約 > 創世記説教(19章)


【礼拝説教】  「救い出された者たち」  辻 幸宏牧師

創世記19章30〜38節

19:30 ロトはツォアルを出て、二人の娘と山の中に住んだ。ツォアルに住むのを恐れたからである。
    彼は洞穴に二人の娘と住んだ。
19:31 姉は妹に言った。「父も年老いてきました。この辺りには、世のしきたりに従って、わたしたちの
    ところへ来てくれる男の人はいません。
19:32 さあ、父にぶどう酒を飲ませ、床を共にし、父から子種を受けましょう。」
19:33 娘たちはその夜、父親にぶどう酒を飲ませ、姉がまず、父親のところへ入って寝た。
    父親は、娘が寝に来たのも立ち去ったのも気がつかなかった。
19:34 あくる日、姉は妹に言った。「わたしは夕べ父と寝ました。今晩も父にぶどう酒を飲ませて、
    あなたが行って父と床を共にし、父から子種をいただきましょう。」
19:35 娘たちはその夜もまた、父親にぶどう酒を飲ませ、妹が父親のところへ行って寝た。
    父親は、娘が寝に来たのも立ち去ったのも気がつかなかった。
19:36 このようにして、ロトの二人の娘は父の子を身ごもり、
19:37 やがて、姉は男の子を産み、モアブ(父親より)と名付けた。彼は今日のモアブ人の先祖で
    ある。
19:38 妹もまた男の子を産み、ベン・アミ(わたしの肉親の子)と名付けた。彼は今日のアンモンの
    人々の先祖である。


マタイによる福音書1章1〜6節

1:1 アブラハムの子ダビデの子、イエス・キリストの系図。
1:2 アブラハムはイサクをもうけ、イサクはヤコブを、ヤコブはユダとその兄弟たちを、
1:3 ユダはタマルによってペレツとゼラを、ペレツはヘツロンを、ヘツロンはアラムを、
1:4 アラムはアミナダブを、アミナダブはナフションを、ナフションはサルモンを、
1:5 サルモンはラハブによってボアズを、ボアズはルツによってオベドを、オベドはエッサイを、
1:6 エッサイはダビデ王をもうけた。


 主なる神様は、罪に満ちた町ソドムとゴモラを滅ぼしましたが、アブラハムの甥ロトとその二人の娘たちは、小さい町ツォアルに逃げることにより、主によって救い出されました。しかしロトたちは、そのツォアルを出て、山の中に住んだのです。そのは理由は、本来このツォアルの町は、主が滅ぼされると語られた地域に含まれていたのであり、この町も、罪に汚れ道徳的にも乱れた地域であったからです。このロトの判断は一見正しかったでしょう。しかし反面、ロトの判断には誤りがありました。ここでは、ソドムが滅ぼされる時のように急ぐ必要はないのです。山に逃れなくとも、別の町に逃れることも出来たはずです。伯父アブラハムもいました。一番頼りになる伯父の所に行くことは、十分に考えることが出来たはずです。ロトはアブラハムが主によって大いなる祝福に満たされていたことを知っていたのです(13:1-9)。つまりロトは、お救い下さった主に判断を仰ぐことなく、自らの判断で行動したことに対する判断の誤りがあったのです。
 そうすると、すぐにロトの過ちが、現実の罪として現れて来ます。この山の中の洞穴には、ロトと二人の娘たちしかいません。姉は妹に言った。「父も年老いてきました。この辺りには、世のしきたりに従って、わたしたちのところへ来てくれる男の人はいません。」(31)そして妹もそれに同意致します。彼女たちは、自らの欲望に赴くままにこうした行為をしたのではなく、子孫を得たいとの思いがここにあったことは、事実です。子孫を残さなければならないとの思いに駆られることは、十分理解できることです。しかし、主の厳しい裁きを見てきた彼女たちにとって、罪の刑罰は理解していたはずです。しかも主が裁かれたのはソドムとゴモラの地域だけであり、全世界を裁かれたのではありません。他の町に移ることも考えられたのです。しかし彼女たちは周囲に目を配ることが出来ず、自分と結婚してくれるような男性はいないと判断したのです。私たちも、どの様な状況の中にあっても、全体を見渡し、状況を的確に、信仰的に判断することが求められているのです。
 そして彼女たちは、近親相姦が重い罪であるという罪認識が、罪に汚れた地域に住んでいたことによって、希薄になっていたとも言えるでしょう。
 また、同時にロトの罪も改めて明らかになります。それは彼が彼女たちの行為が分からないまで酔ったことです(33,35)。酒を飲むこと自体は責められません。しかし泥酔し意識を失い、罪を思いとどまらせることが出来なかったことは責任が問われる行為です。
 その後、彼女たちの子供は、モアブ人・アンモン人の先祖となります(36-38)。彼らとアブラハムの子孫であるイスラエルとは親戚関係にある、良好な関係が築かれます。しかし、忌まわしい罪によって始まったモアブ人・アンモン人は、その子孫にも受け継がれます。そしてイスラエルにもその影響が及ぼされ、イスラエルに性的な誘惑と偶像崇拝を持ち込みます。(民数記25:1-3)。そしてその後は、イスラエルにとってモアブ・アンモンの両国が、イスラエルを脅かす国々となっていき、戦いが繰り返されていくのです。
 しかしながら、主はなおもアブラハムの甥ロトの子孫に対して、目を向けて下さいます。ルツはモアブ人(ルツ1:1-5)でしたが、イエス・キリストの系図において名が記される恵みと祝福に与ります(マタイ1:1-6)。
 人は、主から離れ、この世の罪に汚れ、主の御前に忌まわしい罪を行う者となります。そこにはソドムとゴモラが裁かれたように、罪の裁きしかありません。しかし、主はなおもロトと娘たちに目を止め、救いをお与え下さいました。それと同じように、モアブ人の一人の女性ルツを、特に目を止め、救い主イエス・キリストの系図に書き留められる恵みと祝福に与るものとしてくださったのです。
 そして主は、現在の日本に住む私たちにも目を向けて下さいます。誰もが主による救いを依り求めようとしない今、主は私たちを救いに導くために、神様の御前である教会の礼拝の場に招いて下さっています。そして救い主イエス・キリストによる罪の赦しと救いを、御言葉により、そしてこの後なされる聖餐の礼典において、確認させて下さろうとしています。主によって与えられた救いに感謝をもって、受け入れて頂きたいと願います。

                                            (2005.7.3)
COPYRIGHT(C) 2005 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る