トップ > 説教要約 > 創世記説教(20章)


【礼拝説教】  「繰り返される罪」  辻 幸宏牧師

創世記20章1〜18節
20:1 アブラハムは、そこからネゲブ地方へ移り、カデシュとシュルの間に住んだ。
   ゲラルに滞在していたとき、
20:2 アブラハムは妻サラのことを、「これはわたしの妹です」と言ったので、
   ゲラルの王アビメレクは使いをやってサラを召し入れた。
20:3 その夜、夢の中でアビメレクに神が現れて言われた。
   「あなたは、召し入れた女のゆえに死ぬ。その女は夫のある身だ。」
20:4 アビメレクは、まだ彼女に近づいていなかったので、
   「主よ、あなたは正しい者でも殺されるのですか。
20:5 彼女が妹だと言ったのは彼ではありませんか。また彼女自身も、
   『あの人はわたしの兄です』と言いました。わたしは、全くやましい考えも
   不正な手段でもなくこの事をしたのです」と言った。
20:6 神は夢の中でアビメレクに言われた。「わたしも、あなたが全くやましい考えでなしに
   この事をしたことは知っている。だからわたしも、あなたがわたしに対して罪を
   犯すことのないように、彼女に触れさせなかったのだ。
20:7 直ちに、あの人の妻を返しなさい。彼は預言者だから、あなたのために祈り、
   命を救ってくれるだろう。しかし、もし返さなければ、あなたもあなたの家来も皆、
   必ず死ぬことを覚悟せねばならない。」
20:8 次の朝早く、アビメレクは家来たちを残らず呼び集め、一切の出来事を語り聞かせたので、
   一同は非常に恐れた。
20:9 アビメレクはそれから、アブラハムを呼んで言った。「あなたは我々に何ということをしたのか。
   わたしがあなたにどんな罪を犯したというので、あなたはわたしとわたしの王国に
   大それた罪を犯させようとしたのか。あなたは、してはならぬことをわたしにしたのだ。」
20:10 アビメレクは更に、アブラハムに言った。「どういうつもりで、こんなことをしたのか。」
20:11 アブラハムは答えた。「この土地には、神を畏れることが全くないので、
   わたしは妻のゆえに殺されると思ったのです。
20:12 事実、彼女は、わたしの妹でもあるのです。わたしの父の娘ですが、
   母の娘ではないのです。それで、わたしの妻となったのです。
20:13 かつて、神がわたしを父の家から離して、さすらいの旅に出されたとき、わたしは妻に、
   『わたしに尽くすと思って、どこへ行っても、わたしのことを、
   この人は兄ですと言ってくれないか』と頼んだのです。」
20:14 アビメレクは羊、牛、男女の奴隷などを取ってアブラハムに与え、また、妻サラを返して、
20:15 言った。「この辺りはすべてわたしの領土です。好きな所にお住まいください。」
20:16 また、サラに言った。「わたしは、銀一千シェケルをあなたの兄上に贈りました。
   それは、あなたとの間のすべての出来事の疑惑を晴らす証拠です。
   これであなたの名誉は取り戻されるでしょう。」
20:17 アブラハムが神に祈ると、神はアビメレクとその妻、および侍女たちをいやされたので、
   再び子供を産むことができるようになった。
20:18 主がアブラハムの妻サラのゆえに、アビメレクの宮廷のすべての女たちの胎を
   堅く閉ざしておられたからである。


 創世記20:1-18は、12:10-20とほぼ同一内容の罪が語られています。従って文書資料説を唱える聖書学者たちは、この二つの記事を一つの記事であったと結論します。しかし聖書においては、同じような罪が繰り返されます。特に旧約聖書全体を通して、イスラエルは同じ罪を繰り返します。この様に同じ罪が繰り返して語られるのは、私たち人間の持っている罪の本質が、ここに示されているからです。特に日本人は、熱しやすく冷めやすいと言われます。一時的には感情が盛り上がりますが、時が来れば全く忘れてしまうのです。こうしたことは信仰にも言えるのです。そして以前に行った罪を忘れ、同じ罪を繰り返すのです。私たちはこの人間の持っている罪の根深さを、真摯に受け入れる必要があります。
 今日の聖書箇所で同じ罪を繰り返したのは、信仰の父アブラハムです。アブラハムですら罪を繰り返したのです。なおさら私たちは、弱く、同じ罪を繰り返すことでしょう。
 では、アブラハムはどの様な状況で罪を繰り返したのでしょうか。「アブラハムは、そこからネゲブ地方へ移り、カデシュとシュルの間に住んだ」(1)。アブラハムは甥のロトと別れ、ヘブロンにあるマムレの樫のところに来て住んだいました(13:18)。ここはロトが住んでいたソドムからは少し離れていたことでしょう。しかし、アブラハムにとっては、ソドムが滅ぼされ、後味の悪い結果となり、新たな居住地を探し求め移住したのでしょう。そうした中、アブラハムは妻サラのことを、「これはわたしの妹です」と言ったのです(2)。異教徒の中で、神様を信じる者が暮らしていくことが困難であることは、前回も語ったことであり、その中で生き延びていくための手段がこうした姑息な手段を用いることであったのでしょう。旅の最中、思わず取った行動であったかも知れません。
 しかしアブラハムにとっては、新たな契約が結ばれ、割礼を授かり(17章)、イサクの誕生の予告がされた(18章)直後です。そして直後に約束の子イサクが誕生します(21章)。信仰生活は、いたって順調であったと言ってよいかと思います。神様の恵みと祝福が満ちあふれている中での事件であったのです。このことは、前回の出来事(12章)が、アブラハムが主から召しを受けた後の出来事であった事とも、類似しています。両者の場合共ですが、ここにアブラハムに油断があったとも言えるでしょう。人は、恵みと祝福に満ちて、安泰としている時、油断が生じます。そこにサタンはつけ込み、罪が混入してくるのです。
 この様に、人間とは、どれだけ神様からの恵みと祝福に満ちあふれていたとしても、主イエス・キリストの十字架によって罪の赦しが示され、永遠の生命の約束が示されたとしても、そこに油断が生じた時、罪を犯してしまいます。これが人間の弱さであり罪です。
 また同時に、神様からのこうした恵みと祝福が当たり前のものとなってしまい、救いの喜びが希薄になってくる頃、罪意識が薄れ、罪を犯してしまうのです。
 こうした二つの危険性を、私たちは常に秘めて生活しているのです。
 だからこそ私たちは、罪を繰り返して犯すことを逃れるため、常に御言葉に聞くことが求められるのです。御言葉が語ることは、人の罪、主イエス・キリストの十字架による罪の赦し、体の甦りと永遠の生命の約束です。私たちはこの御言葉を、主の日の礼拝、家庭礼拝、個人礼拝において、日々、聞き続けるのです。これは主の命令であると同時に、主の愛です。罪に罪を繰り返す私たちを、なお主が愛し救って下さろうとして下さるからこそ、罪から守るために、命令されているのです。
 ですから、新興宗教になどにおいて、洗脳し、繰り返し教え込み、他の状況を正しく判断することが出来なくすることとは全く異なります。全く逆なのです。つまり洗脳することは、外部との連絡がない状態で、一つのことを覚えさせられ、あたかもそれが全てであり、正しい情報であると思わされます。しかし、神様を信じることは、繰り返し繰り返し、神の言葉が教えられます。しかし、洗脳とは逆に外部の情報を多く集め、そこにある罪の存在、自らの罪の姿、自らの手によっては救いを獲得できない事実を確認することにより、私を救って下さるのは、主なる神様以外にはいないことを御言葉より確認し信じるのです。
 従って、アブラハムでさえ、同じ罪を繰り返したように、私たち人間は弱く、罪を犯す存在だからこそ、毎週毎週礼拝における恵みと祝福に与り、家庭や個人における聖書の学びと祈りによって、社会状況をつぶさに知り、社会の罪、その中にある自らの罪の姿を知り、自らの罪を悔い改めると同時に、罪を繰り返さないよう、神の子にふさわしい歩みを行っていくことが出来るように、願い、祈り求めなければならないのです。

                                            (2005.7.17)
COPYRIGHT(C) 2005 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る