トップ > 説教要約 > 創世記説教(21章)


【礼拝説教】  「神の約束の成就」  辻 幸宏牧師

創世記21章1〜21節

21:1 主は、約束されたとおりサラを顧み、さきに語られたとおりサラのために行われたので、
21:2 彼女は身ごもり、年老いたアブラハムとの間に男の子を産んだ。
    それは、神が約束されていた時期であった。
21:3 アブラハムは、サラが産んだ自分の子をイサクと名付け、
21:4 神が命じられたとおり、八日目に、息子イサクに割礼を施した。
21:5 息子イサクが生まれたとき、アブラハムは百歳であった。
21:6 サラは言った。「神はわたしに笑いをお与えになった。
    聞く者は皆、わたしと笑い(イサク)を/共にしてくれるでしょう。」
21:7 サラはまた言った。「誰がアブラハムに言いえたでしょう
    サラは子に乳を含ませるだろうと。しかしわたしは子を産みました
    年老いた夫のために。」
21:8 やがて、子供は育って乳離れした。
    アブラハムはイサクの乳離れの日に盛大な祝宴を開いた。
21:9 サラは、エジプトの女ハガルがアブラハムとの間に産んだ子が、
    イサクをからかっているのを見て、
21:10 アブラハムに訴えた。「あの女とあの子を追い出してください。
    あの女の息子は、わたしの子イサクと同じ跡継ぎとなるべきではありません。」
21:11 このことはアブラハムを非常に苦しめた。その子も自分の子であったからである。
21:12 神はアブラハムに言われた。「あの子供とあの女のことで苦しまなくてもよい。
    すべてサラが言うことに聞き従いなさい。あなたの子孫はイサクによって伝えられる。
21:13 しかし、あの女の息子も一つの国民の父とする。彼もあなたの子であるからだ。」
21:14 アブラハムは、次の朝早く起き、パンと水の革袋を取ってハガルに与え、
    背中に負わせて子供を連れ去らせた。
    ハガルは立ち去り、ベエル・シェバの荒れ野をさまよった。
21:15 革袋の水が無くなると、彼女は子供を一本の灌木の下に寝かせ、
21:16 「わたしは子供が死ぬのを見るのは忍びない」と言って、矢の届くほど離れ、
    子供の方を向いて座り込んだ。彼女は子供の方を向いて座ると、声をあげて泣いた。
21:17 神は子供の泣き声を聞かれ、天から神の御使いがハガルに呼びかけて言った。
    「ハガルよ、どうしたのか。恐れることはない。神はあそこにいる子供の泣き声を聞かれた。
21:18 立って行って、あの子を抱き上げ、お前の腕でしっかり抱き締めてやりなさい。
    わたしは、必ずあの子を大きな国民とする。」
21:19 神がハガルの目を開かれたので、彼女は水のある井戸を見つけた。
    彼女は行って革袋に水を満たし、子供に飲ませた。
21:20 神がその子と共におられたので、その子は成長し、荒れ野に住んで弓を射る者となった。
21:21 彼がパランの荒れ野に住んでいたとき、母は彼のために妻をエジプトの国から迎えた。

ヘブライ人への手紙11章8〜16節
11:8 信仰によって、アブラハムは、自分が財産として受け継ぐことになる土地に出て行くように
    召し出されると、これに服従し、行き先も知らずに出発したのです。
11:9 信仰によって、アブラハムは他国に宿るようにして約束の地に住み、同じ約束されたものを
    共に受け継ぐ者であるイサク、ヤコブと一緒に幕屋に住みました。
11:10 アブラハムは、神が設計者であり建設者である堅固な土台を持つ都を待望していたからです。
11:11 信仰によって、不妊の女サラ自身も、年齢が盛りを過ぎていたのに子をもうける力を得ました。
    約束をなさった方は真実な方であると、信じていたからです。
11:12 それで、死んだも同様の一人の人から空の星のように、また海辺の数えきれない砂のように、
    多くの子孫が生まれたのです。
11:13 この人たちは皆、信仰を抱いて死にました。約束されたものを手に入れませんでしたが、
    はるかにそれを見て喜びの声をあげ、自分たちが地上ではよそ者であり、仮住まいの者で
    あることを公に言い表したのです。
11:14 このように言う人たちは、自分が故郷を探し求めていることを明らかに表しているのです。
11:15 もし出て来た土地のことを思っていたのなら、戻るのに良い機会もあったかもしれません。
11:16 ところが実際は、彼らは更にまさった故郷、すなわち天の故郷を熱望していたのです。
    だから、神は彼らの神と呼ばれることを恥となさいません。
    神は、彼らのために都を準備されていたからです。


 今、H兄が主から洗礼を授かりました。神の国の民が一人加えられたことは、主にとっても、地上の教会である大垣教会にとっても喜びです。今回の洗礼式のことを予告して以来、兄弟に対して「よく決断したね」とか、牧師である私に対して「よく頑張ったね」と言った言葉をかけて頂きます。しかしH兄が洗礼を授かったのは彼の決断ですか?私の成果ですか? 彼自身が主によって召され、聖霊の働きに満たされて信仰を持つ以外に生きる道がないと押し出されたのです。そのために牧師として召された私が主に用いられたのです。ですから私たちはここで人間的な喜びではなく、ここに生きて働き、私たちを救い給う主のダイナミックな御業を覚え、感謝し、喜びを共にしなければなりません。
 さて、今日与えられた御言葉にも主の大いなる御業が語られます。アブラハムは主によって召された時75歳でしたが、今は100歳です。神様の約束は、妻サラを通して子孫が授かることであり、彼らはそのことを主に祈り続けてきたことでしょう。しかし長い間、祈りは聞き入れられず、主の約束は果たされないでいました。そのため彼らは主の約束を疑ったこともあります。だからこそ妻サラが、女奴隷ハガルをアブラハムに与え、アブラハムはハガルによって息子イシュマエルを授かったのです。
 しかし主はアブラハムとサラへの約束を反故にはされません。25年間、主の約束を信じ、果たされぬ約束を忍耐をもって待ち続け、彼らの信仰を養って下さいました。そしてアブラハムが100歳になった時、ようやく主は彼らに約束の子イサクを授けられます。それは彼ら自身の信仰のためばかりではなく、人間の力では不可能であることを、主は成し遂げることが出来ることを、彼らを通して私たちに示しておられるのです。
 だからこそ主は、長い間不妊の女という不名誉なレッテルが貼られたサラを顧みられます(1)。これは主の愛です。25年の間、主は彼女を忘れていません。主は彼女のことを心に留めつつも、約束の成就の時が来るのを待っておられたのです。
 アブラハムは、主が語られた通り生まれた子にイサク(笑い)と名付けます(17:19)。サラは不信仰な嘲笑に満ちて笑いました(18:12)。しかしその笑いが、ここでは90歳にして母となるサラの微笑ましい笑いとなります。主はサラの不信仰を赦し、サラを包み込むような主の愛から出てくる笑いがここにあります。
 このことは同時に、アブラハムとサラを訪れた者たちが、幼子であるイサクと出会うことにより、不可能を可能にする主の御業を直接見て、それを受け入れるしかない状態に、置かれるのです。ここに主がおられ、働かれているのです。これは、まさに主イエスの御言葉、御業、奇跡と出会った者に、求められたものと同じであり、今、H兄を、聖霊を通して、主への信仰告白へとお導き下さった主の働きも、同じなのです。
 しかし同時にイサクの誕生は、アブラハムとハガルの子イシュマエルの問題となります。彼はすでに14歳です。今まではアブラハムの跡継ぎとしての地位にありました。しかしそれが奪われたのです。だからこそイシュマエルはイサクをからかいます(9、ガラテヤ4:28-29)。ここに人間社会が浮き彫りになります。一方に主なる神様の御業が示され、主の救いの約束が示されますが、同時に、人間の罪もここに浮かび上がります。しかしこのことも主は最も良き解決をお与え下さいます(12-13)。イシュマエルを家から出すことにより、今後衝突が起こらないようします。そしてイサクが、ヤコブを通してイスラエルの父となるように、イシュマエルも一つの民族となります(創世記25:12-18)。
 アブラハムの時代は、幕屋すら与えられていませんでした(参照:ヘブライ11:8-16)。ようやく空の多くの星の中、一つの星が見えたばかりです。しかし彼は、主の約束を信じました。そしてイエス・キリストに連なるイスラエルの民も、主の約束を信じ、神の国に受け入れられていきます。では、今ここに集う私たちはいかがでしょうか? 救い主イエス・キリストは、この世に来られ、十字架と復活の御業を成し遂げて下さいました。今、私たちに与えられている地上の教会である大垣教会は、アブラハムの時代同様、仮の住まいであることは確かです。しかし、完成された神の国を見据え、その前味としての礼拝に、私たちは招かれているのです。私たちは、今日、H兄弟の信仰告白を通して、主がここに働いておられることを確認したのです。主の約束は成就致します。だからこそ、最終的な主の約束である神の国の完成と、神の国における永遠の生命を、心から待ちわびつつ、日々、主と共にあることを、感謝をもって、喜んで歩み続けていきたいものです。


                                            (2005.7.24)
COPYRIGHT(C) 2005 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る