トップ > 説教要約 > 創世記説教(23章)


【礼拝説教】  「サラの死と埋葬」  辻 幸宏牧師

創世記23章1〜20節
23:1 サラの生涯は百二十七年であった。これがサラの生きた年数である。
23:2 サラは、カナン地方のキルヤト・アルバ、すなわちヘブロンで死んだ。
   アブラハムは、サラのために胸を打ち、嘆き悲しんだ。
23:3 アブラハムは遺体の傍らから立ち上がり、ヘトの人々に頼んだ。
23:4 「わたしは、あなたがたのところに一時滞在する寄留者ですが、あなたがたが
   所有する墓地を譲ってくださいませんか。亡くなった妻を葬ってやりたいのです。」
23:5 ヘトの人々はアブラハムに答えた。「どうか、
23:6 御主人、お聞きください。あなたは、わたしどもの中で神に選ばれた方です。
   どうぞ、わたしどもの最も良い墓地を選んで、亡くなられた方を葬ってください。
   わたしどもの中には墓地の提供を拒んで、亡くなられた方を葬らせない者など、
   一人もいません。」
23:7 アブラハムは改めて国の民であるヘトの人々に挨拶をし、
23:8 頼んだ。「もし、亡くなった妻を葬ることをお許しいただけるなら、ぜひ、わたしの願いを
   聞いてください。ツォハルの子、エフロンにお願いして、
23:9 あの方の畑の端にあるマクペラの洞穴を譲っていただきたいのです。
   十分な銀をお支払いしますから、皆様方の間に墓地を所有させてください。」
23:10 エフロンはそのとき、ヘトの人々の間に座っていた。ヘトの人エフロンは、町の門の
   広場に集まって来たすべてのヘトの人々が聞いているところで、アブラハムに答えた。
23:11 「どうか、御主人、お聞きください。あの畑は差し上げます。あそこにある洞穴も
   差し上げます。わたしの一族が立ち会っているところで、あなたに差し上げますから、
   早速、亡くなられた方を葬ってください。」
23:12 アブラハムは国の民の前で挨拶をし、
23:13 国の民の聞いているところで、エフロンに頼んだ。「わたしの願いを聞き入れて
   くださるなら、どうか、畑の代金を払わせてください。どうぞ、受け取ってください。
   そうすれば、亡くなった妻をあそこに葬ってやれます。」
23:14 エフロンはアブラハムに答えた。「どうか、
23:15 御主人、お聞きください。あの土地は銀四百シェケルのものです。それがあなたと
   わたしの間で、どれほどのことでしょう。早速、亡くなられた方を葬ってください。」
23:16 アブラハムはこのエフロンの言葉を聞き入れ、エフロンがヘトの人々が聞いている
   ところで言った値段、銀四百シェケルを商人の通用銀の重さで量り、エフロンに渡した。
23:17 こうして、マムレの前のマクペラにあるエフロンの畑は、土地とそこの洞穴と、
   その周囲の境界内に生えている木を含め、
23:18 町の門の広場に来ていたすべてのヘトの人々の立ち会いのもとに、
   アブラハムの所有となった。
23:19 その後アブラハムは、カナン地方のヘブロンにあるマムレの前のマクペラの畑の
   洞穴に妻のサラを葬った。
23:20 その畑とそこの洞穴は、こうして、ヘトの人々からアブラハムが買い取り、墓地として
   所有することになった。


ヘブライ人への手紙11章13〜16節
11:13 この人たちは皆、信仰を抱いて死にました。約束されたものを手に入れませんでしたが、
   はるかにそれを見て喜びの声をあげ、自分たちが地上ではよそ者であり、仮住まいの
   者であることを公に言い表したのです。
11:14 このように言う人たちは、自分が故郷を探し求めていることを明らかに表しているのです。
11:15 もし出て来た土地のことを思っていたのなら、戻るのに良い機会もあったかもしれません。
11:16 ところが実際は、彼らは更にまさった故郷、すなわち天の故郷を熱望していたのです。
   だから、神は彼らの神と呼ばれることを恥となさいません。神は、彼らのために都を準備
   されていたからです。


 聖書にはサラの死が記されています。私たちは、今年、F姉、M姉を、相次いで神のみもとにお送り致し、二人の死を通して、地上の生涯を終えても天に上げられ、体の復活を待って、永遠の生命が与えられていることを、覚えました。
 教会において信者が死ぬと、「地上の生涯は終えても、天における永遠に生きている」と遺族を慰めることがあります。しかし家族や親しい者の肉体の死を迎えた時、それは悲しいのです。一緒にいた者が今はいないのです。そして地上で再会することは出来ないのです。ですから「天国に行ったのだから、悲しまなくてもよい」といった言葉は、慰めにもならないのです。やはり悲しいのです。この感情を誰も奪うことは出来ないのです。ですから家族を慰めようとすれば、親しい者を失ったその事実を一緒に受け止めること、悲しみを享受することしか出来ないのではないでしょうか。
 そして親しい家族が死を迎えたからこそ、遺った肉体を丁重に葬ろうとすることとなるのです。アブラハムも、妻サラの死を嘆き悲しみ(2)、亡骸を丁重に葬ろうとします(3)。
 しかし、アブラハムは寄留者としての生活を続けており、亡骸を葬るための土地をもっていませんでした。アブラハムは主の祝福に満たされていたので土地を買い求める事もできていたでしょうが、それまでは土地を取得していませんでした。それは400年の間奴隷として仕え、その後脱出すると語られた主の言葉を信じていたからでしょう(15:13-16)。つまりこれまでアブラハムはあえて地上に自らの土地を求めてこなかったのです。天の故郷を熱望していたからであり(ヘブライ11:15-16)。地上では寄留者であっても良しと考えていたのです。だからこそサラの死に対しても、アブラハムは、ヘト人に対して墓地として利用する洞穴のみを求め、他の土地は求めようとしないのです(23:4,8-9)。
 ところがヘト人エフロンは、洞穴のみならず、周囲の畑の譲渡も申し出ます(11)。エフロンの狙いが何であったのか聖書は記しません。一つの説には、土地の一部のみを提供すれと、なおも土地の所有者が土地全体に対する納税義務が課せられたから、それを逃れるためであったとします。また、アブラハムが十分な銀を支払う約束をしたことから(9)、土地を買い取らせることで、大もうけを企てたのかもしれません。しかしアブラハムはエフロンの言葉を受け入れ、墓地用の洞穴を手に入れ、サラを葬ります(19)。そしてこのサラが葬られた土地に、アブラハム自身も葬られ(25:7-10)。さらにはアブラハムの子イサクと妻リベカ、ヤコブと妻レアも、この洞穴に葬られていくこととなります(49:29-32)。
 つまり、神による救いを信じ、天上の神の国を追い求めたアブラハムにとって、地上においては寄留者であり続け、定住の場所を持たなかったのですが、最愛なる妻サラを丁重に葬るために買い取ったこのヘブロンにあるマムレの前のマクペラの畑の洞穴を得たことにより、地上においてももはやさすらい人ではなく、約束の土地に入り、真実に神の子として、神の世継ぎを引き継ぐ者であることを、確認することができたのです。
 そしてこのヘブロンの地では、ダビデはユダの王として油注がれ、7年半の間この地を都に据えます。つまり、この後ダビデが都をエルサレムに移すのですが、それまでの間、約束の地としてヘブロンが中心的な位置を占めていくこととなるのです。
 しかしながら、葬られた亡骸はやがて土に帰ります。従って遺体の葬りは丁重に行いつつも、絶対化することは出来ません。しかし十字架の贖いをもって、アブラハムを、そして私たちを救いに導いて下さる主イエス・キリストは、もう一度この世に来られます。その時、神様によって召され死についた者は全て、朽ちることのない、永遠の生命に与る体が与えられ、神の国に入れられるのです。だからこそアブラハムは、妻サラの死を迎え、嘆き悲しんでおりますが、それはあくまでも地上での別れの悲しみであり、天上にある永遠の住みかである神の国に目を向け、神の国における永遠の喜びに満ちあふれた姿を求めているのです。私たちもやがては地上の生涯を終え、肉体の死の時を迎えます。そこには多くの人々の悲しみが伴います。しかし、本当の喜びに満ちあふれ、永遠の生命をお与え下さる主の約束を信じて、歩み続けて頂きたいものです。

                                            (2005.8.28)
COPYRIGHT(C) 2005 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る