トップ > 説教要約 > 創世記説教(26章)


【礼拝説教】  「争いと契約」  辻 幸宏牧師

創世記26章1〜35節

26:1 アブラハムの時代にあった飢饉とは別に、この地方にまた飢饉があったので、
   イサクはゲラルにいるペリシテ人の王アビメレクのところへ行った。
26:2 そのとき、主がイサクに現れて言われた。「エジプトへ下って行ってはならない。
   わたしが命じる土地に滞在しなさい。
26:3 あなたがこの土地に寄留するならば、わたしはあなたと共にいてあなたを祝福し、
   これらの土地をすべてあなたとその子孫に与え、あなたの父アブラハムに誓った
   わたしの誓いを成就する。
26:4 わたしはあなたの子孫を天の星のように増やし、これらの土地をすべてあなたの
   子孫に与える。地上の諸国民はすべて、あなたの子孫によって祝福を得る。
26:5 アブラハムがわたしの声に聞き従い、わたしの戒めや命令、掟や教えを守った
   からである。」
26:6 そこで、イサクはゲラルに住んだ。
26:7 その土地の人たちがイサクの妻のことを尋ねたとき、彼は、自分の妻だと言うのを
   恐れて、「わたしの妹です」と答えた。リベカが美しかったので、土地の者たちが
   リベカのゆえに自分を殺すのではないかと思ったからである。
26:8 イサクは長く滞在していたが、あるとき、ペリシテ人の王アビメレクが窓から下を眺めると、
   イサクが妻のリベカと戯れていた。
26:9 アビメレクは早速イサクを呼びつけて言った。「あの女は、本当はあなたの妻ではないか。
   それなのになぜ、『わたしの妹です』などと言ったのか。」「彼女のゆえにわたしは
   死ぬことになるかもしれないと思ったからです」とイサクは答えると、
26:10 アビメレクは言った。「あなたは何ということをしたのだ。民のだれかがあなたの
   妻と寝たら、あなたは我々を罪に陥れるところであった。」
26:11 アビメレクはすべての民に命令を下した。「この人、またはその妻に危害を加える者は、
   必ず死刑に処せられる。」
26:12 イサクがその土地に穀物の種を蒔くと、その年のうちに百倍もの収穫があった。
   イサクが主の祝福を受けて、
26:13 豊かになり、ますます富み栄えて、
26:14 多くの羊や牛の群れ、それに多くの召し使いを持つようになると、
   ペリシテ人はイサクをねたむようになった。
26:15 ペリシテ人は、昔、イサクの父アブラハムが僕たちに掘らせた井戸をことごとくふさぎ、
   土で埋めた。
26:16 アビメレクはイサクに言った。「あなたは我々と比べてあまりに強くなった。
   どうか、ここから出て行っていただきたい。」
26:17 イサクはそこを去って、ゲラルの谷に天幕を張って住んだ。
26:18 そこにも、父アブラハムの時代に掘った井戸が幾つかあったが、アブラハムの死後、
   ペリシテ人がそれらをふさいでしまっていた。イサクはそれらの井戸を掘り直し、
   父が付けたとおりの名前を付けた。
26:19 イサクの僕たちが谷で井戸を掘り、水が豊かに湧き出る井戸を見つけると、
26:20 ゲラルの羊飼いは、「この水は我々のものだ」とイサクの羊飼いと争った。
   そこで、イサクはその井戸をエセク(争い)と名付けた。彼らがイサクと争ったからである。
26:21 イサクの僕たちがもう一つの井戸を掘り当てると、それについても争いが生じた。
   そこで、イサクはその井戸をシトナ(敵意)と名付けた。
26:22 イサクはそこから移って、更にもう一つの井戸を掘り当てた。それについては、
   もはや争いは起こらなかった。イサクは、その井戸をレホボト(広い場所)と名付け、
   「今や、主は我々の繁栄のために広い場所をお与えになった」と言った。
26:23 イサクは更に、そこからベエル・シェバに上った。
26:24 その夜、主が現れて言われた。「わたしは、あなたの父アブラハムの神である。
   恐れてはならない。わたしはあなたと共にいる。わたしはあなたを祝福し、
   子孫を増やす/わが僕アブラハムのゆえに。」
26:25 イサクは、そこに祭壇を築き、主の御名を呼んで礼拝した。彼はそこに天幕を張り、
   イサクの僕たちは井戸を掘った。
26:26 アビメレクが参謀のアフザトと軍隊の長のピコルと共に、ゲラルからイサクのところに来た。
26:27 イサクは彼らに尋ねた。「あなたたちは、わたしを憎んで追い出したのに、
   なぜここに来たのですか。」
26:28 彼らは答えた。「主があなたと共におられることがよく分かったからです。
   そこで考えたのですが、我々はお互いに、つまり、我々とあなたとの間で誓約を交わし、
   あなたと契約を結びたいのです。
26:29 以前、我々はあなたに何ら危害を加えず、むしろあなたのためになるよう計り、
   あなたを無事に送り出しました。そのようにあなたも、我々にいかなる害も与えないで
   ください。あなたは確かに、主に祝福された方です。」
26:30 そこで、イサクは彼らのために祝宴を催し、共に飲み食いした。
26:31 次の朝早く、互いに誓いを交わした後、イサクは彼らを送り出し、彼らは安らかに
   去って行った。
26:32 その日に、井戸を掘っていたイサクの僕たちが帰って来て、「水が出ました」と報告した。
26:33 そこで、イサクはその井戸をシブア(誓い)と名付けた。そこで、その町の名は、
   今日に至るまで、ベエル・シェバ(誓いの井戸)といわれている。
26:34 エサウは、四十歳のときヘト人ベエリの娘ユディトとヘト人エロンの娘バセマトを
   妻として迎えた。
26:35 彼女たちは、イサクとリベカにとって悩みの種となった。



 創世記26章に入り時代はアブラハムの時代からイサクの時代に移ります。今日のこの箇所で注目して頂きたいのは、@イサクの時代の人々とアブラハムの時代の人々との間に違いがあるのかであり、Aこの間の主なる神さまの人間に対する姿はどうであるかを確認して頂きたいのです。さらに延長して、アブラハムやイサクの時代と現代とは、違いがあるのか、ないのかを考えていかなければなりません。
 主がイサクにエジプトに下ってはならないと語られた(2)ことは、アブラハムの時代の飢饉の時、アブラハムがエジプトに下ったこと(12章後半)とは異なった判断です。これは、この土地こそが約束の地であり、人間的にはこの危機を乗り越えることが困難であるようなことに関しても、主が乗り越えさせて下さることを信じる信仰に立たせるためなのです。
 つまりイサクがゲラルに留まることは、エジプトに下るに比べれば茨の道です。しかし、主はイサクに主を信じ、全てを主に委ねることを求めます。この主の求めは、主がアブラハムに対して誓われた通り、アブラハムを救い、アブラハムから天の星のような子孫が与えられる祝福を得るために(3)、真の信仰が受け継がれていくために必要な命令でした。そしてこれは神の愛です。そしてこの主の約束は、アブラハムに語られた時と全く変わることなく、愛と恵みに満ちたものです。そしてイサクはこのゲラルの地に留まることにおいて、飢饉の苦しみがあるにも関わらず、その年のうちに百倍もの収穫を得るのです(12)。
 では人間の側はどうでしょうか。私たちは今、科学技術が発達して、何不自由ない生活をすることが許されているわけで、人間は進化すると心の中で思っているのだと思います。そして同じような失敗などしないと思っているのです。しかしイサクの行った行動(7-8)は、アブラハムが取った罪(12:11-13、20:2)を繰り返したに過ぎないのです。
 またペリシテ人は、アブラハムの井戸をことごとくふさぎ土で埋めます(15)。井戸をふさぐことは、戦争が起こるような問題です。現在の石油の利権と置き換えても良いでしょう。当時も井戸の利権を求めて戦争を繰り返すのです(21:22-26)。人の罪は繰り返されます。自らの利権が守られるように戦争をも繰り返すのです。
 そしてそのことは同時に、アブラハムとペリシテのアビメレクとの間でこの井戸のことにおいて契約が結ばれ、この場所をベエル・シェバと呼ぶようになりますが(21:29〜33)、この契約が破られたことも意味するのです。再びベエル・シェバにおいてイサクとアビメレクとの間で契約が結ばれますが(26:26-33)、ここでもアビメレクが主が共にいるイサクを恐れて契約を結んだのですが、永続的な契約とならず、今の自分の保身のためになされたのです。従って以前の契約が破棄され井戸をめぐる争いが再発したように、互いの利害関係が変化すれば、人間相互に結ばれている契約は破棄され、再び争い・戦争が繰り返されることとなっていくのです。これが人間の罪の姿です。
 だからこそ、私たちは聖書の御言葉を耳にすると同時に、歴史から学ばなければなりません。歴史とは覚えるものではなく、そこで働いた人間の業、つまり罪の姿をつぶさに覚えることです。この罪は過去の人の罪ですが、同時に同じ罪を私たちも犯す恐れがあるものとして、罪を繰り返さない思いをもって学び続けなければなりません。今の日本ではこうした教育がなされていません。歴史がただ美化され、肯定されています。こうした時代に、人間は罪を繰り返すのです。私たちはこの様な社会の中に、キリスト者としておかれています。罪を繰り返してはならないのです。
 一方、主なる神さまが私たち人間と結んで下さった救いの契約は不変です。主なる神さまがアブラハムに、イサクに、そして私たちに約束して下さっている契約は、主の一方的な恵みによって罪の赦しと永遠の生命が約束されているのです。そのために御子イエス・キリストが十字架に架かられたのです。そして恵みと祝福、つまりは罪の赦しと永遠の生命を信じ、主の御声に聞き従い、主の戒めと命令、掟や教えを守ることにより、主は私たちを救いに導いて下さるのです。自らの罪の姿を省み、悔い改め、無条件に罪の赦しと永遠の生命をお与え下さる主を信じて歩み続けていきたいものです。

                                            (2005.9.25)
COPYRIGHT(C) 2005 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る