トップ > 説教要約 > 創世記説教(27章)


【礼拝説教】  「人の謀略と神の御心」  辻 幸宏牧師

創世記27章1〜29節

27:1 イサクは年をとり、目がかすんで見えなくなってきた。そこで上の息子のエサウを
   呼び寄せて、「息子よ」と言った。エサウが、「はい」と答えると、
27:2 イサクは言った。「こんなに年をとったので、わたしはいつ死ぬか分からない。
27:3 今すぐに、弓と矢筒など、狩りの道具を持って野に行き、獲物を取って来て、
27:4 わたしの好きなおいしい料理を作り、ここへ持って来てほしい。死ぬ前にそれを食べて、
   わたし自身の祝福をお前に与えたい。」
27:5 リベカは、イサクが息子のエサウに話しているのを聞いていた。エサウが獲物を
   取りに野に行くと、
27:6 リベカは息子のヤコブに言った。「今、お父さんが兄さんのエサウにこう言っているのを
   耳にしました。
27:7 『獲物を取って来て、あのおいしい料理を作ってほしい。わたしは死ぬ前にそれを食べて、
   主の御前でお前を祝福したい』と。
27:8 わたしの子よ。今、わたしが言うことをよく聞いてそのとおりにしなさい。
27:9 家畜の群れのところへ行って、よく肥えた子山羊を二匹取って来なさい。わたしが、
   それでお父さんの好きなおいしい料理を作りますから、
27:10 それをお父さんのところへ持って行きなさい。お父さんは召し上がって、亡くなる前に
   お前を祝福してくださるでしょう。」
27:11 しかし、ヤコブは母リベカに言った。「でも、エサウ兄さんはとても毛深いのに、
   わたしの肌は滑らかです。
27:12 お父さんがわたしに触れば、だましているのが分かります。
   そうしたら、わたしは祝福どころか、反対に呪いを受けてしまいます。」
27:13 母は言った。「わたしの子よ。そのときにはお母さんがその呪いを引き受けます。
   ただ、わたしの言うとおりに、行って取って来なさい。」
27:14 ヤコブは取りに行き、母のところに持って来たので、母は父の好きなおいしい料理を
   作った。
27:15 リベカは、家にしまっておいた上の息子エサウの晴れ着を取り出して、
   下の息子ヤコブに着せ、
27:16 子山羊の毛皮を彼の腕や滑らかな首に巻きつけて、
27:17 自分が作ったおいしい料理とパンを息子ヤコブに渡した。

27:18 ヤコブは、父のもとへ行き、「わたしのお父さん」と呼びかけた。
   父が、「ここにいる。わたしの子よ。誰だ、お前は」と尋ねると、
27:19 ヤコブは言った。「長男のエサウです。お父さんの言われたとおりにしてきました。
   さあ、どうぞ起きて、座ってわたしの獲物を召し上がり、お父さん自身の祝福をわたしに
   与えてください。」
27:20 「わたしの子よ、どうしてまた、こんなに早くしとめられたのか」と、イサクが息子に
   尋ねると、ヤコブは答えた。「あなたの神、主がわたしのために計らってくださったからです。」
27:21 イサクはヤコブに言った。「近寄りなさい。わたしの子に触って、
   本当にお前が息子のエサウかどうか、確かめたい。」
27:22 ヤコブが父イサクに近寄ると、イサクは彼に触りながら言った。
   「声はヤコブの声だが、腕はエサウの腕だ。」
27:23 イサクは、ヤコブの腕が兄エサウの腕のように毛深くなっていたので、
   見破ることができなかった。そこで、彼は祝福しようとして、
27:24 言った。「お前は本当にわたしの子エサウなのだな。」
   ヤコブは、「もちろんです」と答えた。
27:25 イサクは言った。「では、お前の獲物をここへ持って来なさい。それを食べて、
   わたし自身の祝福をお前に与えよう。」ヤコブが料理を差し出すと、イサクは食べ、
   ぶどう酒をつぐと、それを飲んだ。
27:26 それから、父イサクは彼に言った。「わたしの子よ、近寄ってわたしに口づけをしなさい。」
27:27 ヤコブが近寄って口づけをすると、イサクは、ヤコブの着物の匂いをかいで、
   祝福して言った。「ああ、わたしの子の香りは/主が祝福された野の香りのようだ。
27:28 どうか、神が/天の露と地の産み出す豊かなもの/穀物とぶどう酒を/
   お前に与えてくださるように。
27:29 多くの民がお前に仕え/多くの国民がお前にひれ伏す。
   お前は兄弟たちの主人となり/母の子らもお前にひれ伏す。
   お前を呪う者は呪われ/お前を祝福する者は/祝福されるように。」



 今日の御言葉において、イサクの長子の特権としての神の祝福が兄エサウではなく、弟ヤコブに移る様子が記されています。ここには、父イサク、母リベカ、兄エサウ、弟ヤコブの4人家族のそれぞれの野望が語られており、これこそが人間社会そのものの姿です。主なる神さまによって召され、救い主メシアが約束された家族ですが、なおも一人の罪を持った人間の姿が描かれているのです。
 ここで、リベカがイサクを騙した手口は、声を変えたり、子やぎの毛皮で腕を毛深くしたりと、本当にこうしたことで騙されるのかというものです。しかし、私たちは、「だから聖書は信じるに値しないものである」と考えてはなりません。これは三面記事で行われている私たちの現実にも相通じることなのです。
 イサクは晩年を迎え、目がかすんできました(1)。しかしこの後40年以上イサクが生きたことより、イサクは意識がもうろうとする程弱っていたのではないでしょう。つまりイサクは自分の意識がはっきりしているうちにエサウに祝福を与えようとしたのです。つまりイサクは、兄エサウに対する思い入れがいかに強かったかを物語っていることです。
 もちろん、主が妻リベカに対して兄が弟に仕えるようになると語った言葉(25:23)を、イサクが知らなかったはずはありません。それでもなおイサクが弟ヤコブではなく、兄エサウに祝福を与えようとしたこと、祝福を伝えようと主に仕える信仰がありつつも、主の言葉を信じることなく、罪を犯したことを軽く見ることはできません。
 一方、イサクの言葉を盗み聞きして、祝福をヤコブにもたらそうとしたリベカの罪も大きいのです。確かに、リベカの行為は主の約束が成就するように働きました。しかしここでのリベカの姿は、神を畏れ、神の言葉に聞き従って行った行為ではありません。むしろ息子ヤコブに対する溺愛です。神の約束があるからと言って、無条件に何を行っても良いと聖書は語りません。本当の意味で、信仰的に、神の言葉に聞き従い、神の言葉が真実にもたらされるように求めるならば、祈りを持ちつつ、ここにまで至るまでの間に、イサクとの間で話し合われ、主の言葉に聞き従うように促していくことができたことでしょう。そうしたことをせず、リベカは自らの欲望を達成させるがために動いたのです。
 ヤコブは、当初リベカの誘いに対して後ろめたさを感じていました(11-12)。しかし14節以降では積極的に関わり、イサクから祝福を勝ち取ろうと行動します。ヤコブは、すでに25:27-34においてエサウから長子の権利を奪っていることと、主の約束の言葉(25:23)から、主の御前とイサクの前で、自らが祝福に与るに相応しいことを主張することが出来たのです。しかし現実には、人の祝福を奪い取り、人をあざむく行為を行ったのです。ここに信仰によって行動した姿がヤコブにもないのです。ヤコブ晩年、「わたしの生涯の年月は短く、苦しみ多く、わたしの先祖たちの生涯や旅路の年月には及びません。」(47:9)と語ったように、主からの祝福が与えられると同時に、多くの労苦を負うた生活を続けます。
 ですから、結果としては、主の約束された通り、イサクはヤコブに祝福を与え、イスラエルの全ての祝福がヤコブを通して伝えられていきます。しかしその内実は、そこに関わる人々が、主の約束から離れ、自らの欲望と欲するままの行為をしており、彼らの行いはまったく主に喜ばれる行為ではなかったのです。しかし主の一方的な恵みと祝福、守りによって、主の約束が成就し、信仰の継承がなされたことを語っているのです。
 カルヴァンは、キリスト教綱要第3篇第2章「信仰について」の中で、イサクとリベカの罪を語った上で、次の様に述べています。「人間の欠陥と弱点とは、信仰を曇らせはするが、しかし、信仰を滅ぼすことはない。むしろ、これらの例は、我々がどんなに注意深く神の御言葉に依り頼まなければならないかを警告するものである。そして、同時に、これらの例は、先に我々の教えたことを確証する。いわく、「信仰は御言葉によって支えられないならば消え失せる」と。そのように、イサク、リベカの心は、神の隠された手綱によって御言葉への従順につなぎ止められたのでなければ、自らの曲がりくねりのうちに消え去ってしまったであろう。」
 主がご計画され、約束され、主を信じるように導かれた私たちは、必ず神の国に導かれます。これは主の招きであります。一方、私たち人間は、イサク・リベカ・ヤコブのように罪を持ち、主の御言葉から離れ、自らの欲望の赴くままに生活している現実もあります。それでもなお、主の約束は反故にされることはありません。主がこうした私たちの全ての罪すらもご存じであり、キリストの十字架によって私たちの罪を贖って下さり、救いに導いて下さっているという事実に、私たちは目を向け、主から離れることなく、主がお語り下さる御言葉に目を向け、耳を傾け、救いをお与え下さる主に従って歩んでいくことが求められているのです。
                                            (2005.10.2)
COPYRIGHT(C) 2005 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る