トップ > 説教要約 > 創世記説教(30章)


【礼拝説教】  「人の知恵と神の恵み」  辻 幸宏牧師

創世記30章25〜43節

30:25 ラケルがヨセフを産んだころ、ヤコブはラバンに言った。「わたしを独り立ちさせて、
    生まれ故郷へ帰らせてください。
30:26 わたしは今まで、妻を得るためにあなたのところで働いてきたのですから、
    妻子と共に帰らせてください。あなたのために、わたしがどんなに尽くしてきたか、
    よくご存じのはずです。」
30:27 「もし、お前さえ良ければ、もっといてほしいのだが。実は占いで、わたしはお前の
    お陰で、主から祝福をいただいていることが分かったのだ」とラバンは言い、
30:28 更に続けて、「お前の望む報酬をはっきり言いなさい。必ず支払うから」と言った。
30:29 ヤコブは言った。「わたしがどんなにあなたのために尽くし、家畜の世話をしてきたか
    よくご存じのはずです。
30:30 わたしが来るまではわずかだった家畜が、今ではこんなに多くなっています。
    わたしが来てからは、主があなたを祝福しておられます。しかし今のままでは、
    いつになったらわたしは自分の家を持つことができるでしょうか。」
30:31 「何をお前に支払えばよいのか」とラバンが尋ねると、ヤコブは答えた。
    「何もくださるには及びません。ただこういう条件なら、もう一度あなたの群れを飼い、
    世話をいたしましょう。
30:32 今日、わたしはあなたの群れを全部見回って、その中から、ぶちとまだらの羊を
    すべてと羊の中で黒みがかったものをすべて、それからまだらとぶちの山羊を
    取り出しておきますから、それをわたしの報酬にしてください。
30:33 明日、あなたが来てわたしの報酬をよく調べれば、わたしの正しいことは証明
    されるでしょう。山羊の中にぶちとまだらでないものや、羊の中に黒みがかって
    いないものがあったら、わたしが盗んだものと見なして結構です。」
30:34 ラバンは言った。「よろしい。お前の言うとおりにしよう。」
30:35 ところが、その日、ラバンは縞やまだらの雄山羊とぶちやまだらの雌山羊全部、
    つまり白いところが混じっているもの全部とそれに黒みがかった羊をみな取り出して
    自分の息子たちの手に渡し、
30:36 ヤコブがラバンの残りの群れを飼っている間に、自分とヤコブとの間に歩いて三日
    かかるほどの距離をおいた。
30:37 ヤコブは、ポプラとアーモンドとプラタナスの木の若枝を取って来て、皮をはぎ、
    枝に白い木肌の縞を作り、
30:38 家畜の群れがやって来たときに群れの目につくように、皮をはいだ枝を家畜の
    水飲み場の水槽の中に入れた。そして、家畜の群れが水を飲みにやって来たとき、
    さかりがつくようにしたので、
30:39 家畜の群れは、その枝の前で交尾して縞やぶちやまだらのものを産んだ。
30:40 また、ヤコブは羊を二手に分けて、一方の群れをラバンの群れの中の縞のものと
    全体が黒みがかったものとに向かわせた。彼は、自分の群れだけにはそうしたが、
    ラバンの群れにはそうしなかった。
30:41 また、丈夫な羊が交尾する時期になると、ヤコブは皮をはいだ枝をいつも水ぶねの
    中に入れて群れの前に置き、枝のそばで交尾させたが、
30:42 弱い羊のときには枝を置かなかった。そこで、弱いのはラバンのものとなり、
    丈夫なのはヤコブのものとなった。
30:43 こうして、ヤコブはますます豊かになり、多くの家畜や男女の奴隷、それにらくだや
    ろばなどを持つようになった。



 ヤコブにヨセフが生まれた頃、ヤコブがラバンの所に来てから14年経ていました。つまりレアのため7年、ラケルのため7年働いたのです。そのためヤコブは、もうラバンの所に留まる理由はありません。ヤコブは使用人や奴隷では無かったからです。そのためヤコブはラバンに故郷に帰らせていただくよう要求します(25-26)。
 しかしラバンは、ヤコブによって多くの祝福がもたらされ、家畜も財産も大きく増えたのです。このことは主からの祝福であることをラバンを知らしめられていたのです(27)。しかし内心は、もっとヤコブを自分の意のままに働かせたいとの思いがあったのです。
 すると、ラバンの言葉に対して、ヤコブは勝ち誇ったかの如くに語り始めます(29-30)。
 ここで重要な言葉は、「わたしが来てからは、主があなたを祝福しておられます」と主に対する信仰を言い表す言葉です。確かにその後の言葉でも、自分の思いを率直に語り、今までのように自分の処遇のことで、ラバンに対する憎しみの言葉を語ります。しかし、この主への感謝の言葉は、ヤコブが真の神さまによって本当に召され、守られてきていることを実感している言葉として語られているのです。というのは、30節の最初の言葉は、ラバンの家畜が祝福して多く増えた事実を語っていますが、これはラバンに対する大きな貢献であり、十戒の第八戒で語る「あなたは盗んではならない」という戒めを積極的に用いているのです。「第八戒が求めている事は、私たち自身と他人との富や生活状態を正当に確保し、向上させることです」(小教理74)。そしてこの小教理74の証拠聖句として、この聖句が挙げられているのです。今までヤコブは強いられてでありましたがラバンに仕えてきたのです。その結果、主の守りと祝福にあることが示されたのです。つまりラバンの益のために働く姿を、隣人愛の表れであるとウェストミンスターは捉えているのです。
 さらにラバンが「何をお前に支払えばよいのか」との問いかけに対して、ヤコブは何の要求もしません(31)。ただ一つ条件を出します(31-33)。これは何を意味しているのか。この地方では、羊は白、やぎは黒が普通であり、ここでヤコブが語っているぶちとまだらの羊、羊の中で黒みがかったもの、まだらとぶちの山羊は、少ないのです。ですから、価値からしても、また数的にも、ラバンにとっては非常に有利な条件が提示されたのです。
 従ってこの要求をラバンも受け入れます。自分の家畜の損失も少ないし、ヤコブの分け前が少なければ、ヤコブがここから出て行くことはないと思ったからです。それだけではなくラバンはヤコブが要求した山羊と羊をより分け自分のものとしておくのです(35-36)。事実上、ヤコブに対しては何も与えない本心が、ここで示されます。
 では、なぜヤコブはこの様な不利な条件を出したのでしょうか。37節以降の行動から、ヤコブが高い技術を持っており、自信を持っていたと語る神学者もいます。それも一理あるでしょう。しかしそれ以上に、ヤコブがラバンの家に入ってから、大きな祝福を得て、家畜が増えていったことへの主なる神さまの介在を無視することは出来ず、否受け入れざるを得ない確信が与えられていたのです。つまりヤコブは、主を否定するかの行動を繰り返してきましたが、次第に主の守りと導きを知り、主の加護を信じるようにされたのです。つまり神さまの導きがあるからこそ、自分の技術も備えられたし、多くの祝福を得ることが出来る確信から、ラバンに対する要求の言葉が生まれたのです。
 ここでのヤコブの悔改めと信仰は、まだ自己中心的なところも残しており、今後もこの信仰にぶれが生じるということを言わざるを得ませんが、なおも主はヤコブを悔い改めに導き、主に仕える者へと聖化してくださっているのです。
 つまり、私たちの信仰とは、ヤコブが長年かかってぶれが生じながらも、徐々に帰られ、ついには主と格闘してイスラエルの名が与えられるまでになって行ったように、信仰が成長し、確立するまでには、時間がかかることもあるのです。しかし、それでもなお、主はたしかにヤコブと共におられ、私たちに対しても、主は同じように接していて下さっています。また私たちのまだ信じていない家族たちに対しても、同じであります。家族が信じなければ焦ります。しかし主の御霊の働きと主の約束を信じて、祈り続けていきましょう。
 そうすることにより、真の信仰と悔改めへと、主はお導き下さいます。
 忍耐は必要ですが、主の約束を信じ、祈り続けていきたいものです。

                                            (2005.11.20)
COPYRIGHT(C) 2005 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る