トップ > 説教要約 > 創世記説教(31章)


【礼拝説教】  「脱走と主の奥義」  辻 幸宏牧師

創世記31章1〜54節

1 ヤコブは、ラバンの息子たちが、「ヤコブは我々の父のものを全部奪ってしまった。父のものをごまかして、あの富を築き上げたのだ」と言っているのを耳にした。2 また、ラバンの態度を見ると、確かに以前とは変わっていた。3 主はヤコブに言われた。
 「あなたは、あなたの故郷である先祖の土地に帰りなさい。わたしはあなたと共にいる。」
 4 ヤコブは人をやって、ラケルとレアを家畜の群れがいる野原に呼び寄せて、5 言った。「最近、気づいたのだが、あなたたちのお父さんは、わたしに対して以前とは態度が変わった。しかし、わたしの父の神は、ずっとわたしと共にいてくださった。6 あなたたちも知っているように、わたしは全力を尽くしてあなたたちのお父さんのもとで働いてきたのに、7 わたしをだまして、わたしの報酬を十回も変えた。しかし、神はわたしに害を加えることをお許しにならなかった。8 お父さんが、『ぶちのものがお前の報酬だ』と言えば、群れはみなぶちのものを産むし、『縞のものがお前の報酬だ』と言えば、群れはみな縞のものを産んだ。9 神はあなたたちのお父さんの家畜を取り上げて、わたしにお与えになったのだ。
 10 群れの発情期のころのことだが、夢の中でわたしが目を上げて見ると、雌山羊の群れとつがっている雄山羊は縞とぶちとまだらのものばかりだった。11 そのとき、夢の中で神の御使いが、『ヤコブよ』と言われたので、『はい』と答えると、12 こう言われた。『目を上げて見なさい。雌山羊の群れとつがっている雄山羊はみな、縞とぶちとまだらのものだけだ。ラバンのあなたに対する仕打ちは、すべてわたしには分かっている。13 わたしはベテルの神である。かつてあなたは、そこに記念碑を立てて油を注ぎ、わたしに誓願を立てたではないか。さあ、今すぐこの土地を出て、あなたの故郷に帰りなさい。』」
 14 ラケルとレアはヤコブに答えた。「父の家に、わたしたちへの嗣業の割り当て分がまだあるでしょうか。15 わたしたちはもう、父にとって他人と同じではありませんか。父はわたしたちを売って、しかもそのお金を使い果たしてしまったのです。16 神様が父から取り上げられた財産は、確かに全部わたしたちと子供たちのものです。ですから、どうか今すぐ、神様があなたに告げられたとおりになさってください。」
17 ヤコブは直ちに、子供たちと妻たちをらくだに乗せ、18 パダン・アラムで得たすべての財産である家畜を駆り立てて、父イサクのいるカナン地方へ向かって出発した。19 そのとき、ラバンは羊の毛を刈りに出かけていたので、ラケルは父の家の守り神の像を盗んだ。20 ヤコブもアラム人ラバンを欺いて、自分が逃げ去ることを悟られないようにした。21 ヤコブはこうして、すべての財産を持って逃げ出し、川を渡りギレアドの山地へ向かった。22 ヤコブが逃げたことがラバンに知れたのは、三日目であった。23 ラバンは一族を率いて、七日の道のりを追いかけて行き、ギレアドの山地でヤコブに追いついたが、24 その夜夢の中で神は、アラム人ラバンのもとに来て言われた。「ヤコブを一切非難せぬよう、よく心に留めておきなさい。」25 ラバンがヤコブに追いついたとき、ヤコブは山の上に天幕を張っていたので、ラバンも一族と共にギレアドの山に天幕を張った。26 ラバンはヤコブに言った。「一体何ということをしたのか。わたしを欺き、しかも娘たちを戦争の捕虜のように駆り立てて行くとは。27 なぜ、こっそり逃げ出したりして、わたしをだましたのか。ひとこと言ってくれさえすれば、わたしは太鼓や竪琴で喜び歌って、送り出してやったものを。28 孫や娘たちに別れの口づけもさせないとは愚かなことをしたものだ。29 わたしはお前たちをひどい目に遭わせることもできるが、夕べ、お前たちの父の神が、『ヤコブを一切非難せぬよう、よく心に留めておきなさい』とわたしにお告げになった。30 父の家が恋しくて去るのなら、去ってもよい。しかし、なぜわたしの守り神を盗んだのか。」
 31 ヤコブはラバンに答えた。「わたしは、あなたが娘たちをわたしから奪い取るのではないかと思って恐れただけです。32 もし、あなたの守り神がだれかのところで見つかれば、その者を生かしてはおきません。我々一同の前で、わたしのところにあなたのものがあるかどうか調べて、取り戻してください。」ヤコブは、ラケルがそれを盗んでいたことを知らなかったのである。
 33 そこで、ラバンはヤコブの天幕に入り、更にレアの天幕や二人の召し使いの天幕にも入って捜してみたが、見つからなかった。ラバンがレアの天幕を出てラケルの天幕に入ると、34 ラケルは既に守り神の像を取って、らくだの鞍の下に入れ、その上に座っていたので、ラバンは天幕の中をくまなく調べたが見つけることはできなかった。35 ラケルは父に言った。「お父さん、どうか悪く思わないでください。わたしは今、月のものがあるので立てません。」ラバンはなおも捜したが、守り神の像を見つけることはできなかった。36 ヤコブは怒ってラバンを責め、言い返した。「わたしに何の背反、何の罪があって、わたしの後を追って来られたのですか。37 あなたはわたしの物を一つ残らず調べられましたが、あなたの家の物が一つでも見つかりましたか。それをここに出して、わたしの一族とあなたの一族の前に置き、わたしたち二人の間を、皆に裁いてもらおうではありませんか。38 この二十年間というもの、わたしはあなたのもとにいましたが、あなたの雌羊や雌山羊が子を産み損ねたことはありません。わたしは、あなたの群れの雄羊を食べたこともありません。39 野獣にかみ裂かれたものがあっても、あなたのところへ持って行かないで自分で償いました。昼であろうと夜であろうと、盗まれたものはみな弁償するようにあなたは要求しました。40 しかも、わたしはしばしば、昼は猛暑に夜は極寒に悩まされ、眠ることもできませんでした。41 この二十年間というもの、わたしはあなたの家で過ごしましたが、そのうち十四年はあなたの二人の娘のため、六年はあなたの家畜の群れのために働きました。しかも、あなたはわたしの報酬を十回も変えました。42 もし、わたしの父の神、アブラハムの神、イサクの畏れ敬う方がわたしの味方でなかったなら、あなたはきっと何も持たせずにわたしを追い出したことでしょう。神は、わたしの労苦と悩みを目に留められ、昨夜、あなたを諭されたのです。」
 43 ラバンは、ヤコブに答えた。「この娘たちはわたしの娘だ。この孫たちもわたしの孫だ。この家畜の群れもわたしの群れ、いや、お前の目の前にあるものはみなわたしのものだ。しかし、娘たちや娘たちが産んだ孫たちのために、もはや、手出しをしようとは思わない。44 さあ、これから、お前とわたしは契約を結ぼうではないか。そして、お前とわたしの間に何か証拠となるものを立てよう。」
 45 ヤコブは一つの石を取り、それを記念碑として立て、46 一族の者に、「石を集めてきてくれ」と言った。彼らは石を取ってきて石塚を築き、その石塚の傍らで食事を共にした。47 ラバンはそれをエガル・サハドタと呼び、ヤコブはガルエドと呼んだ。48 ラバンはまた、「この石塚(ガル)は、今日からお前とわたしの間の証拠(エド)となる」とも言った。そこで、その名はガルエドと呼ばれるようになった。49 そこはまた、ミツパ(見張り所)とも呼ばれた。「我々が互いに離れているときも、主がお前とわたしの間を見張ってくださるように。50 もし、お前がわたしの娘たちを苦しめたり、わたしの娘たち以外にほかの女性をめとったりするなら、たとえ、ほかにだれもいなくても、神御自身がお前とわたしの証人であることを忘れるな」とラバンが言ったからである。
 51 ラバンは更に、ヤコブに言った。「ここに石塚がある。またここに、わたしがお前との間に立てた記念碑がある。52 この石塚は証拠であり、記念碑は証人だ。敵意をもって、わたしがこの石塚を越えてお前の方に侵入したり、お前がこの石塚とこの記念碑を越えてわたしの方に侵入したりすることがないようにしよう。53 どうか、アブラハムの神とナホルの神、彼らの先祖の神が我々の間を正しく裁いてくださいますように。」
 ヤコブも、父イサクの畏れ敬う方にかけて誓った。54 ヤコブは山の上でいけにえをささげ、一族を招いて食事を共にした。食事の後、彼らは山で一夜を過ごした。



 待降節を迎えましたが、今日も、私たちは旧約聖書から共に御言葉に聞こうとしております。どうしても旧約聖書を学んでいますと、イエス・キリストから離れていると考えてしまいがちになります。しかし、アブラハムもイサクもヤコブも、主によって召された神の子であり、クリスマスにお生まれになられたキリストによって救いが与えられたのです。私たちは、既に与えられたイエス・キリストの救いを振り返りながら感謝しつつ、信仰生活を送っていますが、旧約の民たちはこれから来られるメシアを覚えつつ、希望を持って、信仰生活を送っていたのです。
 ところで今日の御言葉は、ヤコブがラバンの所から逃げ出し、ラバンの追跡を受ける場面です。ヤコブ物語全体から見渡しますと、エサウから逃げたことと重ね合わされ、さらにラバンの所に逃れて来た生活の終焉でもあります。そして、この後に主からイスラエルという名が与えられ、エサウと和解し、12人の息子たちの物語へと引き継がれていく、分岐点とも言えるでしょう。
 ヤコブは20年来ラバンに仕えている間に、主の守りと導きが示され、なおも自己の欲望(罪)がありつつも、徐々に信仰が養われていました。そうした中、ヤコブは一つの転機を迎え、新たな道を歩み始める時となります。この時ヤコブは、明確に主の導きが二つ示されたのです。一つは、ラバンの息子たちがヤコブを批判する様になり、さらにラバンの態度も以前とは変わり、冷たくなったことです(1-2)。つまり、外的にここに留まることは、もう必要ではないことが示されたのです。さらにヤコブに主が現れ、主はヤコブに、故郷である先祖の土地に帰るようにお語りになりました(3)。つまりヤコブに対しては、外的にも、内的にも、ここを去って、故郷に帰ることを指し示すサインが与えられたのです。
 私たちが人生で転機を迎えようとする時、どの様に判断すれば良いのか非常に重要となり、またその判断は難しいのですが、外的なシグナルがあることと同時に、御言葉を読み、祈り求める時、主によってその道が開かれる様に促される時が与えられていくのです。
 ヤコブに取っては、この時が丁度その転機の時であり、主が指し示す時であるからこそ、その道は開かれます。妻のラケルとレアに相談しますが、彼女たちも同意します。さらに多くの家族と財産と共に移動することは簡単ではありませんが、脱出することにも成功します。ラバンはヤコブの行動に気がつくと、脱出を阻止しようと追いかけてきますが、それも、主によって妨げられます(24)。ラバンもヤコブに働く主の力を否定することが出来ず、主の言葉に逆らってまでヤコブを連れ帰り、自らに与えられる刑罰を恐れたのです。
 ですから、ラバンは、ヤコブたちを連れ戻すことは諦めます。しかし、自らの守り神の像(テラフィム)(19,30,32,34,35)だけは諦めることが出来ません。通常長男が家に伝わるテラフィムを受け継ぐものとされ、恐らくその家の宗教と祭儀にかかわる大切なものであったのでしょう。つまり、テラフィムは家長であるラバンにとって家を治めていくのになくてはならないものであったのです。だからこそ、執念深く、ヤコブの所有している全てを詮索致します。ラケルがなぜテラフィムを盗んだのか、聖書は語りませんが、主の御前に罪に当たることです。しかし主は、ここでラケルを守り、ラバンはテラフィムを見つけることが出来ませんでした。主がラケルの行為を赦されてからではなく、それ以上に、主がヤコブを守り、故郷に帰ることが出来るように働かれた故です。
 つまり、主が御計画され、外的にも内的にも働かれ、事を動かされることは、主の御業そのものであり、全てが守られ、事が為し遂げられるのです。私たちが信仰生活で大きな決断をしようとする時、また教会において決断を使用とする時、外的にも内的にも、主は働きかけて下さり、主の導きであることを指し示して下さいます。その時を私たちは祈りつつ待たなければなりません。
 2000年前に主イエス・キリストをこの世にお送り下さり、十字架による罪の赦しと救いを成し遂げて下さった主なる神さまは、今も、私たちと共にいて下さいます。主の御業が成し遂げられようとする時、私たちは主の御声に聞き従い、主の御業が成し遂げられることにより、私たちに最も必要なものが与えられることを信じて、祈りつつ、備えて、歩み続けていきたいものであります。
                                            (2005.11.27)
COPYRIGHT(C) 2005 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る