トップ > 説教要約 > 創世記説教(32章)


【礼拝説教】  「不思議な出会い」  辻 幸宏牧師

創世記32章23〜33節

23 その夜、ヤコブは起きて、二人の妻と二人の側女、それに十一人の子供を連れてヤボクの渡しを渡った。24 皆を導いて川を渡らせ、持ち物も渡してしまうと、25 ヤコブは独り後に残った。そのとき、何者かが夜明けまでヤコブと格闘した。26 ところが、その人はヤコブに勝てないとみて、ヤコブの腿の関節を打ったので、格闘をしているうちに腿の関節がはずれた。27 「もう去らせてくれ。夜が明けてしまうから」とその人は言ったが、ヤコブは答えた。「いいえ、祝福してくださるまでは離しません。」28 「お前の名は何というのか」とその人が尋ね、「ヤコブです」と答えると、29 その人は言った。「お前の名はもうヤコブではなく、これからはイスラエルと呼ばれる。お前は神と人と闘って勝ったからだ。」30 「どうか、あなたのお名前を教えてください」とヤコブが尋ねると、「どうして、わたしの名を尋ねるのか」と言って、ヤコブをその場で祝福した。31 ヤコブは、「わたしは顔と顔とを合わせて神を見たのに、なお生きている」と言って、その場所をペヌエル(神の顔)と名付けた。32 ヤコブがペヌエルを過ぎたとき、太陽は彼の上に昇った。ヤコブは腿を痛めて足を引きずっていた。33 こういうわけで、イスラエルの人々は今でも腿の関節の上にある腰の筋を食べない。かの人がヤコブの腿の関節、つまり腰の筋のところを打ったからである。



 今日の御言葉は、今までのヤコブ物語からすれば、「あれっ」と思われる方もあるかと思います。今までの話しと繋がりが理解しにくいからです。しかし、ヤコブが主の使いに出会うことは、今までのヤコブの歩みと深く関わっているのです。ヤコブは今まで、ラバンに対して必死に格闘してきました。そしてラバンから逃れるや否や、エサウの恨みからの逆襲を恐れ、戦いの準備を行いました。しかし聖書は実際にヤコブが戦おうとしているのは、エサウではなく、全てを創られ支配しておられる主なる神さまであることを語ります。つまり主は全てを御計画し、ヤコブに対して御自身の言葉により、また聖霊の働きを通して働き続けられ、ヤコブの歩むべき道を示してこられました。しかしヤコブは自分の今置かれた立場、周囲の人たちとの人間関係にのみ注目し、神さまの介在を認めようとしませんでした。それは多くの祝福がヤコブをとおして与えられることにより、ここに主の介在と祝福があることが分かるようになってきた後も、変わらなかったのです。
 このことは同時に私たちに対する問いかけでもあり、私たちは今のこと、目の前に見える周囲の事、対人関係にばかり目を配るのです。そして、全てを支配し導いておられる主を顧みようとせず、御言葉に聞き、祈り求めることが非常に少ない人間であるのです。
 一方ヤコブと格闘しているこの人は、ヤコブとの戦いに勝てないと思いました(26)。つまりヤコブはあくまでこの人に勝利しようとします。襲われ、戦いが挑まれたのだから当然であろうと、私たちは考えてしまいます。しかし、ヤコブはすぐにこの人が、主なる神さまであることに気がつくが、主との戦いを止めようとはしないのです。ようするにヤコブは、主の僕であるとの意識はなく、すべては自分が支配をし、自分が勝利を得ることにおいて物事を解決しようとする思いが残っていることを語ります。つまり主の僕ではなく、主を自分の都合に合わせ、祈りを聞いて下さる方として用いている状態と同じなのです。
 この人は主からの使いですから、ヤコブに打ち勝つことも可能であったことでしょう。しかしヤコブを滅ぼすことなく、かつ腿の関節を打って関節をはずすことにより、主語自身の力と支配を示し、同時にヤコブが主の支配を腿の痛みにより忘れないように、お示しになったのです。ですから私たちも、良い意味で主と相対して戦う必要があります。それは御言葉に聞くことであり、祈り求めることです。時に、苦難も経験しますが、そのことを通して私たちの信仰が養われ、主を知るものとされていくのです。
 主の忍耐が示される中、ヤコブはさらに祝福を求めます(27)。それは、主と今顔と顔を合わせ、格闘したにも関わらず、死ぬことなく、腿の筋をはずされたのみでいる事実を、ヤコブが受け止めたからです。しかし主は、そのを与える変わりに、名前を尋ねます。名は人格そのものを表し、非常に重要なのです。ヤコブとは、「かかと」(25:24-26)から派生した語で、エサウの言葉では「足を引っ張る(だます)」(27:36)ことです。
 しかし主はここでヤコブに新しい名、つまりイスラエルという名をお与え下さいます。「神と争われる・神と争う」との意味であり、霊的に祝福された名として与えられます。これから先、イスラエルが、ヤコブに繋がる全ての民の名の統合として用いられそれは同時に、神の国に繋がる全ての民の名として語られる様になります。このことは私たち自身が、何よりもまず神との戦わなければならないことを語っているのです。人の前で、人間的に、思い悩み、神経をすり減らし、一喜一憂することなく、主の御前に立ち、良き意味で、主と格闘することが求められているのです。御言葉に聞き、祈り、己の姿、己に何が求められ、どの様な歩みが求められているか、主と格闘することにより、主からの恵みと祝福・そして必要な答えを求めていかなければなりません。
 そうすることにより、主は答えを指し示して下さいます。ヤコブは、エサウの逆襲を恐れ、策略を巡らして自分の命が保たれるように最後にいたのですが、ヤコブは先頭に進み出て、兄の所に向かいます(33:3)。もうここでは自分の命、兄との確執は感じられません。ヤコブは全てを主に委ね、主の恵みと祝福に満たされつつ、兄エサウの所に向かうのです。
 同様に私たちは、目に見える周囲の事柄ばかりを気にすることなく、まず主の御前に立ち、御言葉に聞き、御霊に祈り求めることが必要なのです。そうすることにより、思い煩う必要はないのです。主に委ねればよいのです。主は最もよきものを、お与え下さいます。
                                            (2005.12.11)
COPYRIGHT(C) 2005 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る