トップ > 説教要約 > 創世記説教(34章)


【礼拝説教】  「誤った復讐」  辻 幸宏牧師

創世記34章
  1 あるとき、レアとヤコブとの間に生まれた娘のディナが土地の娘たちに会いに出かけたが、2 その土地の首長であるヒビ人ハモルの息子シケムが彼女を見かけて捕らえ、共に寝て辱めた。3 シケムはヤコブの娘ディナに心を奪われ、この若い娘を愛し、言い寄った。4 更にシケムは、父ハモルに言った。
 「どうか、この娘と結婚させてください。」
  5 ヤコブは、娘のディナが汚されたことを聞いたが、息子たちは家畜を連れて野に出ていたので、彼らが帰るまで黙っていた。6 シケムの父ハモルがヤコブと話し合うためにやって来たとき、7 ヤコブの息子たちが野から帰って来てこの事を聞き、皆、互いに嘆き、また激しく憤った。シケムがヤコブの娘と寝て、イスラエルに対して恥ずべきことを行ったからである。それはしてはならないことであった。8 ハモルは彼らと話した。
 「息子のシケムは、あなたがたの娘さんを恋い慕っています。どうか、娘さんを息子の嫁にしてください。9 お互いに姻戚関係を結び、あなたがたの娘さんたちをわたしどもにくださり、わたしどもの娘を嫁にしてくださいませんか。10 そして、わたしどもと一緒に住んでください。あなたがたのための土地も十分あります。どうか、ここに移り住んで、自由に使ってください。」
  11 シケムも、ディナの父や兄弟たちに言った。
 「ぜひとも、よろしくお願いします。お申し出があれば何でも差し上げます。12 どんなに高い結納金でも贈り物でも、お望みどおりに差し上げます。ですから、ぜひあの方をわたしの妻にください。」
  13 しかし、シケムが妹のディナを汚したので、ヤコブの息子たちは、シケムとその父ハモルをだましてこう答えた。
  14 「割礼を受けていない男に、妹を妻として与えることはできません。そのようなことは我々の恥とするところです。15 ただ、次の条件がかなえられれば、あなたたちに同意しましょう。それは、あなたたちの男性が皆、割礼を受けて我々と同じようになることです。16 そうすれば、我々の娘たちをあなたたちに与え、あなたたちの娘を我々がめとります。そして我々は、あなたたちと一緒に住んで一つの民となります。17 しかし、もし割礼を受けることに同意しないなら、我々は娘を連れてここを立ち去ることにします。」
  18 ハモルとその息子シケムは、この条件なら受け入れてもよいと思った。19 とくにシケムは、ヤコブの娘を愛していたので、ためらわず実行することにした。彼は、ハモル家の中では最も尊敬されていた。20 ハモルと息子シケムは、町の門のところへ行き町の人々に提案した。
  21 「あの人たちは、我々と仲良くやっていける人たちだ。彼らをここに住まわせ、この土地を自由に使ってもらうことにしようではないか。土地は御覧のとおり十分広いから、彼らが来ても大丈夫だ。そして、彼らの娘たちを我々の嫁として迎え、我々の娘たちを彼らに与えようではないか。22 ただ、次の条件がかなえられれば、あの人たちは我々と一緒に住み、一つの民となることに同意するというのだ。それは、彼らが割礼を受けているように、我々も男性は皆、割礼を受けることだ。23 そうすれば、彼らの家畜の群れも財産も動物もみな、我々のものになるではないか。それには、ただ彼らの条件に同意さえすれば、彼らは我々と一緒に住むことができるのだ。」
  24 町の門のところに集まっていた人々は皆、ハモルと息子シケムの提案を受け入れた。町の門のところに集まっていた男性はこうして、すべて割礼を受けた。
  25 三日目になって、男たちがまだ傷の痛みに苦しんでいたとき、ヤコブの二人の息子、つまりディナの兄のシメオンとレビは、めいめい剣を取って難なく町に入り、男たちをことごとく殺した。26 ハモルと息子シケムも剣にかけて殺し、シケムの家からディナを連れ出した。27 ヤコブの息子たちは、倒れている者たちに襲いかかり、更に町中を略奪した。自分たちの妹を汚したからである。28 そして、羊や牛やろばなど、町の中のものも野にあるものも奪い取り、29 家の中にあるものもみな奪い、女も子供もすべて捕虜にした。
  30 「困ったことをしてくれたものだ。わたしはこの土地に住むカナン人やペリジ人の憎まれ者になり、のけ者になってしまった。こちらは少人数なのだから、彼らが集まって攻撃してきたら、わたしも家族も滅ぼされてしまうではないか」とヤコブがシメオンとレビに言うと、31 二人はこう言い返した。
 「わたしたちの妹が娼婦のように扱われてもかまわないのですか。」


 今日、私たちに与えられた聖句は、まさに今日に住む私たちに対する警告として語られていると言えるでしょう。扱われている事柄は幅広いですが、全てが人間の欲望と罪に集約出来る出来事です。こうした今日的な問題に対して、聖書は私たちに何を求めているのかを、読み取らなければならないのです。
 ヤコブが兄エサウと和解し、カナン地方に入りましたが、エサウの所にではなくシケムに土地を買い、そこに住み着きます(33:18-19)。そして、シケムにあるヒビ人ハモルの息子シケムが、ヤコブの娘ディナに心が奪われ、辱めを行います(2)。こうした行為は明らかに主の御前に罪と定められる行為です。人に迷惑をかけないなら、何を行っても良いのではなく、判断基準は主の義であり、主のお語り下さる律法です。ですから十戒の第七戒「姦淫してはならない」の違反となります。
 しかしシケムは、自分の行為に対して責任を取ろうと考えます。父ハモルに結婚を認めて頂き、そして父と共にヤコブの所に行き、結婚の承諾を得ようとします。こうした行為は、旧約聖書で認められてきていた事です(出エジプト22:15-16)。ですから、自らの罪に対する悔い改めと赦しを願うことなく、結婚を申し出ることに対する問題が残りますが、自らの行為に対する責任を取ろうとする行為は、受け入れられなければなりません。
 一方、事情を知ったヤコブの息子たちは激しく憤り(7)、だまして復讐しようと試みます(13)。今日では、悪いことをされたのであるから、復讐するのは当たり前ではないかと考えます。この延長線上に戦争があります。9.11の報復としてアメリカはアフガニスタンに対する戦争を行い、また核の脅威があるとのことでイラクに対する戦争を行いました。
 しかし私たちは、ここで主がヤコブの息子たちに何を求めているかを考えなければなりません。私たちは主の御前に罪を繰り返し、主の心を深く傷つけています。この罪深い私たちのため、私たちに代わって、御子イエス・キリストが私たちの十字架を背負って死を遂げられたのです。それ故私たちは罪が償われ、義と認められ、神の子とされ、永遠の生命が与えられたのです。つまり私たちこそ主の御前に罪を告白し罪の悔改めをしたのです。そうであれば、自らの行いを認め、責任をとって結婚することを求めてきたシケムに対してヤコブの息子たちに求められた行為は何でしょうか。まさしく真の悔改めを求め、和解をする事ではないでしょうか。それが主になされる時、割礼を受けることを求めることが出来るのであり、同じ信仰者として歩むことが出来たのです(14-16)。しかし彼らはこの割礼を求めることを復讐の手段に用いた所に、主の御名を汚す大きな罪があるのです。
 そしてディナと同じレアの息子たちシメオンとレビは、直接シケムの人たちに対して剣を取って押し入り、殺していきます。真に神による罪の赦しを忘れた、人間的な感情に駆られた犯罪が繰り広げられていきます。非常に短絡的な犯行です。
 さらにシメオンとレビの行いを知った他の兄弟たちは、略奪・強盗を行います(27-29)。どさくさに紛れてという言葉がありますが、まさにそのとおりです。こうした行為は、決して許されてはなりません。主の御前に罪と定められる行為です。善悪の判断は、人々によってなされるのではありません。状況によって変化するものでもあってもなりません。ここに主がおられ、主の御前に正しいとされる行為であるか、否かが問われているのです。

 確かに私たちは犯罪に巻き込まれ、傷を負った時、確かに憤りを覚えます。しかし、復讐心を持ってはならないのです。罪に対する裁きは主がなされるのです。それと同時に、私たち自身が罪赦された罪人であることを忘れてはなりません。キリストの十字架による罪の赦しが与えられているのです。だからこそ私たちは、キリストが私たちの罪を赦して下さったように、隣人の罪を赦し、真の悔い改めと信仰に導かれることを願うべきです。


                                            (2006.1.22)
COPYRIGHT(C) 2006 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る