トップ > 説教要約 > 創世記説教(44章)


【礼拝説教】  「いたずら?」  辻 幸宏牧師

創世記44章1〜34節

  1 ヨセフは執事に命じた。
 「あの人たちの袋を、運べるかぎり多くの食糧でいっぱいにし、めいめいの銀をそれぞれの袋の口のところへ入れておけ。2 それから、わたしの杯、あの銀の杯を、いちばん年下の者の袋の口に、穀物の代金の銀と一緒に入れておきなさい。」
  執事はヨセフが命じたとおりにした。
  3 次の朝、辺りが明るくなったころ、一行は見送りを受け、ろばと共に出発した。4 ところが、町を出て、まだ遠くへ行かないうちに、ヨセフは執事に命じた。
 「すぐに、あの人たちを追いかけ、追いついたら彼らに言いなさい。『どうして、お前たちは悪をもって善に報いるのだ。5 あの銀の杯は、わたしの主人が飲むときや占いのときに、お使いになるものではないか。よくもこんな悪いことができたものだ。』」
  6 執事は彼らに追いつくと、そのとおりに言った。7 すると、彼らは言った。
 「御主人様、どうしてそのようなことをおっしゃるのですか。僕どもがそんなことをするなどとは、とんでもないことです。8 袋の口で見つけた銀でさえ、わたしどもはカナンの地から持ち帰って、御主人様にお返ししたではありませんか。そのわたしどもがどうして、あなたの御主君のお屋敷から銀や金を盗んだりするでしょうか。9 僕どもの中のだれからでも杯が見つかれば、その者は死罪に、ほかのわたしどもも皆、御主人様の奴隷になります。」
  10 すると、執事は言った。
 「今度もお前たちが言うとおりならよいが。だれであっても、杯が見つかれば、その者はわたしの奴隷にならねばならない。ほかの者には罪は無い。」
  11 彼らは急いで自分の袋を地面に降ろし、めいめいで袋を開けた。12 執事が年上の者から念入りに調べ始め、いちばん最後に年下の者になったとき、ベニヤミンの袋の中から杯が見つかった。13 彼らは衣を引き裂き、めいめい自分のろばに荷を積むと、町へ引き返した。
  14 ユダと兄弟たちがヨセフの屋敷に入って行くと、ヨセフはまだそこにいた。一同は彼の前で地にひれ伏した。15 「お前たちのしたこの仕業は何事か。わたしのような者は占い当てることを知らないのか」とヨセフが言うと、16 ユダが答えた。
  「御主君に何と申し開きできましょう。今更どう言えば、わたしどもの身の証しを立てることができましょう。神が僕どもの罪を暴かれたのです。この上は、わたしどもも、杯が見つかった者と共に、御主君の奴隷になります。」
  17 ヨセフは言った。
  「そんなことは全く考えていない。ただ、杯を見つけられた者だけが、わたしの奴隷になればよい。ほかのお前たちは皆、安心して父親のもとへ帰るがよい。」

  18 ユダはヨセフの前に進み出て言った。
 「ああ、御主君様。何とぞお怒りにならず、僕の申し上げますことに耳を傾けてください。あなたはファラオに等しいお方でいらっしゃいますから。
  19 御主君は僕どもに向かって、『父や兄弟がいるのか』とお尋ねになりましたが、20 そのとき、御主君に、『年とった父と、それに父の年寄り子である末の弟がおります。その兄は亡くなり、同じ母の子で残っているのはその子だけですから、父は彼をかわいがっております』と申し上げました。21 すると、あなたさまは、『その子をここへ連れて来い。自分の目で確かめることにする』と僕どもにお命じになりました。22 わたしどもは、御主君に、『あの子は、父親のもとから離れるわけにはまいりません。あの子が父親のもとを離れれば、父は死んでしまいます』と申しましたが、23 あなたさまは、『その末の弟が一緒に来なければ、再びわたしの顔を見ることは許さぬ』と僕どもにおっしゃいました。24 わたしどもは、あなたさまの僕である父のところへ帰り、御主君のお言葉を伝えました。25 そして父が、『もう一度行って、我々の食糧を少し買って来い』と申しました折にも、26 『行くことはできません。もし、末の弟が一緒なら、行って参ります。末の弟が一緒でないかぎり、あの方の顔を見ることはできないのです』と答えました。27 すると、あなたさまの僕である父は、『お前たちも知っているように、わたしの妻は二人の息子を産んだ。28 ところが、そのうちの一人はわたしのところから出て行ったきりだ。きっとかみ裂かれてしまったと思うが、それ以来、会っていない。29 それなのに、お前たちはこの子までも、わたしから取り上げようとする。もしも、何か不幸なことがこの子の身に起こりでもしたら、お前たちはこの白髪の父を、苦しめて陰府に下らせることになるのだ』と申しました。30 今わたしが、この子を一緒に連れずに、あなたさまの僕である父のところへ帰れば、父の魂はこの子の魂と堅く結ばれていますから、31 この子がいないことを知って、父は死んでしまうでしょう。そして、僕どもは白髪の父を、悲嘆のうちに陰府に下らせることになるのです。
  32 実は、この僕が父にこの子の安全を保障して、『もしも、この子をあなたのもとに連れて帰らないようなことがあれば、わたしが父に対して生涯その罪を負い続けます』と言ったのです。33 何とぞ、この子の代わりに、この僕を御主君の奴隷としてここに残し、この子はほかの兄弟たちと一緒に帰らせてください。34 この子を一緒に連れずに、どうしてわたしは父のもとへ帰ることができましょう。父に襲いかかる苦悶を見るに忍びません。」


 43章で、ヤコブに苦渋の決断を求めて、ヤコブの息子たちは飢饉のためにエジプトに二回目の買い付けに行きました。ですから兄弟たちにとっては、何が何でも食料を買い付け、ベニヤミンを父の許に連れ帰らなければならないとの思いがありました。しかし、いざエジプトに来てみますと、兄弟たちはわけの分からないまま主人であるヨセフの屋敷に呼ばれ、食事が提供され、遂に目的通り食料を手に入れ、カナンに帰ることが許されたのです。この時、兄弟たちは初めにエジプトに来た時に、帰路、何があったのかを忘れていたことでしょう。しかし同じことが繰り返されるのです。
 ヨセフは、ベニヤミンの袋を選び出し、銀の杯を入れます。これは繰り返されるヨセフのいたずらでしょうか?兄弟たちに対する復讐でしょうか?しかしヨセフにとって一つの目的があったのです。銀の杯は、エジプトにおいて祭儀に用いられ、非常に重要なものでした。ですからそれを盗むことは、死罪にもあたる重い罪でした。ヨセフは、盗みが見つかった兄弟たちの反応を見ているのです。ユダが答えます(16,18-)。
 ヨセフは、ユダの答えから、目的を達成する二つのことを聞き取ります。
 一つめは罪の告白です。最初の対面した時には、彼らはヨセフに対して行ったことを語りませんでした。しかしここでユダは、自分たちには罪があり、負い目があることを告白し、それを主なる神さまが示されたのだと告白します。ヨセフが兄弟たちに求めていたのは、まさしくこの罪の告白と悔い改めでした。もちろん、ここでのユダの言葉だけでは、十分な罪の告白と悔い改めとはなっていないのは言うまでもありません。
 しかし主の御前に私たちがキリスト者として歩むために第一に求められていることは、己の罪を知り(小教理82)、告白し、悔い改めることです。罪の故の永遠の刑罰としての死を知らなければ、真の信仰は生じてこないのです。己の内に、罪との格闘、主の一方的な恵みによる赦しが示されることにより、真の信仰が生じてくるのです。この罪の意識と悔い改めがなければ信仰は漠然とします。現在の日本のキリスト者の信仰が問われています。
 しかし私たちが求められている罪の告白と悔い改めは、福音派の人たちが行う救いの証しにより自らの罪を暴露することではありません。また、カトリック教会で告解(懺悔)が求められ、神父の前で罪を告白して、罪の赦しの宣言を受けるようなことも、私たちは求められていません。聖霊を通して働いて下さる主に対して、私たちは祈りにより、罪を告白し、悔い改めれば良いのです。主は今も聖霊を通して私たちと一緒にいて下さいます。
 もちろん、それとあわせ、牧師はいつでも信徒の方々の相談をお聞きしますし、主の御前に一緒に祈ることも出来ます。また、可能な限り助けの手を貸すことも可能ですし、他の人に協力を要請することも出来ますので、一人で殻に閉じこもる必要はありません。
 そして、ユダの言葉において、もう一つ忘れてはならないことは、ベニヤミンの罪を兄弟たち全員で負おうとしたことです。つまり、兄弟たちは本来ここでベニヤミン一人が背負わなければならない罪の十字架を、兄弟たちが、またユダが背負ったのです(16,32-34)。犯人をかばうために、別の者が出頭して罪を背負うのです。ユダが身代わりを名乗り出たため、ベニヤミンが無罪放免となるように願い出ているのです。
 しかし、人の罪を主の御前に完全に償える人などいません。完全に律法を全うし罪のない人がいないからです。だからこそ、神の御子であるイエス・キリストが、人となられ、神と人との仲保者として、さらに私たちの罪を償う働きが求められたのです。主の御前に私たちの罪が赦され救われるために、まさしくキリストが私たちの身代わりとなって下さったのです。これがキリストの十字架です。キリストが十字架にお架かり下さったからこそ、私たちの罪が償われ、私たちは刑罰としての永遠の死を免れる者とされたのです。
 ですから、主なる神さまは、私たちが己の罪に対して向き合い、主の御前にその罪を告白し、罪を悔い改めることを求められていますが、もう一方、私たちが罪の故に死に行くことがないように、御子イエス・キリストを十字架に遣わし、私たちの身代わりをなるようにお示し下さったのです。だからこそ、私たちは罪にいつまでも苦しむことなく、ただただ主によって罪が赦され、救われていることに感謝と喜びをもって、生きていくことが出来るものとされているのです。

                                            (2006.5.21)
COPYRIGHT(C) 2006 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る