トップ > 説教要約 > 創世記説教(47章)


【礼拝説教】  「誓い」  辻 幸宏牧師

創世記47章27〜31節

  27 イスラエルは、エジプトの国、ゴシェンの地域に住み、そこに土地を得て、子を産み、大いに数を増した。28 ヤコブは、エジプトの国で十七年生きた。ヤコブの生涯は百四十七年であった。
  29 イスラエルは死ぬ日が近づいたとき、息子ヨセフを呼び寄せて言った。「もし、お前がわたしの願いを聞いてくれるなら、お前の手をわたしの腿の間に入れ、わたしのために慈しみとまことをもって実行すると、誓ってほしい。どうか、わたしをこのエジプトには葬らないでくれ。30 わたしが先祖たちと共に眠りについたなら、わたしをエジプトから運び出して、先祖たちの墓に葬ってほしい。」
  ヨセフが、「必ず、おっしゃるとおりにいたします」と答えると、31 「では、誓ってくれ」と言ったので、ヨセフは誓った。イスラエルは、寝台の枕もとで感謝を表した。


 創世記も終わりに差し掛かってきました。ヤコブの一家がエジプトに入ることにより、創世記自体の目的は達していると言ってもよいでしょう。この後は、ヤコブが兄弟たちに対する祝福を語り、死と埋葬が語られるだけで、この後400年間、エジプトにおけるイスラエルの生活に関して、聖書は沈黙します。聖書は人間的関心で語るのではなく、神のアブラハムへの約束が成就することを確認が、語られているのです。主のアブラハムに対する約束としては、次の聖句によって確認することが出来ます(参照:12:1-3、15:4-7,13-16,18-21)。
 そしてヤコブがエジプトに下る時、主は改めて、「わたしは神、あなたの父の神である。エジプトへ下ることを恐れてはならない。わたしはあなたをそこで大いなる国民にする。わたしがあなたと共にエジプトへ下り、わたしがあなたを必ず連れ戻す。ヨセフがあなたのまぶたを閉じてくれるであろう。」(46:2-4)とお語り下さったのです。
 そして400年の間に、イスラエルはエジプトにおける虐げの時を過ごしますが、それは同時にイスラエルが星のように多くなり神の約束が成就していく時でもあったのです。
 そうした中、聖書はヤコブの147年の地上での生涯を終えるに先立ち、ヨセフに対してヤコブ自らの葬りについての遺言を語ります(29-30)。「手を腿の間に入れる」、こうした事は、通常行わないわけですが、生殖器のすぐ下に手を入れることは、非常に重要なに厳粛な誓い・宣誓が求められていると言って良いかと思います(参照:創24:2-4)。
 ちょうど、先週の祈祷会において、ウェストミンスター信仰告白から厳粛な宣誓について学びましたが、このように告白していたのです。第22章第1節「宣誓は、宗教的礼拝の一要素であり、これによって、正当な場合、誓いをする人は、自分が主張し、あるいは約束することの証人となってくださるように、また、自分が誓うことの真偽に応じて自分を裁いてくださるように、厳粛に神を呼び求めるのである。」ウェストミンスターは、宣誓のことを、神礼拝であるとまで言い切っています。つまり誓いとは、単なる人と人との間の口約束ではないのです。父から息子への遺言という重みがありますが、それと同時に、この約束が主に語られ、主がこの約束の証人となって下さるように願うのです。主なる神さまは、私たちの全てのことをご存じでありますから、主の御前に誓うことは、ヤコブにとっても、すべてのことを成し遂げることが求められてくることとなります。また第3節では「宣誓を行う人はだれでも、かくも厳粛な行為の重大さをしかるべく考慮すべきであり、宣誓においては、自分が真実であると完全に確信していること以外は、何事も、真実だと言明してはならない。また、いかなる人も、良く、正しいこと、自分がそうだと信じていること、そして、自分が果たすことができ、また果たそうと決意していること、以外の、いかなることにも、宣誓によって自分を拘束してはならない。」とも告白します。
 現在、約束が果たされないことがよくあります。私たちは人との間でなされる約束が、主の証人のもとに行われているという意識を、私たちは忘れてはならないのです。
 最後にヤコブがヨセフに求めた遺言を確認しておかなければなりません。「どうか、わたしをこのエジプトには葬らないでくれ。わたしが先祖たちと共に眠りについたなら、わたしをエジプトから運び出して、先祖たちの墓に葬ってほしい。」(30)年寄りのわがままでしょうか。故郷に対する哀愁があるのでしょうか。もちろん、そうしたことが全くなかったということは言えないでしょう。しかし私たちは、このヤコブの言葉を、神のアブラハムへの約束から覚えることが必要です(15:16、46:4)。主は、私たちに誓いを守るようにお命じになられている以前に、自ら語られた約束に対して全てを成就なさるお方です。
 ヤコブは、この主の約束を信じ、成し遂げられる信仰に立ち、後のイスラエルの民たちが、異教の国にあっても、常に約束の地を覚えつつ、約束の地を目指すために、このような約束を行ったのです。私たちは、主の大きな約束である救いの御業に組み入れられています。そのために、イスラエルにメシアとしてのイエス・キリストが与えられ、十字架と復活の御業を成し遂げ、私たちの罪の赦しと救いを成し遂げて下さったのです。その方が、再び来られ、私たちを救いに導いて下さろうとしています。この約束を私たちは信じて、主に従っていくのです。だからこそ、私たちも、人となされる約束を、常に、主の御前になされていることを覚え、誠実に実行する者で有り続けたいものです。
                                            (2006.6.25)
COPYRIGHT(C) 2006 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る