トップ > 説教要約 > 創世記説教(48章)


【礼拝説教】  「神の祝福」  辻 幸宏牧師

創世記48章1〜22節

  1 これらのことの後で、ヨセフに、「お父上が御病気です」との知らせが入ったので、ヨセフは二人の息子マナセとエフライムを連れて行った。2 ある人がヤコブに、「御子息のヨセフさまが、ただいまお見えになりました」と知らせると、イスラエルは力を奮い起こして、寝台の上に座った。3 ヤコブはヨセフに言った。
 「全能の神がカナン地方のルズでわたしに現れて、わたしを祝福してくださったとき、4 こう言われた。
  『あなたの子孫を繁栄させ、数を増やし
     あなたを諸国民の群れとしよう。
   この土地をあなたに続く子孫に
     永遠の所有地として与えよう。』
  5 今、わたしがエジプトのお前のところに来る前に、エジプトの国で生まれたお前の二人の息子をわたしの子供にしたい。エフライムとマナセは、ルベンやシメオンと同じように、わたしの子となるが、6 その後に生まれる者はお前のものとしてよい。しかし、彼らの嗣業の土地は兄たちの名で呼ばれるであろう。
  7 わたしはパダンから帰る途中、ラケルに死なれてしまった。あれはカナン地方で、エフラトまで行くには、まだかなりの道のりがある途中でのことだった。わたしはラケルを、エフラト、つまり今のベツレヘムへ向かう道のほとりに葬った。」
  8 イスラエルは、ヨセフの息子たちを見ながら、「これは誰か」と尋ねた。9 ヨセフが父に、「神が、ここで授けてくださったわたしの息子です」と答えると、父は、「ここへ連れて来なさい。彼らを祝福しよう」と言った。10 イスラエルの目は老齢のためかすんでよく見えなかったので、ヨセフが二人の息子を父のもとに近寄らせると、父は彼らに口づけをして抱き締めた。
  11 イスラエルはヨセフに言った。「お前の顔さえ見ることができようとは思わなかったのに、なんと、神はお前の子供たちをも見させてくださった。」
  12 ヨセフは彼らを父の膝から離し、地にひれ伏して拝した。13 ヨセフは二人の息子のうち、エフライムを自分の右手でイスラエルの左手に向かわせ、マナセを自分の左手でイスラエルの右手に向かわせ、二人を近寄らせた。14 イスラエルは右手を伸ばして、弟であるエフライムの頭の上に置き、左手をマナセの頭の上に置いた。つまり、マナセが長男であるのに、彼は両手を交差して置いたのである。
  15 そして、ヨセフを祝福して言った。
 「わたしの先祖アブラハムとイサクが
   その御前に歩んだ神よ。
 わたしの生涯を今日まで
   導かれた牧者なる神よ。
 16 わたしをあらゆる苦しみから
   贖われた御使いよ。
 どうか、この子供たちの上に
   祝福をお与えください。
 どうか、わたしの名と
   わたしの先祖アブラハム、イサクの名が
   彼らによって覚えられますように。
 どうか、彼らがこの地上に
   数多く増え続けますように。」
  17 ヨセフは、父が右手をエフライムの頭の上に置いているのを見て、不満に思い、父の手を取ってエフライムの頭からマナセの頭へ移そうとした。18 ヨセフは父に言った。
 「父上、そうではありません。これが長男ですから、右手をこれの頭の上に置いてください。」
  19 ところが、父はそれを拒んで言った。
 「いや、分かっている。わたしの子よ、わたしには分かっている。この子も一つの民となり、大きくなるであろう。しかし、弟の方が彼よりも大きくなり、その子孫は国々に満ちるものとなる。」
  20 その日、父は彼らを祝福して言った。
 「あなたによって
   イスラエルは人を祝福して言うであろう。
  『どうか、神があなたを
    エフライムとマナセのように
    してくださるように。』」
  彼はこのように、エフライムをマナセの上に立てたのである。
  21 イスラエルはヨセフに言った。
 「間もなく、わたしは死ぬ。だが、神がお前たちと共にいてくださり、きっとお前たちを先祖の国に導き帰らせてくださる。22 わたしは、お前に兄弟たちよりも多く、わたしが剣と弓をもってアモリ人の手から取った一つの分け前(シェケム)を与えることにする。」


 アブラハムが、神さまから召され、祝福を受け、それがイサク・ヤコブに引き継がれてきてきましたが、この祝福がヤコブの12名の子供たちに受け継がれていく事により、イスラエル12部族へと神の祝福が受け継がれていく事となりますが、この48章において、一つ特質すべきことが行われます。つまりヨセフの子マナセとエフライムがルベンやシメオンと同じようにヤコブの子として受け入れられようとしているのです。このことは、ヨセフが他の兄弟に比べて特別な存在であるからです。
 では12部族が13部族になるのか? しかし、聖書はあくまでも12部族にこだわります。創世記を読む限りにおいては、明らかではありませんが、出エジプト記・レビ記や後の旧約聖書を読み進む時、レビ族は祭司の家系として召され、出エジプト後にも嗣業の土地を持たないものとされて行きます。ですから、出エジプトの後に嗣業の土地が与えられる12部族は、レビとヨセフに代わって、マナセとエフライムが12部族として挙げられます。つまりイスラエルは常に12の部族で構成され続けます。このことは、非常に重要な鍵です。私たちの向かっている神の国は、神さまによって造られた完全なる御国です。その神の国に繋がる約束の民イスラエルは、常に満たされた状態にある。それがこの12という数字に示されているのです。そして私たちの向かう神の国もまた、完全に満たされた状態にあり、神さまがご計画している神の民は全て、集められるのです。その時まで、地上においては、福音宣教が続けられるのです。
 しかし、この時もう一つの奇妙な出来事が起こります(12-19)。ヤコブは、弟のエフライムを右手で、兄のマナセを左手で祝福したのです。ヨセフは、ヤコブが目がほとんど見えないため間違ったのだと思いこみ、手を入れ替えようとしますが、ヤコブは主の意志に従ったのです。主なる神さまは、全ての者に賜物を与え、またその能力も知っておられます。そして主はより力を得る者として、つまり右の手で祝福を受ける者として、兄のマナセではなく、弟エフライムをお選びになったのです。ちょうど、アブラハムに対してイシュマエルではなくイサクを、イサクに対してエサウではなくヤコブを、そして、ヤコブに対してルベンではなくヨセフを、主が一方的な恵みによってお選びになったようにです。
 なぜか、聖書は答えを示してくれません。しかし、主によって捕らえられた者たちは、主を知り、主の愛を知り、主の恵みに満たされ、主と共に歩む祝福に導かれ、信仰生活を全うし、神の国へと導かれる者とされていくのです。選びを語る時、神の責任を問う声が出てきます。しかし、このことは裏返して考えますと、神による救いを受け入れない人は、自らの罪を省みないのであり、その結果、人間の側の責任が問われてもいるのですが、事故吟味を行わないのです。そう言う状況の中、救われない事に対する不平を語ることは、許されないことです。そして、主が救いに導こうとする者は、主の声に対して、耳を傾け、罪を告白し、主を信じた歩みへと変えられ、主の祝福へと招かれるのです。
 主は、取るに足らないアブラハムを一方的に召して、祝福して下さり、イサクへ、ヤコブへ、そしてヨセフへと引き継がれていくことを良しとして下さっています。それは彼らが素晴らしい人間だったからではなく、主の一方的な恵みによって与えられた祝福です。
 神からの祝福は、まず最初にヨセフに与えられますが、続けてヨセフの二人の子供たち、12名の兄弟たちに与えられていくこととなります。つまり、ヨセフは、ヤコブにより愛され、またイスラエルにとっても重要な働きを担ったことより、他の兄弟たちよりも重んじられるのですが、それでも祝福は12部族、イスラエル全体に引き継がれていくのです。つまり、神の祝福とは、神の民とされたイスラエルに対して、そして、霊的にイスラエルとされた私たちキリスト者に引き継がれてくるのです。
 ヤコブの信仰が豊かに表れている祝福の言葉が15-16節に語られます。主がいつも共にいて下さる。そして常に羊飼いとして養って下さっている。そしてすべての苦しみから贖って下さる神さまの御前に、ヤコブは立っているのであり、その主なる神さまがヨセフと共におられます。そしてこの神の祝福が、今、私たちキリスト者に引き継がれてきているのです。私たちは、この祝福に与っていることを、キリストの十字架と復活を信じることによる信仰告白と洗礼・主の晩餐によって、神と教会の前に確認することが出来るのです。
                                            (2006.7.2)
COPYRIGHT(C) 2006 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る