トップ > 説教要約 > 創世記説教(50章)


【礼拝説教】  「長年の恨み?」  辻 幸宏牧師

創世記50章15節〜26節

15 ヨセフの兄弟たちは、父が死んでしまったので、ヨセフがことによると自分たちをまだ恨み、昔ヨセフにしたすべての悪に仕返しをするのではないかと思った。16 そこで、人を介してヨセフに言った。「お父さんは亡くなる前に、こう言っていました。17 『お前たちはヨセフにこう言いなさい。確かに、兄たちはお前に悪いことをしたが、どうか兄たちの咎と罪を赦してやってほしい。』お願いです。どうか、あなたの父の神に仕える僕たちの咎を赦してください。」
  これを聞いて、ヨセフは涙を流した。18 やがて、兄たち自身もやって来て、ヨセフの前にひれ伏して、「このとおり、私どもはあなたの僕です」と言うと、19 ヨセフは兄たちに言った。「恐れることはありません。わたしが神に代わることができましょうか。20 あなたがたはわたしに悪をたくらみましたが、神はそれを善に変え、多くの民の命を救うために、今日のようにしてくださったのです。21 どうか恐れないでください。このわたしが、あなたたちとあなたたちの子供を養いましょう。」
  ヨセフはこのように、兄たちを慰め、優しく語りかけた。
  22 ヨセフは父の家族と共にエジプトに住み、百十歳まで生き、23 エフライムの三代の子孫を見ることができた。マナセの息子マキルの子供たちも生まれると、ヨセフの膝に抱かれた。
  24 ヨセフは兄弟たちに言った。「わたしは間もなく死にます。しかし、神は必ずあなたたちを顧みてくださり、この国からアブラハム、イサク、ヤコブに誓われた土地に導き上ってくださいます。」
  25 それから、ヨセフはイスラエルの息子たちにこう言って誓わせた。
  「神は、必ずあなたたちを顧みてくださいます。そのときには、わたしの骨をここから携えて上ってください。」
  26 ヨセフはこうして、百十歳で死んだ。人々はエジプトで彼のなきがらに薬を塗り、防腐処置をして、ひつぎに納めた。


 ヨセフと兄弟たちとの間には、兄弟たちがヨセフを憎み、ヤコブを殺そうとしたこと、殺すことはしなかったものの最終的にはイシュマエル人に売り、そしてヨセフがエジプトに連れて行かれたことが(37章)、両者の心の中に残っていました。
 ヨセフが兄弟たちに身を明かした時、ヨセフは兄たちと和解していたのです(45:3-8)。ヨセフにとって、こうした人生を送ることとなったことは、主がご計画し、主の導きのもとになされたことであり、すべてを納得し、受け入れていたのです。だからこそ、兄弟たちの恨みの故に殺されそうになったこともあったが、それも主の守りと導きがあったことを信じ、受け入れていたのです。
 しかし、兄弟たちにとっては、そうではなかったのです。常に、ヨセフによる仕返しを恐れ、特に父が死去した今、その恐怖が露わになります。そして、亡き父の名を語り、赦しを願います(50:16-17)。
 主なる神さまへの信仰の告白と罪の赦しを受け入れ、それ故に、隣人や兄弟たちとの和解、罪の赦しへと導かれていたヨセフと、そうした和解とはよそに、肉的な恨みを恐れ、人間的な小細工を行おうとする兄弟たちとの間に、大きな溝があるのです。
 神さまを信じることは、まず第一にキリストの十字架による罪の赦しと永遠の生命の約束という、私自身と神さまとの関係の回復にあるわけですが、信仰とは私と神さまという一対一の関係に留まらないのです。教会のことを、よく信仰共同体であると語ります。神さまによって罪が赦された者たちが集っています。この教会も信仰共同体となっているのですが、ここに集う一人一人が、神さまとの関係にあって、罪が赦され、永遠の生命が約束されているのですが、言い換えれば、信仰共同体とは、神さまによって罪が赦された者同士が集っているのです。私も神さまによって罪が赦された。そしてあなたも神さまによって罪が赦された。この時、互いの関係の中にある罪も、赦しあうことへと繋がるのです。神さまによって罪が赦された者が、他者の罪を赦し、和解できるのです。
 マタイ18章21〜35節には、ペトロが主イエスに「主よ、兄弟がわたしに対して罪を犯したなら、何回赦すべきでしょうか。七回までですか。」と問うことに対して、主イエスは「七回どころか七の七十倍までも赦しなさい」と語ります。そして続けて一つの譬えを語ります(マタイ18:23-34)。10000タラントン(6000億円)借金がある家来は主人にしきりに願い、借金を免除してもらいます。しかしその家来は、100デナリオン(100万円)貸している仲間に借金の返済を迫り、借金を返すまで牢に入れます。それを知った主人は、その家来を捕らえ、牢に入れます。つまり、私たちは、神さまから罪の赦しと永遠の生命という、金額では買えないような大きな贈り物を頂いているのです。この恵みに感謝する時、地上において100万円と言えば大きな金額ですが、私たちが神さまから頂いた救いに比べれば、小さなことです。こうした罪に対して赦す心、和解の心は、救いの恵みを本当に理解していれば、自然と生じてくるはずであります。それだけあなたの罪のためにキリストが十字架に死に、そして復活されたことは、あなたに対する大きな贈り物なのです。
 ヨセフは、この神さまの恵みに満たされていたのですが、兄弟たちはまだそのことに気が付いていなかったのです。そのため、ヨセフは改めて兄弟たちに赦しを語り、さらに兄弟たちと子どもたちを養うことを約束します(50:19-21)。これが、主なる神さまのご計画に入れられ、主による救いに生きる者であります。
 そして人を赦し、受け入れ合う、このことが広がっていくことにより、平和を形成する動きが生じてくるのです。そしてこのことが、主イエスの言葉に繋がります。「敵を愛し、あなたがたを憎む者に親切にしなさい。悪口を言う者に祝福を祈り、あなたがたを侮辱する者のために祈りなさい。・・あなたがたは敵を愛しなさい。」(ルカ6:27-28,35)
 人を恨み、滅ぼし去る者ではなく、人と和解し、赦し合う者でありましょう。このことが、広がることにより、国家間における戦争はなくなり、平和な社会、つまり神の国の完成へ向けての歩みへと向かいます。

                                            (2006.7.30)
COPYRIGHT(C) 2006 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る