トップ > 説教要約一覧 > ヤコブ書説教(2章)


【礼拝説教】  「アブラハムの信仰」  辻 幸宏牧師

ヤコブの手紙2章18〜26節

  18 しかし、「あなたには信仰があり、わたしには行いがある」と言う人がいるかもしれません。行いの伴わないあなたの信仰を見せなさい。そうすれば、わたしは行いによって、自分の信仰を見せましょう。19 あなたは「神は唯一だ」と信じている。結構なことだ。悪霊どももそう信じて、おののいています。20 ああ、愚かな者よ、行いの伴わない信仰が役に立たない、ということを知りたいのか。21 神がわたしたちの父アブラハムを義とされたのは、息子のイサクを祭壇の上に献げるという行いによってではなかったですか。22 アブラハムの信仰がその行いと共に働き、信仰が行いによって完成されたことが、これで分かるでしょう。23 「アブラハムは神を信じた。それが彼の義と認められた」という聖書の言葉が実現し、彼は神の友と呼ばれたのです。24 これであなたがたも分かるように、人は行いによって義とされるのであって、信仰だけによるのではありません。25 同様に、娼婦ラハブも、あの使いの者たちを家に迎え入れ、別の道から送り出してやるという行いによって、義とされたではありませんか。26 魂のない肉体が死んだものであるように、行いを伴わない信仰は死んだものです。



T.信仰と行い
 改革派教会では、創立宣言において、「一つ善き生活とは何ぞ。我等は律法主義者に非らず、又律法排棄論者に非らず」と告白し、「信仰のみ」もしくは「行いのみ」の二者択一、どちらか一方のみではいけないことを確認しています(18)。つまり信仰義認でありつつ、かつ律法廃棄論に陥らないバランスが必要です。
 「信仰を持っていれば何をしても良いのだ」との主張に対して、ヤコブは「では、あなたの信じている神さまとは誰ぞや?」との問いかけです(18)。イスラム教も唯一の神を信じています。つまり「あなたが信じている主なる神さまは、誰で、信じるだけで何もしなくても良いと語っているのか」と言うことです。頭だけの信仰、思弁的な信仰になってはならないのです。主なる神さまを信じるとは、御子イエス・キリストの十字架の贖いによって、あなたの罪が赦されたことを受け入れることです。そうであるならば、主人である主なる神さまの御言葉に全面的に服従する必要が生じてきます。ヤコブは旧約聖書を例に出して、「主なる神さまを信じる信仰とはどういうものであるか」を語ります。

U.アブラハムの信仰
 主は、年老いたアブラハムを召し出して下さいましたが、子どものいないアブラハムに対して「あなたから生まれる者が跡を継ぐ」(創15:4)、「天を仰いで、星を数えることが出来るなら、数えてみるがよい。」(5)「あなたの子孫はこのようになる。」(6)とお語りになります。それに対してアブラムは主を信じ、主はそれを彼の義と認められたのです。しかしこれは始まりであり、完成ではありません。主に義と認められることで、すでに罪が赦され、神の御国における永遠の生命が約束されていますが、主の恵みと祝福に満たされた者は、信仰の成長・聖化と共に、信仰の実りとして行いが伴うのです。主は100歳になるアブラハムに息子イサクを授けられます(21章)。しかし主はさらにアブラハムに命じます。「あなたの息子、あなたの愛する独り子イサクを連れて、モリヤの地に行きなさい。わたしが命じる山の一つに登り、彼を焼き尽くす献げ物としてささげなさい」(22:2)。アブラハムは主の相反する二つの命令に悩みます。しかしアブラハムは、結果を自分勝手に判断することなく、主の言葉に聞き従います。つまり信仰とは、主なる神さまを信じるだけでなく、主なる神さまが命じておられる御言葉に服従することであり、神の義に従った歩みを行うことです。ヤコブはこのアブラハムの信仰について語ります(2:22-23)。

V.ラハブの信仰
 ヤコブは続けて娼婦(遊女)ラハブの例を付け加えます(参照:ヨシュア2章)。彼女は主の御前に罪とされることを仕事としていました。しかし彼女は、主を信じ、エジプトから下り、約束の地に入ろうとしているイスラエルの使いを囲まい、彼らの命を狙っていたエリコの人々から彼らを救います。ヤコブはラハブも主が義と認められたと語ります(25)。
 このラハブの事例は、取って付けたように見えます。しかし、この一つの事例を付け加えることにより、主による救いが、主を信じる全ての者に及んでいることを私たちに示しています。それは「アブラハムは、信仰の父。キリストに至るイスラエルの父祖である。だから主は彼を選び救った」という主張を否定するためです。ラハブに関してはさらに、主イエスの系図で、ボアズの母として記されます(マタイ1:5)。

 結.思弁的信仰ではなく、行いが伴う信仰
 つまり、主は、主の御言葉を受け入れ信じた者は、思弁的に頭だけの信仰とはならず、その実りとして主の御言葉に聞き従う実りが伴うことを語ります。その上で、そうした人々は、身分・国民・地位に関係することなく、主による救いに与るのです。ラハブも、主を信じ、主の御言葉に聞き従います。そのため娼婦の生活は辞めたことでしょう。だからこそ、メシアの系図にも、名が記される主からの賞賛が与えられたのです。
 私たちは、主の御前に立つ時、罪深く、自らの罪を前にした時、この罪を赦して下さった主にただただ頭を垂れるばかり、感謝するしかないのです。だからこそ、その主の御言葉に聞き従うことが求められているのです。しかし主の御言葉に聞き従う行動はなかなか出来るものではありません。主に従えない自分もここにいるのです。しかし、真に主による救いに導かれ、すでに罪の呪いの死から贖い出され、キリストの十字架による救いに導かれているのです。ただ信じるだけではなく、主の御言葉に聞き従い、キリストに倣う者として、日々、聖化され、結果として善き行いを行う者へと促されていきましょう。



                                     (2007.9.23)
COPYRIGHT(C) 2007 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る