トップ > 説教要約一覧 > ヤコブ書説教(5章)


【礼拝説教】  「互いに祈り合う」  辻 幸宏牧師

ヤコブの手紙5章13〜18節

  13 あなたがたの中で苦しんでいる人は、祈りなさい。喜んでいる人は、賛美の歌をうたいなさい。14 あなたがたの中で病気の人は、教会の長老を招いて、主の名によってオリーブ油を塗り、祈ってもらいなさい。15 信仰に基づく祈りは、病人を救い、主がその人を起き上がらせてくださいます。その人が罪を犯したのであれば、主が赦してくださいます。16 だから、主にいやしていただくために、罪を告白し合い、互いのために祈りなさい。正しい人の祈りは、大きな力があり、効果をもたらします。17 エリヤは、わたしたちと同じような人間でしたが、雨が降らないようにと熱心に祈ったところ、三年半にわたって地上に雨が降りませんでした。18 しかし、再び祈ったところ、天から雨が降り、地は実をみのらせました。



T.キリスト者として積極的な生き方を求めるヤコブ
 キリスト者としての歩みは、禁止事項を守るだけの消極的な生き方だけではありません。つまりキリスト者の積極的な生き方もあるのです。それは言い換えれば、聖化の歩みであり、善き業です。つまり、十戒を含む律法には禁止事項の命令が語られていますが、主が意図されていることは、その背後に必ずキリスト者として積極的に行うべき事柄もあるのです。ここでヤコブは、具体的なことを4つ記します。
 @苦しんでいる人と共に祈ること(13節a)
 A喜んでいる人は、讃美の歌を歌うこと(13節b)
 B病気の人は、長老に祈ってもらいなさい(14-15節)
 C罪を犯したのであれば、主に告白し合い、祈りなさい(15b-16a節)

U.実際的な行い
 @共に祈る
 最初は共に祈ることです。苦しければ、苦しめる者と戦ったり、文句を語ることはないのです。かと言って、ただ我慢しなさいとは語りません。確かに忍耐は必要です。しかし、主が私たちをキリストの十字架によって救いに導いて下さっているのです。そして私たちはすでに神の子となっているのです。主は私たちに祈ることをお教え下さり、主はその祈りを聞き届けて下さるのです。神の子の特権です。主は私たちの全てを御覧になられ、苦しみをも理解して下さいます。そして主は私たちの祈りにより、問題を解決し、平安をもたらして下さいます。私たちは疑うことなく信じて祈ることが求められているのです。

 A喜ぶ者は、讃美の歌を歌え!
 第二は、喜んでいる人は、賛美の歌を歌うのです。ここでの「喜び」とは、元気を出すと言うことです(参照:使徒27:22,25)。つまり「苦しみから抜け出し元気になって喜んでいる人」の事です。そして、「賛美」とは、詩編を歌うことです。主によって与えられた喜ばしい恵みを、主に感謝し、主の栄光を誉め称える事が求められているのです。苦しい時のみ主に祈りを献げて、祈りが聞き届けられたらそれで終わりではないのです。主の恵みに対する応答も、求められ、主と共に喜びを分かち合うのです。

 B病人は長老に祈ってもらえ
 第三は、病気の人は、教会の長老を招いて祈ってもらうことです。ここはカトリック教会が秘蹟の一つとしての「終油」を教える根拠としている箇所ですが、そうではありません。ここは死に際した病人のことを語っているとは限らないからです。また、この文脈から、秘蹟を語るのも相応しくありません。むしろここでは、「信仰に基づく祈り」について語られているのであり、油を塗ることは治療方法の一つと考えればよいのです。
 長老を招いて祈ってもらうのは、長老は、信仰を持って主に全てを委ねて祈るからです。長老(牧師は教える長老、長老は治める長老)は、主によって召されたと共にそれだけの信仰が求められているのです。彼らの祈りに力があるのではなく、主に全てを委ねる信仰を持って祈ることにより祈りが聞き届けられるのです。

 C罪を犯せば、告白しなさい
 最後に、罪を告白し合い、互いのために祈ることです。ここで病気の原因として罪が語られているように思えますが、聖書は病気の全ての原因が罪にあるとは語りません。むしろ、主イエスが病人たちをいやされる時、彼らの病気は、主の栄光が示されるためであることを語り、主イエスも本人や家族の罪の故ではないことを語られます。
 むしろここでは、主による罪の赦しが与えられるように祈ることが求められます。主はキリストの十字架によってすでに私たちの全ての罪を償って下さっています。そして罪を赦し、救いをお与え下さっているのです。そのために、私たちは主の御前に罪の告白と悔い改め、そして救いの感謝の祈りが求められています。

V.正しい人の祈り (参照:列王上17:1、18:1、41-46)
 ヤコブは最後に正しい人について語ります。正しい人(義人)の祈りは、大きな力があり、効果をもたらします。義人の代表がエリヤです。しかしエリヤは完全に正しく、完全に聖いために祈りが受け入れられたのでしょうか? そうではありません。義人とは、キリストの十字架によって罪が赦され義とされた人です。つまりキリスト者のことです。道徳的に正しく、完全な人の事ではありません。強いて言えば、少しばかりも疑わず、祈りが主によって全てが聞き届けられるとの信仰をもって、主に全てを委ねて祈る人です。そうした人の祈りは、聞き届けられ、大きな力、効果をもたらすのです。

                                     (2007.12.9)
COPYRIGHT(C) 2007 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る