【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「ヨハネの証し」  ヨハネによる福音書1章19~28節



ヨハネによる福音書1章19~28節

  1:19 さて、ヨハネの証しはこうである。エルサレムのユダヤ人たちが、祭司やレビ人たちをヨハネのもとへ遣わして、「あなたは、どなたですか」と質問させたとき、1:20 彼は公言して隠さず、「わたしはメシアではない」と言い表した。1:21 彼らがまた、「では何ですか。あなたはエリヤですか」と尋ねると、ヨハネは、「違う」と言った。更に、「あなたは、あの預言者なのですか」と尋ねると、「そうではない」と答えた。1:22 そこで、彼らは言った。「それではいったい、だれなのです。わたしたちを遣わした人々に返事をしなければなりません。あなたは自分を何だと言うのですか。」1:23 ヨハネは、預言者イザヤの言葉を用いて言った。「わたしは荒れ野で叫ぶ声である。『主の道をまっすぐにせよ』と。」1:24 遣わされた人たちはファリサイ派に属していた。1:25 彼らがヨハネに尋ねて、「あなたはメシアでも、エリヤでも、またあの預言者でもないのに、なぜ、洗礼を授けるのですか」と言うと、1:26 ヨハネは答えた。「わたしは水で洗礼を授けるが、あなたがたの中には、あなたがたの知らない方がおられる。1:27 その人はわたしの後から来られる方で、わたしはその履物のひもを解く資格もない。」1:28 これは、ヨハネが洗礼を授けていたヨルダン川の向こう側、ベタニアでの出来事であった。



序.
 今日の御言葉では洗礼者ヨハネの証しが語られています。ヨハネについては、すでに6,7節、15節で語られてきましたが、キリストが来られるに先立ち、道備えをするために主によって遣わされた証し人でした。ヨハネの証しでキリストがどのようなお方であるかを私たちは今日の御言葉において確認することが求められています。すでにキリスト者とされたクリスチャンもまたキリストの証し人であり、ヨハネの姿から、キリスト者とされた私たちの信仰生活とはいかなるものであるかも一緒に考えて行きます。

Ⅰ.主を証しするエリヤとは
 ヨハネは、メシア(キリスト)が来られることを語り、人々に悔い改めを迫り、人々に洗礼を授けていました。それも都エルサレムから遠く離れた、ヨルダン川の東の荒れ野(ベタニア)においてでした。しかし、この噂は都エルサレムにまで広がります。それは人々がヨハネのことを神がお与え下さった預言者として尊敬しいたからであり、ヨハネのことをメシアの如く思っていた人々もあります。そのため、都エルサレムにいた祭司とレビ人たちは、事実関係を確かめるため代表者をヨハネの所に使わします。本当にメシアか、エリヤだと一大事だからです。
 この時、ヨハネが彼らに対して最初に発した言葉は「わたしはメシアではない」です。これは非常に重要な言葉です。ヨハネは、自分がメシアとして見られること、新たな新興宗教の創設者と見られることを、初めに否定したのです。ヨハネがメシアとして見られることは、神さまの栄光を汚すことになるからです。そして、自分はメシアを指し示す証し人であることを語ります。キリストを証しする人は、自ら神と等しい者であることを名乗ったり、自らを誇ってはなりません。ヨハネは主の御前に遜り、主の栄光を汚すことを避けたのです。
 続けてヨハネは、エリヤであることを否定します。エリヤは旧約の偉大な預言者です。エリヤは、異教の神バアルの預言者たちと対決し、勝利を遂げました(列王上17~19章)。またエリヤは最後、主によって天に上げられます(列王下2:1)。旧約聖書の中で、生きたまま天に上げられたのは、エノク(創世5:24)とエリヤだけです。またエリヤについては、旧約聖書の最後マラキ書3:23で「見よ、わたしは おおいなる恐るべき主の日が来る前に預言者エリヤをあなたたちに遣わす」と預言されていました。そのため人々は、メシアが来られる前に、偉大な預言者エリヤが遣わされることを信じていたのです。
 そして、キリストが来られる前にヨハネが主によって遣わされたのです。ヨハネは旧約聖書が指し示すエリヤであったのです。そのことは、主イエスも証ししておられます。「ヨハネについて、あなたがたが認めようとすれば分かることだが、実は、彼は現れるはずのエリヤである」(マタイ11:14)。またヨハネの誕生を語る天使の言葉は「彼はエリヤの霊と力で主を先立って行き、父の心を子に向けさせ、逆らう者に正しい人の分別を持たせて、準備のできた民を主のために用意する」です(ルカ1:17)。しかし、ヨハネ自身はエリヤであることを否定しました。ここから聖書は矛盾があると言われることもあります。しかし私たちはなぜ、彼がここでエリヤであることを否定したのかを考えなければなりません。もし彼が自らエリヤであることを告白していたらどうであったでしょうか。人々は、エリヤのように奇跡を行いサタンに勝利する者、人々を天に導くために天から降りてこられた、等と空想し、期待します。また、ヨハネが実はザカリヤの子であることを人々が知ると、天から降りてこられたのではないことに躓きます。こうした無用な混乱を回避し、人々に対する悪影響を与えないために、ヨハネは自分自身がエリヤであることを否定したのです。つまり、キリストを証しする時、人々が躓かなくてよいことがあるならば、それを避ける配慮することが求められるのです。
 さて続けてヨハネは、「あの預言者」でもないと語ります。これはモーセのことです。これは申命記18:15でモーセが「あなたの神、主はあなたの中から、あなたの同胞の中から、わたしのような預言者を立てられる。あなたたちは彼に聞き従わねばならない」と語っていたことから、当時言われていたことです。ヨハネがあの預言者ではないと語ったことも、私たちはエリヤの時と同様の理由で解釈すべきです。
 そしてヨハネは、23「わたしは荒れ野で叫ぶ声である。『主の道をまっすぐにせよ』と。」と語ります。旧約聖書イザヤ書40章3節の言葉を引用です。イザヤ書40章とは、イスラエルの民が自らの罪の故に主の裁きに遭い、バビロンに滅ぼされ捕囚の民とされていた時に、帰還の預言が語られた所です。ここでこの御言葉が引用されると言うことは、ヨハネの言葉を聞いているユダヤ人たち、そして私たちもまた囚われ人であることを語ります。しかし、祭司やレビ人たちは、エルサレムにおり、自分たちがイスラエルの民の宗教的指導者であるとの自負があり、囚われ人として解放される必要がある認識はありませんでした。しかしヨハネが道備えを行い、来られるキリストは、まさしく人々を罪の奴隷の状態から、サタンから解放するためにこの世に来られるのです。つまり、私たちもまた、罪の奴隷の状態にあり、罪の死を避けて通ることの出来ない存在です。この私たちから罪を滅ぼし、サタンから解放し、救いと永遠の生命をお与え下さるために、キリストは来られたのです。このことを受け入れなければ、ヨハネを受け入れ、キリストを信じることは出来ません。
 この救い主キリストが来られることを、ヨハネは荒れ野で叫んでいるのです。丁度、災害が起これば、サイレンが鳴り響き、人々に危険を知らせますが、まさしくヨハネの言葉は、メシアが来られたことを人々に告げ知らせるサイレンであったのです。

Ⅱ.洗礼を授ける
 しかし、このヨハネの返答を聞いたファリサイ人たちは、ヨハネに対して改めて尋ねます。「あなたはメシアでも、エリヤでも、またあの預言者でもないのに、なぜ、洗礼を授けるのですか。」と。
 旧約の時代、他の宗教では洗礼に似たものがありましたが、ユダヤ人たちは洗礼を授かることはありませんでした。ユダヤ人は、割礼を受け、神の約束のうちにあることを確認したのです。そのため、洗礼は特別なことを意味しているように取られていました。他の宗教では行われていますが、イスラエルにおいては、異邦人が信仰に導かれた時に、洗礼を受け、その上で割礼を受けていたようです。それ以外はほとんど洗礼は無かったのです。
 また、ヨハネが授けていた洗礼による清めは、生涯で一回限りです。そのため厳粛に行われます。繰り返し行われる水による清めとは一線を画すものです。罪の赦しと救いによる永遠の生命に繋がるのです。ユダヤ人たちに取ってみれば、「メシアでも、エリヤでも、あの預言者でもない者が、何の権威で洗礼を授けているのか」と問うのです。ファリサイ人の理解では、洗礼はメシヤが来臨した時に行なわれるか、その直前にエリヤが来て行なうものであり、終末的な出来事に関わる儀式であり、普通の人間が執行するものではないとの主張を持っていたのでしょう。ヨハネ福音書では、ファリサイ人が、主イエスに対して、洗礼に関して、水の清めに関して、問いただすことが度々記されていくのです。
 ファリサイ人の質問に対して、ヨハネの答えは、質問に対する答えとはなっていません。しかしヨハネはここで、救い主イエス・キリストを指し示し、道備えをするために働いていることを語っているのです。つまり、ヨハネが洗礼を授けることが出来るのは、ファリサイ人たちがまだ知らない救い主による洗礼です。キリストは、ヨハネが「履き物のひもを解く資格もない」お方であり、栄光に包まれた方、神そのものです。ですから、ヨハネが洗礼を授ける時、ヨハネによって救いがもたらされ、約束されるのではないのです。ヨハネが洗礼を授けるのは、イエス・キリストの名によるのです。つまりヨハネが授ける洗礼は、イエス・キリストによって罪の赦しが与えられ、救いが与えられるのです。ヨハネが指し示しているイエス・キリストは、初めから存在されている言である神です。永遠から永遠に存在される主なる神さまであるイエス・キリストに繋がるからこそ、救いが約束されるのです。

 ③現代に引き継がれている洗礼
 今のキリスト教会においても、自らの口で信仰を告白する人たち、あるいはその子どもたちに対して、一度だけ洗礼を授けます。これもヨハネが授けていた洗礼に繋がるのですが、直接的には主イエスのご命令によるのです。つまり、主イエスは十字架から復活されて、天に昇られる前に、弟子たちに対して、「あなたがたは言って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授け、あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい」(マタイ28:19)とお命じになられたからです。洗礼により、父・子・聖霊なる神さまに繋がり、罪の赦しと永遠の生命の救いが約束されるという点では、ヨハネの場合と本質的に同じであると言えるでしょう。イエス・キリストによる救いを受け入れ、信じる者には、イエス・キリストによる救いがもたらされます。

                                              (2009.2.15)


COPYRIGHT(C) 2009 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る