【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「イエスに従う」  ヨハネによる福音書1章35~42節



ヨハネによる福音書1章35~42節

  1:35 その翌日、また、ヨハネは二人の弟子と一緒にいた。1:36 そして、歩いておられるイエスを見つめて、「見よ、神の小羊だ」と言った。1:37 二人の弟子はそれを聞いて、イエスに従った。1:38 イエスは振り返り、彼らが従って来るのを見て、「何を求めているのか」と言われた。彼らが、「ラビ――『先生』という意味――どこに泊まっておられるのですか」と言うと、1:39 イエスは、「来なさい。そうすれば分かる」と言われた。そこで、彼らはついて行って、どこにイエスが泊まっておられるかを見た。そしてその日は、イエスのもとに泊まった。午後四時ごろのことである。1:40 ヨハネの言葉を聞いて、イエスに従った二人のうちの一人は、シモン・ペトロの兄弟アンデレであった。1:41 彼は、まず自分の兄弟シモンに会って、「わたしたちはメシア――『油を注がれた者』という意味――に出会った」と言った。1:42 そして、シモンをイエスのところに連れて行った。イエスは彼を見つめて、「あなたはヨハネの子シモンであるが、ケファ――『岩』という意味――と呼ぶことにする」と言われた。



序.
 クリスチャンは、イエス・キリストを救い主と信じ「イエスに従う」ことを告白します。今日、私たちに与えられた御言葉は、主イエスが宣教活動に入られて、最初の弟子たちと出会った場面です。ここから、私たちがキリスト者となり、イエスに従うとはどういう事であるのかを、一緒に考えていきたいと願っております。

Ⅰ.イエスの最初の弟子になれ!
 主イエスは、洗礼者ヨハネと出会った時、「見よ、世の罪を取り除く神の小羊だ」 (29)と紹介され、「この方こそ神の子である」と、つまりヨハネはイエス・キリストこそが真のメシア、救い主であることを証ししたのです。それは今までヨハネに従ってきていた自らの弟子たちに対しても向けられます。つまりヨハネの意図は、この方こそが、私があなたたちに悔い改めを解き、救いを求めるメシアとして指し示した方だからこそ、もう私から離れて、この方の下へ行きなさい、とのメッセージです。そしてヨハネは、自らの身をここで引き、主から与えられた働きは、ここで終わりであると言っているのです。ヨハネの二人の弟子たちは、ヨハネの意志に答えるかのように、メシアではないヨハネを離れ、メシアである主イエスの下に近づいていきます。
 他の共観福音書で、イエス・キリストの最初の弟子になったのは、シモンとアンデレ、ヤコブとヨハネの二組の兄弟であると語られています。しかしヨハネ福音書では、ペトロの兄弟アンデレともう一人(この福音書の著者ゼベダイの子ヨハネ)です。ですから、最初の弟子としてアンデレとヨハネが挙げられていることに、違和感を覚えるかも知れません。また場所に関しても、共観福音書では弟子たちが漁師をしていたガリラヤ湖畔ですが、ヨハネ福音書では、ヨルダン川の向こう岸ベタニヤです。その他にも違いがあります。
 真実は何かと詮索したくなります。しかしだからと言って、聖書には誤りがある、信じるに値しないと語ってはなりません。両者の着眼点が違うのです。つまりヨハネ福音書は、主イエスの弟子となり、神の救いに入ることに着目しているのであり、共観福音書は、主イエスの使徒、つまり同労者・伝道者として召しに着目しているのです。ヨハネ福音書は、主イエスが洗礼者ヨハネから洗礼を授かった翌日です。この時に、最初に弟子としてのなる決心をしたのです。そしてその後、ガリラヤに戻った時、改めて、主イエスから使徒として、伝道者としての召しに与ったと解釈することも出来るかと思います。

Ⅱ.主イエスの所に留まる
 さて次に、主イエスが二人の弟子たちに「何をもとめているのか」と問われた事に対して、二人は「ラビ(先生)、どこに泊まっておられるのですか」と問い返します。「泊まる」とは、ヨハネが荒れ野で滞在していたことに対して、今日の宿泊を尋ねたと単純に考えてはなりません。もちろんそれもあります。主イエスの泊まっている所に伺い、一緒に語り合い、真のメシアである方がどのようなお方であるかを知りたいという思いもあったでしょう。主イエスに従い、付いていきたいとの意思表示です。しかし、ヨハネ福音書で住処を考える時、それは天国のことを考えなければなりません。洗礼者ヨハネが解き、弟子たちが求めていたものは、メシアによる救いです。そして彼らは切迫したメシヤ来臨の期待に燃えていたのです。つまり永遠の住処である天国はどこですかと問うているのです。ここではこの答えは語られていませんが、ヨハネ福音書を読み進む時に、私たちは、この言葉がキーワードとなっていることが次第に分かってくるかと思います。
 この弟子たちの問いかけに対する主イエスの答えは「来なさい。そうすれば分かる」です。彼らは午後4時頃、宿泊先に着き、主イエスの話しに聞き入ったことでしょう。そしてこの方こそメシアであると確信したのです。翌日、アンデレが兄弟シモンに対して「わたしたちはメシアに出会った」と語っています。同じように、主イエスは私たちをお招き下さいます。「来なさい」と。主イエスの所、つまり教会に集められ、そして主イエスがお語りになる言葉に耳を傾けることです。そうすれば、イエス・キリストこそが、私たちの救い主である、メシアであることが次第に示されるのです。今聞いて、全てが理解できるようなものではありません。今の時代、すぐに答えが求められます。しかし全てを単純化して物事を考えることは非常に危険です。強制するのではありません。しかし、全てを理解するためには、時間をかけて、整理しつつ、理解しなければならないのです。

Ⅲ.メシアとの出会い
 さて、アンデレの兄弟ペトロが続きます。アンデレが主イエスを信じた時に、真っ先に、兄弟シモンに、伝道を行ったのです。アンデレはシモンに「メシアと出会った」と語ります。「メシア」とはヘブライ語で「油注がれた者」の意で、ギリシャ語ではキリストです。イエス・キリストとは、氏名ではありません。イエスの一般的な呼び名は、ナザレのイエス(ナザレに住んでいたイエス)です。しかし、彼こそがメシアである、キリストであるとの称号が付けられ、イエス・キリストと私たちは呼ぶのです。
 神さまを信じるとは、神さまによって救いが与えられたことを信じることですが、救いの喜びに生きる時、それは自分の親しい人へと、喜びを分かち合うこととなるのです。これは結果として伝道となるのです。救いの言葉がかけられた時、人々は不思議がります。拒絶されることもあるかも知れません。しかし、主イエス・キリストに繋がり、神さまによる救いが与えられ、天国に住処が与えられた喜びに生きる時、周囲の人々の反応に右往左往させられてはならないのです。
 また「メシアと出会った」と語る時、それは、有名人に出会ったごとく、よかった、嬉しかったで終わるものではありません。救い主に出会うことは、生き方そのものが変化します。救い主と出会った時、主イエスの弟子になろうとするのであり、主イエスに倣った生活へと促されます。この時、世との格闘が出てきます。禁欲主義でなければならないとは申しません。しかし、この世における生活にどっぷり浸かっているならば、イエス・キリストに従うことは出来ません。必然的に、生活に変化が伴うのです。変化を嫌いながら、キリストに従うことは出来ません。キリストに従う時、キリストがお招き下さる礼拝中心の生活へと変えられていくのです。

Ⅳ.シモン・ペトロ
 最後に、シモン・ペトロについて確認しておきます。シモンは、他の弟子たちと異なり特別でした。これはシモン・ペトロがこの後、教会において果たす役割を果たすからです。
 第一に、主イエスは彼を「見つめます」。しばらくの間ジッと見られたのです。彼の過去と将来を見据え、シモンに対する支配と配慮をこめたものです。
 第二に、「あなたはヨハネの子シモンである」と言われます。恐らく前の夜、兄弟アンデレからシモンのことを聞いていたことでしょう。しかし主イエスは、神であり、シモンのことの全て、つまり心の中も、そして全ての過去・将来のことをご存じです。この神の統治が私たちにももたらされています。
 そして第三に、「ケファと呼ぶことにする」と語られます。新しい名前は新しい存在であることを象徴します。ケファとは「岩」という意味のアラム語で、ギリシャ語で「ペトロ」です。主は、岩の上に倒れない教会を建てられるのであり、その象徴としての名がシモンに与えられたのです(参照:マタイ16章)。
 ペトロは、主イエスの弟子としても特別な存在です。しかし、ペトロを含めてここで記される3人の使徒たちは、主イエスの弟子とされたことは、私たちがキリスト者とされたことと同じです。キリストの弟子として、今改めて、信仰を新たにしていただきたいと思います。


                                              (2009.3.1)


COPYRIGHT(C) 2009 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る