【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「見ずして信じないのか」  ヨハネによる福音書1章43~51節



ヨハネによる福音書1章43~51節

  1:43 その翌日、イエスは、ガリラヤへ行こうとしたときに、フィリポに出会って、「わたしに従いなさい」と言われた。1:44 フィリポは、アンデレとペトロの町、ベトサイダの出身であった。1:45 フィリポはナタナエルに出会って言った。「わたしたちは、モーセが律法に記し、預言者たちも書いている方に出会った。それはナザレの人で、ヨセフの子イエスだ。」1:46 するとナタナエルが、「ナザレから何か良いものが出るだろうか」と言ったので、フィリポは、「来て、見なさい」と言った。1:47 イエスは、ナタナエルが御自分の方へ来るのを見て、彼のことをこう言われた。「見なさい。まことのイスラエル人だ。この人には偽りがない。」1:48 ナタナエルが、「どうしてわたしを知っておられるのですか」と言うと、イエスは答えて、「わたしは、あなたがフィリポから話しかけられる前に、いちじくの木の下にいるのを見た」と言われた。1:49 ナタナエルは答えた。「ラビ、あなたは神の子です。あなたはイスラエルの王です。」1:50 イエスは答えて言われた。「いちじくの木の下にあなたがいるのを見たと言ったので、信じるのか。もっと偉大なことをあなたは見ることになる。」


序.
 今日、知らない人に着いていくことは危険が伴います。それが宗教であれば、なおさら不信感が伴います。こうした時代に「見ずして信じないのか」と言われても、人々には拒否反応が伴うことでしょう。聖書はここで何を語っているのでしょうか?

Ⅰ.フィリポの入信
 主イエスが洗礼者ヨハネから洗礼を授かった後、アンデレ、アルパヨの子ヨハネ、シモン・ペトロが、主イエスの弟子となり、主イエスに従っていきます。その翌日、フィリポは主イエスの「わたしに従いなさい」(43)との言葉に従い、弟子となります。フィリポが、主イエスに出会って、すぐに信じて着いていったことは驚きです。しかしここには、前提条件がありました。第一に、彼は救い主を待ち望んでいたのです。熱心に祈りつつ、しるしを待っていたのです。第二に、フィリポと同郷であるアンデレとペトロがすでに主イエスを信じて、弟子となっていたことです。聖書が同郷であると語るのは、互いに知り合いであったからです。第三に、主イエスのメシア性です。主イエスが直接語られた時、そこにはメシアとしての姿が人々に示されたのです。もちろん、私たちは直接、神の子、メシアである方を、この目で見ることはできませんので、それがどのようであったかを説明することも出来ませんが・・。そして、フィリポはすぐに主イエスの証し人となります。

Ⅱ.ナタナエルとの出会い
 フィリポは、ナタナエルに出会い、約束のメシアに会ったことを語ります(45)。それは、モーセの律法と預言者の書、つまり旧約聖書全体に語られていることです(参照:申命記18:18、イザヤ7:14)。イザヤの預言は、受胎告知の時、天使によって預言が成就したことが知らされます(マタイ1:22)。「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」この名は、「神は我々と共におられる」という意味である。
 しかしナタナエルは疑います。当たり前です。そして「それはナザレの人で、ヨセフの子イエスだ」(45)とのフィリポの声に反応します。「ナザレから何か良いものが出るだろうか」(46)。この言葉は、ナザレに対する偏見です。都エルサレムに対するガリラヤ地方、ガリラヤにあっても、カファルナウム、ベトサイダ、カナに比べてもナザレは田舎町でした。あのような田舎町からメシアが出てくるはずがないと思ったのです。

Ⅲ.主イエスとの出会い
 しかし彼は、心を全く遮断することなく、フィリポと共に主イエスの所に行きます。それは彼自身が、フィリポ同様に救いを求め、メシアを待ち望んでいたからです。
 しかし主イエスは、ナタナエルに出会うや否や、彼を誉められます(47)。主イエスは、彼が真にメシアを求めている姿を心に留めたのです。「まことのイスラエル人」とは、偽りのイスラエル人と対比されています。多くのユダヤ人たちは、救い主メシアを待ち望むと語りつつも、真には求めていませんでした。そして律法を自らに都合の良いように解釈し自らを誇り、人々を裁いていました。そのことを主イエスは偽善であると語ります。
 この時、ナタナエルの心は震えます。自分自身の心をすべて覗かれているからです。人に出来ないことを行うことが出来るお方を受け入れざるを得ない状態に置かれます。
 さらに主イエスはナタナエルに語られ(48)、主イエスは彼に全知全能である主であることを示されます。そしてさらに主イエスは未来のことをもすべてご存じです(50-51)。主イエスは、御自身の十字架と復活の後に起こることを示されます。ヨハネ福音書21章。ここで復活の主イエスが弟子たちの前に現れることが語られていますが、ここにナタナエルの名が記されているのです(21:2)。ナタナエルは主イエスの弟子として、主イエスの十字架と復活の時まで、主イエスに従ってきていたのです。そして主イエスの十字架の死からの復活の重要な証言者の一人として、ヨハネはナタナエルを紹介します。このことは同時に、彼がこの後にすぐに起こる主イエスが昇天をも見届けていたことを推測させます。主イエスはナタナエルの将来にわたるすべてのことをご存知であります。
 そして主なる神さまは、私たちのすべてをご存じです。この方が、私たちの為に十字架にお架かり下さり、救いを完成して下さいました。私たちは、フィリポやナタナエルのように、直接救い主に出会うことは出来ません。しかし私たちは、神の御言葉である聖書に記された主イエスに出会うことにより、この方こそ真の救い主であることを知り、信じることが出来るのです。そして主は、イエス・キリストこそが真の救い主であると信じる者を、永遠の生命、神の国を約束して下さっています。

                                              (2009.3.8)


COPYRIGHT(C) 2009 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る