【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「最初のしるし」  ヨハネによる福音書2章1~12節



ヨハネによる福音書2章1~12節

  2:1 三日目に、ガリラヤのカナで婚礼があって、イエスの母がそこにいた。2:2 イエスも、その弟子たちも婚礼に招かれた。2:3 ぶどう酒が足りなくなったので、母がイエスに、「ぶどう酒がなくなりました」と言った。2:4 イエスは母に言われた。「婦人よ、わたしとどんなかかわりがあるのです。わたしの時はまだ来ていません。」2:5 しかし、母は召し使いたちに、「この人が何か言いつけたら、そのとおりにしてください」と言った。2:6 そこには、ユダヤ人が清めに用いる石の水がめが六つ置いてあった。いずれも二ないし三メトレテス入りのものである。2:7 イエスが、「水がめに水をいっぱい入れなさい」と言われると、召し使いたちは、かめの縁まで水を満たした。2:8 イエスは、「さあ、それをくんで宴会の世話役のところへ持って行きなさい」と言われた。召し使いたちは運んで行った。2:9 世話役はぶどう酒に変わった水の味見をした。このぶどう酒がどこから来たのか、水をくんだ召し使いたちは知っていたが、世話役は知らなかったので、花婿を呼んで、2:10 言った。「だれでも初めに良いぶどう酒を出し、酔いがまわったころに劣ったものを出すものですが、あなたは良いぶどう酒を今まで取って置かれました。」2:11 イエスは、この最初のしるしをガリラヤのカナで行って、その栄光を現された。それで、弟子たちはイエスを信じた。2:12 この後、イエスは母、兄弟、弟子たちとカファルナウムに下って行き、そこに幾日か滞在された。



Ⅰ.授洗後の変化と移動
 主イエスと弟子たちは、カナにおいて婚礼があり、そこに招かれていたため、ヨルダン川沿いのベタニヤからガリラヤに帰られます(1,2)。主イエスの母マリヤも婚礼に招かれており、家族全体が招かれる親しい関係にあった人の結婚式であったと考えられます。ただ聖書には、新郎新婦が誰であったのか何も記すことはしませんので、このことは詮索する必要はないのです。私たちの注目は、主イエス・キリストだからです。
 主イエスは、このカナにおける婚礼の宴において、最初のしるし、奇跡を行われます。当時、婚礼は約一週間続けられました。文化が異なる私たちからすれば、信じられないことですが、これが彼らの習慣だったのです。そのため婚礼を主催する人は、招待客の人数やメンバーを確認して、十分なだけの食料と酒を準備しなければなりません。途中で食料や酒が足らなくなるなど、恥ですし、客人に失礼にあたります。

Ⅱ.主イエスの変化とマリア
 しかしそうした中、ぶどう酒が足りなくなったとの知らせが、母マリアを通して、主イエスの所に届きます。この時のマリアはそのことをイエスさまに伝えます。それは、子どもを信頼する母親の姿です。この時マリアは、イエスさまがヨルダン川の向こう岸ベタニアにまで行き、主としての御業を始めたことを知り、この様に語ったのでしょうか。いや、まだ息子であるイエスさまが、神の御子であり、メシアとしてのお働きを始めたことをはっきりとは知ることも出来なかったかと思います。
 この時イエスさまは、マリアに対して「婦人よ、わたしとどんなかかわりがあるのです。」とお語りになります。非常に他人じみた言葉です。この時、主イエスとマリアとの関係は、親子の関係から、神の御子(救い主)と一人の罪人の関係に変化したのです。主イエスの態度は、明らかに洗礼を授かる前とは異なっていたのです。
 さらに主イエスは「わたしの時はまだ来ていません」と答えられます。ヨハネ福音書で「時」とは鍵になる言葉です(7:6,8,30、8:20、12:27、17:1)。「父よ、時が来ました。あなたの子があなたの栄光を現すようになるために、子に栄光を与えてください。あなたは子にすべての人を支配する権能をお与えになりました。そのために、子はあなたからゆだねられた人すべてに、永遠の命を与えることが出来るのです」(17:1)。つまり、主イエスにとって、洗礼者ヨハネから洗礼を授かった時が、一つの区切りで、宣教の働きを始めることとなりますが、一方にあって主イエスの「時」とは、御自身が十字架に架かられ、十字架の死と復活により、信じる人すべてに神による救いがもたらされる時であったのです。
 マリアは、聖霊の導きにより、主イエスにすべてを委ね「この人が何かを言いつけたら、そのとおりにしてください」と召使いたちに命じて、宴席に帰って行かれます。

Ⅲ.十字架を指し示すキリスト
 一方で主イエスは、マリアの要求に対して応えられようとします。これは、一人のキリスト者の祈りを、主なる神さまが答えて下さる姿です。奇跡の目的は、主イエスが神の御子、救い主として権能・御力を人々に示す、宣教の御業です。そして苦しみ、嘆きの民を、神の御許に導き、永遠の救いへと招くことです。そのために主イエスは病人を癒したり、罪人に罪の赦しを宣言されたりします。しかし最初のしるしは、奇跡が行われた人に直接救いが示されることではありませんでした。
 しかし、主イエスの最初のしるしとして水をぶどう酒に変えられたのには、理由があります。それは、主イエスが私たちを導いて下さろうとしている神の御国がどのような場所であるかを示されることです。聖書は度々、天国のたとえとして婚礼の宴会を用います。結婚そのものが喜ばしいだけでなく、宴会でのご馳走の飲み食いが、当時、貧しい食生活をしていた人には、天国の喜びを髣髴させる具体的な譬えだったのです。人々は招かれてその喜びに浸ります。婚宴は当時の人々の社会生活の中で最大の喜びであったからです。
 それと同時に、主イエスが水をぶどう酒に変えられたのには、大きな意味があります。洗礼者ヨハネは水で洗礼を授けていました。水は、体の清め・洗いを意味します。そして、洗礼は、現代の私たちにも受け継がれてきています。主イエス・キリストを救い主と信じる者は、洗礼を授かりますし、その時、水の清めとして、水に浸ります。
 しかし罪の赦しのためには、罪の刑罰が支払われる必要があります。神の御子・救い主であるキリスト・イエスは、私たちのこの罪の刑罰を支払われるために、十字架にお架かり下さったのです。主イエスが語られる「わたしの時」とは、まさに十字架に架かられる時です。そしてキリストは、十字架の上で、体が裂かれ、血を流されたのです。
 私たちは、主の晩餐、つまり聖餐式において、パンを食し、ぶどう酒を味わうことにより、主イエス・キリストの十字架を想起し、キリストの十字架の贖いによって、罪赦され、神の救い、永遠の生命の約束に生きていることを確認します。主イエスが、最初のしるしとして水をぶどう酒に変えられたのは、まさにキリストの十字架の血こそ、キリスト者としての生きる道、喜び、神の国の祝福があることを、お示しになられたのです。

                                              (2009.3.15)


COPYRIGHT(C) 2009 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る