【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「神の宮」  ヨハネによる福音書2章13~22節



ヨハネによる福音書2章13~22節

  2:13 ユダヤ人の過越祭が近づいたので、イエスはエルサレムへ上って行かれた。2:14 そして、神殿の境内で牛や羊や鳩を売っている者たちと、座って両替をしている者たちを御覧になった。2:15 イエスは縄で鞭を作り、羊や牛をすべて境内から追い出し、両替人の金をまき散らし、その台を倒し、2:16 鳩を売る者たちに言われた。「このような物はここから運び出せ。わたしの父の家を商売の家としてはならない。」2:17 弟子たちは、「あなたの家を思う熱意がわたしを食い尽くす」と書いてあるのを思い出した。2:18 ユダヤ人たちはイエスに、「あなたは、こんなことをするからには、どんなしるしをわたしたちに見せるつもりか」と言った。2:19 イエスは答えて言われた。「この神殿を壊してみよ。三日で建て直してみせる。」2:20 それでユダヤ人たちは、「この神殿は建てるのに四十六年もかかったのに、あなたは三日で建て直すのか」と言った。2:21 イエスの言われる神殿とは、御自分の体のことだったのである。2:22 イエスが死者の中から復活されたとき、弟子たちは、イエスがこう言われたのを思い出し、聖書とイエスの語られた言葉とを信じた。



序.
 私たちに取りまして神さまを礼拝する場としての教会こそが、神の宮です。宗教改革は、神の言葉の回復が求められ、聖書を自分たちの言葉で読めるように翻訳が始まりました。それと同時に、神さまを礼拝する教会が、神の宮として神の御言葉を聞くのに相応しい場となっているかが問われました。そして、マリヤ像や聖画など偶像に繋がるものは一切排除し、神の御言葉を聞くのに集中出来るようにしました。これを裏返しに語ると、神の御言葉に聞き、福音に満たされなければ、臨在される主なる神さまによる救いが、実感出来ないのです。それだけ御言葉の説教が重要な位置を占めることとなります。

Ⅰ.福音書の読み方
 さて主イエスは、過越祭のためにエルサレムに上られます。つまり主イエスは宣教の最初と十字架に架かられる時にエルサレムに上られたのです。
 今日取り上げました神殿から商人を追い出す出来事は、共観福音書では主イエスが十字架に架けられる直前の出来事とします。この食い違いに関して諸説あり、「2度同じことを行われたんだ」と語る人もいますが、私は、共観福音書が語るとおり、主イエスが十字架に架かられる直前の出来事かと思っています。ヨハネ福音書は間違っているのか?
 福音書は、イエス・キリストの伝記ではなく、時系列通り記されているのではありません。そのため時系列が異なるから、即間違いと語ることは出来ません。福音書毎に強調点がことなるのであり、ヨハネ福音書は、イエスが神の子キリストであることを強調し、イエスの神性、十字架と復活との関係が最初から意識されて記されているのです。
 ヨハネ福音書では、主イエスの最初のしるしとしてカナのしるしが記されていました。主イエスが水から変えられたワインとは、キリストの十字架の死を想起させ、神の国の聖餐共同体を意識したものです。そして、今日記されている所に、神の国における神礼拝とはどのようなものであるかが示されています。神が最初に人間を創造された時に、完全な服従を条件に、人間との命の契約に入れられましたが(小教理12)、人は神との約束を果たすことが出来ずに、罪の中、死の刑罰を避けて通ることが出来なくなったのです。しかし、主イエスは、死の刑罰を御自身が十字架に担い、神の民を本来の姿、つまり神の国における永遠に神の祝福に満たされた状態へと導くために、この世に来られたのです。そのことを、ヨハネは、最初から私たち読者に意識させているのです。

Ⅱ.神の宮:神礼拝を行う場
 さてエルサレムの神殿の境内では、牛や羊や鳩を売っていました(14節)。それは、神殿の前で生け贄を献げるための動物であり、認められていました。というのは、人々はそれぞれ住んでいる地域からエルサレムに上ってくるのであり、わざわざ生け贄の動物を引いてエルサレムに登ることが大変だったからです(申命14:24~26)。また、両替に関しても、当時はローマ帝国の支配下にあり、ローマの通貨デナリオンが流通していました。しかし人々は神殿に行くために、イスラエルにおいて用いられていた銀の重さの単位シュケルに両替することが求められたのです。両替は、そのために必要であったのです。従って、ユダヤ人たちが行っていた行為自体を、否定することは出来ません。
 では、なぜ主イエスは、商売人を追い出されたのでしょうか?彼らが商売をしていたのは神殿の庭です。商売自体は不正ではありませんが、金銭的なことは不正の温床となりやすいのです。そうしたことが神礼拝が行われる礼拝の場に持ち込まれてはならないのです。神礼拝と人間を相手にする商売とは別であり、次第に神礼拝の場が商売にすり替わってしまうことが起こるのです。宗教改革のきっかけは免罪符であり、死者の救いを売買していたのです。まさに商売が神礼拝の場に持ち込まれた腐敗そのものです。
 神の宮である教会は、日常的な働き・商売などから解放され、主なる神さまの御前に、頭を垂れる場所です。日々の生活から離れ、主が語られる御言葉に聞き、祈る場であり、キリストによる罪の赦しと神の永遠の救いの宣言を受け、喜びと感謝の内に一週間を歩む力の源と成らなければなりません。その上で、キリストの教会を建て上げていく上で主が求めておられる働きを、互いに奉仕するのです。

Ⅲ.神の宮:神の国に向けての神礼拝の場
 一方、ユダヤ人たちは主イエスの行った行為に憤ります。ユダヤ人たちにとっては当然出てくる怒りです。ですから彼らは、主イエスが何の権威によってこの様なことを行っているのかとしるしを求めます(18)。それは主イエスが、神殿のことを、「わたしの父の家」と語ったことにも一因があります。「お前は、誰様なんだ」との思いです。
 この時、主イエスは「この神殿を壊してみよ。三日で立て直してみせる」(19)と、御自身の十字架と復活を予告されます。福音書の記者ヨハネに取りましては、主イエスの宣教活動は、あくまでも十字架と復活によって成し遂げられる神の国に向いているのです。
 ユダヤ人は、神に生け贄を献げるための神の宮としての神殿を大切にしてきました。ソロモンによって築かれ、バビロン捕囚から帰還後再建します。そしてこの時代、第三神殿を完成させるために、工事が進められていたのです。しかし主イエスは、御自身の十字架の死と三日目の復活により、旧約以来行われてきた生け贄はもう必要なくなる、と語られます。旧約の時代、繰り返し動物の生け贄が献げられることにより、その都度、人々が罪の赦しを確認していましたが、キリストの十字架と復活は一回限り、信じる者のすべての罪の贖いが完成するのです。ですから、主イエスが商売人たちを一掃するという行為は、もう生け贄の時代は終了し、神の御子、メシアである主イエスに目をやりなさい、信じなさいと語っているのです。すべての人の罪の贖いを成し遂げるのは、動物によって成し遂げられるものではなく、あくまでキリストが来られる時まで、象徴的に行われてきたのです。すべてはキリストの十字架に集中しなければなりません。まさしく神の御子でありつつ、真の人となられたキリスト・イエスだからこそ、成し遂げることが出来ることです。
 主イエスが神殿の庭において行われた行為を、弟子たちですら主イエス・キリストの十字架と復活を待たなければ理解することは出来ませんでした。しかし私たちにはすでにキリストの十字架と復活が御言葉によって指し示されています。主による罪の贖いは完成し、神の国の到来の希望が待ち受けています。だからこそ私たちは、神の国の希望に満たされつつ、神の宮である教会においては、主の御言葉に集中して、日々、希望を持って歩み続けていただきたいものです。

                                              (2009.3.22)


COPYRIGHT(C) 2009 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る