【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「永遠の命を得る」  ヨハネによる福音書3章16~21節



ヨハネによる福音書3章16~21節

  3:16 神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。3:17 神が御子を世に遣わされたのは、世を裁くためではなく、御子によって世が救われるためである。3:18 御子を信じる者は裁かれない。信じない者は既に裁かれている。神の独り子の名を信じていないからである。3:19 光が世に来たのに、人々はその行いが悪いので、光よりも闇の方を好んだ。それが、もう裁きになっている。3:20 悪を行う者は皆、光を憎み、その行いが明るみに出されるのを恐れて、光の方に来ないからである。3:21 しかし、真理を行う者は光の方に来る。その行いが神に導かれてなされたということが、明らかになるために。」



 ヨハネ3:16「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである」。これは福音の神髄とも呼ぶべき、中心的な御言葉です。

Ⅰ.主の御言葉に聞け!
 ニコデモは、主イエスが「人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない」(3)と語られた言葉に躓き、「どうしてそんなことがありえましょうか」と問い直します。ニコデモは、神さまを求め、神さまによる救いを求めながらも、なおも自然を超えて働く御力を信じることが出来なかったのです。しかし主イエスは、自然を超えて働くことのお出来になる神さまがおられ、信じる者に救いを与えることを語ってこられました。

Ⅱ.独り子
 さて、主イエスは御自身のことを「人の子」(14)と語っていたのを「独り子」(16)と語り直します。つまり、最初はイエスさま御自身が、十字架に架かられ、復活と昇天があることを預言されていたのですが、今度は父なる神さまがどうであるのかを語られるのです。
 主は100歳になるアブラハムに、約束の代継としてイサクを与えられます(創世22章)。しかし主は、アブラハムに与えた独り子を、生け贄に献げるよう求めます。まさしくアブラハムの信仰が試される衝撃的な出来事で、心の中で葛藤があったことでしょう。しかしアブラハムは主に従い、イサクを献げようとします。この時、主はアブラハムの信仰を顧みて下さり、代わりに焼き尽くす献げ物を用意して下さいます。つまり、アブラハムにとっては約束の子を神さまに献げ、子に対する愛と執着よりも、神に対する信仰と愛と希望を最も真剣に表明したのです(参照:創世22:16~18、ヘブライ11:17~19)。
 神さまにとっても独り子を差し出すことには葛藤があります。しかし、独り子をこの世に遣わすことにより、神さまは私たちに対する神の愛と真実と義をもって、私たちを救うことを表明して下さいました。主が独り子をお与えになったことは、独り子と共に一切の祝福と全ての恵みを、神さまを信じる私たちにお与え下さったことを意味します。

Ⅲ.「裁き主」か「救い主」か
 一方、神さまの裁きも考えなければなりません。キリスト教のことを批判される人びとの中には、「キリスト教の神さまは最後の審判で、人びとを裁く厳しい神である」と思っておられる方がいます。確かに主なる神さまは人を裁く権能を持っておられ、人類の罪を裁かれるお方は他の誰にもいません。人を裁くことの責任がどれだけ重たいものであるかを、私たちは裁判員制度が始まることにおいて実感しています。
 しかし神さまの裁きは異なります。最初の罪によって、全ての者に罪が入り、さらに私たちは日々、神さまの御前に罪を犯し続けています。神さまの律法に従って裁かれる時、私たちの行い・言葉・心の中のいずれにおいても死に値します。つまり私たちは本来誰一人、滅びから逃れることが出来ないのです。
 誰ひとり救われることのない状態にある中、主を信じる者はすべて、主は救ってくださるのです。そのために、独り子イエス・キリストをこの世に遣わして下さったのです。これは驚くべきことです。これが神の愛です。ですから、主なる神さまは、人間を滅ぼすことが目的ではなく、滅びにいたる者たちを救うために御子をこの世にお渡し下さったのです。そしてキリストは、遜りの誕生と十字架に至る従順により、本来裁かれるべき、私たちに代わって、罪の償いをなして下さったのです。
 このことは8章の姦淫の女の記事で確認できます。彼女は姦通の罪を犯しました。現行犯であり、言い逃れは出来ません。しかし律法学者やファリサイ人は、彼女を裁くことは出来ず、年長者から順にそこから出て行きます。彼らは主の御前に自らが罪人であることを否定出来なかったのです。そして主イエスは彼女に語られます。「わたしもあなたを罪に定めない」。彼女は裁かれないことにより、命が与えられたのです。この出来事は、独り子を救い主として信じる者が滅びないものと主が定められたことと、重ねて考えることが出来ます。主は、私たち罪人を罪の故に裁くことがお出来になるのですが、そうせず、主を信じる私たちを救うために、独り子を十字架にお渡し下さったのです。
 「御子を信じる者は、一人も滅びないで永遠の命を得」ます。「一人も滅びない」は、「独り子を信じる者」にかかります。つまり聖霊の働きにより、主イエス・キリストの十字架により救いが与えられたことを信じる者すべてに、救いが与えられるのです。一方、イエス・キリストを信じることが出来ない者は、本来あるべき滅びの道から逃れることは出来ないのです(3:18-20)。つまり、信じる者は皆、キリストの十字架の救いに与るのですが、信じない者まで含めて、誰でも救われますよとは、聖書は語らないのです。
 しかし、主を信じる者は、もう裁かれることなく、2000年前に成し遂げられたキリストの十字架の贖いにより救われ、永遠の命を得ることが出来るのです。救い主である主は、聖霊をとおして私たちと共にいて下さいます。だからこそ、私たちはニコデモのようが躓いたように自然を超えて働く主なる神さまを否定する者ではなく、生きて働く主なる神さまを受け入れ、信じ、私たち自身がこの主なる神さまの御前に立たなければなりません。

                                              (2009.4.19)


COPYRIGHT(C) 2009 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る