【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「イエスの所へ行け」  ヨハネによる福音書3章22~30節



ヨハネによる福音書3章22~30節

  3:22 その後、イエスは弟子たちとユダヤ地方に行って、そこに一緒に滞在し、洗礼を授けておられた。3:23 他方、ヨハネは、サリムの近くのアイノンで洗礼を授けていた。そこは水が豊かであったからである。人々は来て、洗礼を受けていた。3:24 ヨハネはまだ投獄されていなかったのである。3:25 ところがヨハネの弟子たちと、あるユダヤ人との間で、清めのことで論争が起こった。3:26 彼らはヨハネのもとに来て言った。「ラビ、ヨルダン川の向こう側であなたと一緒にいた人、あなたが証しされたあの人が、洗礼を授けています。みんながあの人の方へ行っています。」3:27 ヨハネは答えて言った。「天から与えられなければ、人は何も受けることができない。3:28 わたしは、『自分はメシアではない』と言い、『自分はあの方の前に遣わされた者だ』と言ったが、そのことについては、あなたたち自身が証ししてくれる。3:29 花嫁を迎えるのは花婿だ。花婿の介添え人はそばに立って耳を傾け、花婿の声が聞こえると大いに喜ぶ。だから、わたしは喜びで満たされている。3:30 あの方は栄え、わたしは衰えねばならない。」



Ⅰ.ヨハネの時代からイエスの時代へ
 過越祭が終わり、主イエスは弟子たちと共にエルサレムからユダヤ地方に行かれます。主イエスが福音を語り、奇跡を行い、弟子たちが洗礼を授けていたのです(4:2)。この洗礼は、復活のキリストが定められた洗礼(マタイ28:19)とは多少趣が異なり、むしろ洗礼者ヨハネが授けていた洗礼、つまり悔い改めを求め、来るべき祝福を保証するものです。
 むしろ問題なのは、これと並行して洗礼者ヨハネも洗礼を授けていたことです。1:30~31を見る限りヨハネの働きは既に終わっています。またマルコ1:14では、ヨハネが捕らえられた後に、主イエスが宣教を始めていることを語ります。つまり、洗礼者ヨハネは過去の人物であり、主イエスが宣教を行い始めた時に、なおも人びとに洗礼を授けていたのはおかしいではないかとの疑問です。しかし私たちは、現代的に聖書が事実通り記されているか否か、白か黒かを判断する読み方をしてはいけません。もちろん、主イエスの足取りをより正確に理解することは求められます。しかし、主イエスがヨハネの逮捕の前に宣教活動を始められたか、否かを決定する必要はありません。むしろ私たちが今与えられた御言葉から読み解くべきことは、主イエス・キリストこそが、真の救い主であり、洗礼者ヨハネは、主イエスに洗礼を授けることにより、その働きを終えることを確認することです。

Ⅱ.洗礼者ヨハネと弟子たち
 洗礼者ヨハネは、主イエスに洗礼を授けることにより、自らの役割が終わったことを知っていました。そのため自らの弟子たちを主イエスの所に遣わしました(1:36)。しかし、なおもヨハネに従ってきていた弟子たちがおり、またさらに新たな人たちがヨハネに洗礼を授けてもらうために近づいて来ていました。そうした時、あるユダヤ人がヨハネの弟子の所に来て、「イエスの方に多くの人びとが行っている」と語ります。なおもヨハネに従ってきていた弟子たちにとっては、気分を損なうことです。そのため彼の弟子たちは、ヨハネにその事実を語ります(26)。彼の弟子たちの内心は、ヨハネに何とかして欲しい思いがあるのです。自分たちの先生を大事に思う心、嫉妬や対抗心が入り交じっています。自分たちが熱心にやっていることに対する自己目的化の意味もあったかも知れません。
 ヨハネ自身、自らの役割は終わったと信じている反面、イエスさまの言動が、誰から見てもメシアであるとの栄光に満ちた姿に見えず、自らの確信の内にも迷いがあったのでしょう。宣教を続けている所に、彼自身の弱さがあります。ヨハネは、最後の預言者とも呼ばれ、主イエスの道備えをする特別な働きが主から託された者ですが、彼は一人の罪人であったことを、私たちは忘れてはなりません。彼を神の位置においてはならないのです。

Ⅲ.天から与えられた人、イエス・キリスト
 その上でヨハネは、自らの信仰の弱さを覚えつつ弟子たちに言い聞かせます(27~28)。ここでヨハネが、「天から与えられなければ」と語った言葉は、重要な証言です。
 つまり、ヨハネの弟子たちは、あくまでヨハネに目が行き、それを広めるために必死です。ニコデモは人間的な熱心で神の国、救いを勝ち取ろうとして、主イエスの所にも救いを得るために来ていました。しかし主イエスは「人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない」と語られ、霊的に天から救いが与えられなければならないことに、ヨハネは失望するのです。
 ヨハネは、弟子たちに対して、人間的な熱心で伝道をするのではなく、救いとは天から与えられることを語ります。そして、自分は天から召されてその努めについているけれども、あくまでも地上に生きる一人の罪人であり、メシアではないことを語ります。天から遣わされた方は、主イエス・キリストおひとりです。そのため、ヨハネは自分に留まるのではなく、天から与えられた方である主イエス・キリストの下へ行けと語ります。

Ⅳ.花婿の前に立つ花嫁
 そしてヨハネは最後に、自分は花婿ではなく、花婿に介添えしている友人であると語ります。花嫁である神の民が、花婿であるイエス・キリストの前に導かれる時、ヨハネはこの上ない喜びに満たされるのであり、それこそが、ヨハネの与えられた働きです。
 今、この御言葉に招かれている私たちは、神さまの御前に集められたキリストの花嫁です。だからこそ、私たちを花婿の前へと導くヨハネや牧師を、主と崇めたりしてはなりません。私たちは、私たちを罪から救い出し、神の国に導いて下さるキリストである花婿を見なければなりません。それと同時に、キリストの花嫁に相応しい純潔を身に着けることが求められます。自らの力で花婿に近づくことは出来ませんが、純潔、謙虚さ、遜りにより、主の御前に頭を垂れるべきです。今、キリストの花嫁の純潔を奪おうとする試みは今一段と激しくなっています。だからこそ私たちは、花婿であるキリストを見失わないこと、それと同時に、花嫁とされている私たち自身が、キリストの花嫁に相応しい者として、準備を整えていかなければなりません。

                                              (2009.4.26)


COPYRIGHT(C) 2009 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る