【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「神から遣わされた方」  ヨハネによる福音書3章31~36節



ヨハネによる福音書3章31~36節

  3:31 「上から来られる方は、すべてのものの上におられる。地から出る者は地に属し、地に属する者として語る。天から来られる方は、すべてのものの上におられる。3:32 この方は、見たこと、聞いたことを証しされるが、だれもその証しを受け入れない。3:33 その証しを受け入れる者は、神が真実であることを確認したことになる。3:34 神がお遣わしになった方は、神の言葉を話される。神が“霊”を限りなくお与えになるからである。3:35 御父は御子を愛して、その手にすべてをゆだねられた。3:36 御子を信じる人は永遠の命を得ているが、御子に従わない者は、命にあずかることがないばかりか、神の怒りがその上にとどまる。」


序.
 3章になり、主イエスとニコデモの会話、そして主イエスと洗礼者ヨハネに関して語られてきました。しかし今日のテキストは、誰が語っている言葉か? 新共同訳聖書では、30節でヨハネの言葉を終え、聖書記者であるアルパヨの子ヨハネの言葉とします。また主イエスの言葉と取ることで出来るでしょう。いずれにしても、主イエスが語った言葉を、聖書記者がまとめて、この箇所に相応しい言葉として、書き記したかと思います。しかし同時に、文章の流れを汲みつつ、御言葉から聞かなければ成りません。

Ⅰ.主なる神さまと私たち
 聖書記者は、31「上から来られる方は、すべてのものの上におられる」と語ります。「上」=「天」と言い換えも行います。天に対する地であり、「天から来られる方」とは、主イエス・キリストだけです。他に、天から来られた方はなく、洗礼者ヨハネを含めすべての人間は「地から出る者」です。つまり、ヨハネは自らを神に属するものであることを否定し、暗にヨハネの弟子たちが、ヨハネの指し示す主イエスの所に行くことなく、ヨハネの所に留まることに対する非難します。御父・御子・御霊なる主なる神さまと、地に属する私たち人間、ここに徹底的な違いがあることを私たちは忘れてはなりません。
 私たちは主なる神さまを信じる時、神さまを私たちの頭の中に閉じ込めてはなりません。神さまを私たちの奴隷にしてはなりません。神さまは、天に在され、神の荘厳であり崇高に満ち、威厳に満ちた天に属するお方です。そして神さまは、天地万物を創造し、私たちに生命を与え、今もこの時、命を与え、私たちに神さまの御前に生きる喜びを与えてくださいます。私たちが主権的に生きているのではなく、主なる神さまの主権の下、私たちは主によって生かされているのです。
 私たちはウェストミンスター小教理問答問4は次のように語ります。
問4 神とはどのようなお方ですか。
 答 神とは、その存在・知恵・力・聖性・義・慈しみ・まことにおいて、
   無限・永遠・不変の霊です。
 特に「無限・永遠・不変の霊です」と語る時、私たち人間と比べなければなりません。空間的に神が無限のお方であるのに対して、私たち人間は場所的です。時間的に神が永遠のお方であるのに対して、私たち人間は時間的です。そして変化において、神は変わることのないお方であるのに対して、私たちは時間により変化し、肉体の死にまで至ります。
 だからこそ、天から来られた主イエスは奇跡を行い、病人を癒し、死人を甦らせること、私たちの常識を越え、自然を超えて働くことがお出来になることを、私たちは理解することが出来るです。私たちの思いを超えて働くことが出来る方こそ、主なる神さまです。
 このように天におられる神さまと地にある人間との違いを確認することは、主なる神さまに代わる神々(偶像)を否定し、人が神の位置に近づいたり、神に代わる存在となることなども、受け入れることができないのです。

Ⅱ.神さまを知るために・・・、神の啓示
 では、救い主である主なる神さまによって私たちが救われるためには、どのようにすればよいのか? 私たちは神さまを捜し求め、たどり着くことなどできないのです。そのため、私たちが神さまの救いに与り、神さまを知ろうとする時、私たちは神さまが御自身をお示し下さる言葉に聞くこと以外に方法はないのです。神さまは聖書によって御自身を私たちに啓示してくださっています。
 第一に神さまが直接語りかけてくださる直接啓示です。旧約の族長アブラハムやモーセに対して、主は御自身でもしくは使いをとおしてお語り下さいました。第二に、主は預言者に語られ、その預言者の口を通して預言をお語り下さいました。第三に、自然を超えて働く奇跡として御自身を示されます。出エジプトにおける数々の奇跡などが挙げられます。そしてここで語れているように、天から来られた方、主イエス・キリストによって語られたは、まさに神の言葉そのものです。最後に、主の聖霊によってまとめられた聖書です。
 しかし、私たちが今、神さまの救いを求め、神さまを知ろうとすれば、神さまがお与え下さった啓示の書である旧・新約聖書に聞くしかありません。だからこそ私たちは救いを求めるために、聖書を読み続け、また主によって招かれた礼拝に与り続けるのです。
 そして、神がお遣わしになった方、つまり主イエス・キリストのみが、神の言葉を話されるのです。主イエス・キリストの御言葉に耳を傾ける以外に、私たちが神を知り、神の国、つまり天国における祝福を見上げることも、そこに入れられることも出来ないのです。

Ⅲ.御子に託された私たちの救い
 そればかりか、天から御子イエス・キリストを遣わされた御父は、御子を愛しておられ、御子に、地における人の救いをすべてゆだねられたのです。私たちは、天国について、神の救いに関して、御子の御言葉に聞かなければならないばかりか、御子に繋がらなければ、つまり、御子のよって成し遂げられた十字架の御業によらなければ、私たちは自ら持っている罪が裁かれ、神の救いに入れられることは出来ないのです。だからこそ、御子によって語られる御言葉に耳を傾け、御子によってなされた十字架と復活の御業を受け入れることが求められるのです。これが、天に座する主なる神さまが、地に属する私たちにお与え下さる祝福です。
 地上における富、名声、権力を追い求める時、私たちには天における祝福は一切与えられません。私たちが、真に生きる喜びと祝福、神による救いと永遠の生命を求めるならば、地上の一切のしがらみから離れ、主がお語り下さる御言葉に集中し、御子イエス・キリストによって与えられる十字架と復活の御業を受け入れ信じることです。この時、私たちは、真の喜びと希望に満たされ、また地上における生活においても、必要なものはすべて主がお与え下さることを信じ、主の御言葉に聞きつつ、祈りをもって地における日々の生活も全うしていくことが出来るのです。
                                              (2009.5.3)


COPYRIGHT(C) 2009 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る