【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「永遠の命に至る水」  ヨハネによる福音書4章1~15節



ヨハネによる福音書4章1~15節

  4:1 さて、イエスがヨハネよりも多くの弟子をつくり、洗礼を授けておられるということが、ファリサイ派の人々の耳に入った。イエスはそれを知ると、4:2 ――洗礼を授けていたのは、イエス御自身ではなく、弟子たちである――4:3 ユダヤを去り、再びガリラヤへ行かれた。4:4 しかし、サマリアを通らねばならなかった。4:5 それで、ヤコブがその子ヨセフに与えた土地の近くにある、シカルというサマリアの町に来られた。4:6 そこにはヤコブの井戸があった。イエスは旅に疲れて、そのまま井戸のそばに座っておられた。正午ごろのことである。4:7 サマリアの女が水をくみに来た。イエスは、「水を飲ませてください」と言われた。4:8 弟子たちは食べ物を買うために町に行っていた。4:9 すると、サマリアの女は、「ユダヤ人のあなたがサマリアの女のわたしに、どうして水を飲ませてほしいと頼むのですか」と言った。ユダヤ人はサマリア人とは交際しないからである。4:10 イエスは答えて言われた。「もしあなたが、神の賜物を知っており、また、『水を飲ませてください』と言ったのがだれであるか知っていたならば、あなたの方からその人に頼み、その人はあなたに生きた水を与えたことであろう。」4:11 女は言った。「主よ、あなたはくむ物をお持ちでないし、井戸は深いのです。どこからその生きた水を手にお入れになるのですか。4:12 あなたは、わたしたちの父ヤコブよりも偉いのですか。ヤコブがこの井戸をわたしたちに与え、彼自身も、その子供や家畜も、この井戸から水を飲んだのです。」4:13 イエスは答えて言われた。「この水を飲む者はだれでもまた渇く。4:14 しかし、わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る。」4:15 女は言った。「主よ、渇くことがないように、また、ここにくみに来なくてもいいように、その水をください。」



序.
 私たちにとって喉が渇いたら水を飲むことは当然のことです。こうしたことは、非常に恵まれた状態です。ローマ帝国が繁栄したことの理由の一つも、水道制度の完備が挙げられます。しかしパレスチナ地方では、水は非常に重要なものです。水を得るために深い井戸を掘らなければなりません。それも水量が十分ではなく、朝・夕に女たちが集まり、井戸のふたを開け、必要な量の水のみを汲んでいたのです。そのため、それ以外の時間に人々が水を汲むことはなく、ましてや他人が水を汲むことなど出来ませんでした。

Ⅰ.サマリアを通る主イエス
 主イエスは弟子たちと共にユダヤを去り、ガリラヤに行かれます。通常ユダヤ人がガリラヤへ行く時、サマリアを避けて、ヨルダン川東方を通ります。ユダヤ人からはサマリヤ人がユダヤ人から離れた異教徒と思われ、忌み嫌われていたからです。
 しかし、主イエスはサマリアを通られます(4)。何か急ぐ用事があったのか?いや主イエスはあえてサマリアを通られたのです。ここには主の御意志が表れています。主はサマリア人をとおして、主の御業が示されるために、主イエスをサマリアへと行かせたのです。
 主イエスの宣教の目的は、捨てられた羊を連れ戻すことであり、捨てられた民であるサマリア人を回復することです。主イエスによって始められたサマリア人の回復は、使徒8章において、迫害によってエルサレムを散らされていった使徒たちによって成し遂げられていきます。そして今、日本においてもその活動が続けられているのです。

Ⅱ.キリストとの出会い
 主イエスの弟子たちがこぞって食べ物を買うために町に行き、主イエスはおひとり、旅に疲れ、井戸のそばに休んでおられます(8)。旅の疲れを覚え、喉が飢え渇き、井戸のそばにいながらにして水を飲むことが出来ないのです。主イエスの孤独さと切なさが、ここにあります。こうした状況は、十字架上の主イエスと重ね合わせることができます。主イエスは十字架の死の時、「渇く・成し遂げられた」と語り息を引き取られたのです(ヨハネ19:28,30)。キリストは孤独な中、十字架に死を遂げられたのです。
 一方ここで登場するサマリア・シルカの女は一人で水を汲みに来ます。人々とは違う時間帯にここに来ていたのです。つまり、町の女たちの交わりには入ることが出来なかったのです。それは彼女の異常な生活の故です(16~)。人々から嫌われ、軽蔑され、彼女自身も人と交際することを疎ましく感じていたからです。ここに彼女の孤独が示されています。
 つまり、孤独を覚えておられたキリストが、孤独な生活を送っていたサマリアの女と出会ったのです。私たちがキリストと出会うとは、まさしくこのように一対一でなければなりません。私たちは、家族で教会に来られる方が多く、また聖徒の交わりもあります。今日も私たちは聖餐の礼典に与り、大垣教会の一員・神の国の一員であることを覚えます。しかしその前に私たちは一人の人間として、キリストの御前に立たなければなりません。キリストの交わりがあってこその、聖徒の交わりであり、貧しい者を助けるディアコニアも生じるのです。大切なことは、教会員を見て何かを考えるのではなく、キリストを見て行動することです。一人ひとりが直接キリストの御前に立たなければならないのです。
 来週の御言葉になりますが、主イエスは彼女の全てを見透かしておられます。彼女の全てのことをご存じのキリストが、彼女の罪を赦し、彼女を生かしてくださるのです。そしてあなたのすべてをご存じであるキリストが、あなたを生かしてくださるのです。キリストが、あなたの唯一の救い主、あなたの唯一の贖い主です。

Ⅲ.命の水
 主イエスはサマリアの女に「水を飲ませてください」と頼みます。しかし女にとっては、ユダヤ人が喉が渇いた所で、知ったことではありません。他者に無関心な現代人と同じです。しかし主イエスは、民族的な遮断・社会的な断絶にある人に対して、その壁を取っ払い、和解をもたらしてくださるのです(ヨハネ10:16)。 つまり、サマリヤの女への語りかけは、失われたご自身の民への働きかけであり、一人の罪人の回復なのです。
 そして主イエスは語られます(10)。ここで話しが転換し、渇いていたのは、主イエスではなく、女であることを明らかにされます。キリストは女の飢え渇きを知っておられたのです。これは生きた水に対する飢え渇きです。社会生活を送る中、様々な苦しみにあえぐ一人一人が持っている飢え渇きです。それをキリストは知っていて下さいます。
 そしてこの時、女は目の前にしているユダヤ人が何者であるのか考えることとなります。私たちも私たちに示されたキリストが誰なのか真剣に考えなければなりません(11~12)。キリストこそが、生きた水の源泉そのものなのです。そのため、主イエスは「渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい」(7:37)とも語られます。つまりあなたがキリストに繋がる時、すでにこの生きた水を受けているのです。そして、キリストによって語られる御言葉により、私たちはさらに生きた水に満たされていくのです。だからこそ私たちはキリストの前に立たなければなりませんし、日々、御言葉の養いを受け、飢え渇きを満たさなければならないのです。キリストを除いて、生きた水をお与え下さる方はいないのであり、キリストの前に立たないのに、飢え渇きを嘆いても、それが満たされるわけはありません。
 私たちは、この後、主の晩餐の礼典に与ります。キリストの十字架により、あなたの罪が贖われ、あなたの救いが完成したのです。そのためにキリストは十字架で苦しまれ、死を遂げて下さったのです。そのことをパンとワインで確認していただきたいのです。
 そしてキリストの赦しが示される聖餐に与ることにより、同じようにキリストによる救いが与えられた兄弟姉妹の交わりが生じてくるのです。私たちの信仰は、キリストとの繋がりである縦の関係がしっかりしなければ、聖徒の交わり・ディアコニアという横の関係も、いつまでたってもしっかりとしたものにはならないのです。

                                              (2009.5.10)


COPYRIGHT(C) 2009 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る