【ヨハネによる福音書連続講解説教】  辻 幸宏牧師

「まことの礼拝」  ヨハネによる福音書4章19~26節



ヨハネによる福音書4章19~26節

  4:19 女は言った。「主よ、あなたは預言者だとお見受けします。4:20 わたしどもの先祖はこの山で礼拝しましたが、あなたがたは、礼拝すべき場所はエルサレムにあると言っています。」4:21 イエスは言われた。「婦人よ、わたしを信じなさい。あなたがたが、この山でもエルサレムでもない所で、父を礼拝する時が来る。4:22 あなたがたは知らないものを礼拝しているが、わたしたちは知っているものを礼拝している。救いはユダヤ人から来るからだ。4:23 しかし、まことの礼拝をする者たちが、霊と真理をもって父を礼拝する時が来る。今がその時である。なぜなら、父はこのように礼拝する者を求めておられるからだ。4:24 神は霊である。だから、神を礼拝する者は、霊と真理をもって礼拝しなければならない。」4:25 女が言った。「わたしは、キリストと呼ばれるメシアが来られることは知っています。その方が来られるとき、わたしたちに一切のことを知らせてくださいます。」4:26 イエスは言われた。「それは、あなたと話をしているこのわたしである。」



Ⅰ.主イエスとサマリアの女
 主イエスは、サマリアのシカルという町に立ち寄られ、そして、女に水を求められました。しかしそれは主イエスが女を救いへと招き入れて下さるためでした。主イエスは、女を受け入れた上で、女の隠しておきたかった過去を明らかにされ、悔い改めを求めます。神さまによる救いを求めるためには、周囲の人々を気にすることなく一対一で主の御前に立ち、自らを省みる必要が求められるのです。そして自らが救いに相応しくない者であることが示されると、自己否定と罪の悔い改めが生じ、真の信仰が与えられていくのです。
 すると女は、初対面でありながらも自分のすべてを知っておられる主イエスを、単なるユダヤ人ではなく、真の神から遣わされた預言者として受け入れることが出来たのです。

Ⅱ.礼拝の場所
 そして女は、「わたしどもの先祖はこの山で礼拝しましたが、あなたがたは、礼拝すべき場所はエルサレムにあると言っています」と語ります。これは女が目の前にいるユダヤ人預言者によって、真の救い主メシアについて知りたいとの思いから出てきた言葉です。
 女の語る「この山」とはゲリジム山のことです。サマリア人がユダヤ人から嫌われていたのは、南北に分かれた時、北イスラエルが罪を繰り返し、神から離れていったと言うことが原因にありますが、ユダヤ人たちがエルサレムにおいて神礼拝を守っていたにも関わらず、サマリア人は、ゲルジム山において礼拝を守っていたことも原因の一つにあります。
 しかし、エルサレムが築かれ、礼拝の場とされていくのは、ユダヤが南北に分かれた後のダビデの時代です。一方、アブラハムが約束の地に導かれ、最初に聖所を作り礼拝を守ったのがシケムであり、それがここで語られているスカルです。またモーセも出エジプトを果たしたイスラエルが、ヨルダン川を渡って約束の地カナンに入る前に、ゲルジム山に祝福があることを語っております(申命11:29)。つまり、神礼拝が行われていた場所は、スカルやゲルジム山の方が歴史は古く、ユダヤ人とサマリア人が別れた後にユダヤ人たちはエルサレムで神礼拝を献げるようになったのです。
 そうした背景の中、女は、目の前にいるイエスを受け入れるにあたっては、ユダヤ人のようにエルサレムで礼拝を守らなければならないのか?と問うているのです。

Ⅲ.誰を礼拝するのか
 主イエスは「婦人よ、わたしを信じなさい」と語られます。主イエスは御自身がメシアであり、真理を啓示することを語っておられます。これは重要な言葉であり、ここで歴史の大転換、旧約から新約へと時代が変換がなされます。
 「あなたがたが、この山でもエルサレムでもない所で、父を礼拝する時が来る。あなたがたは知らない者を礼拝しているが、わたしたちは知っているものを礼拝している。救いはユダヤ人からくるからだ」。ここで二つの事柄、つまり礼拝の場所的な問題、さらに礼拝の対象が誰であるのかという問題の答えが示されています。
 まず礼拝の対象に関して。旧約であれば、「アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神」であり、メシアでした。しかし主イエスは、「父を礼拝する時が来る」と語り、「主なる神」=「父」であると告白されます。主イエスの時代、神の超越性が強調され、「あなたは神の御名をみだりに唱えてはならない」との第三戒が幅をきかせており、民衆と神との距離が非常に開いておりました。しかし主イエスは、神を父とお語りになり、御父と御子の親しさ、近さを語ります。つまり私たちが礼拝すべきお方は、御子イエスの父なる神さまであることをはっきりとお語りになったのです。そして、この主イエス・キリストを遣わされた父なる神さまを、私たちは礼拝するのです。しかも父なる神さまに対して、私たちは「アッバ、父よ」と親しく呼びかける事を良しとされているのです。主なる神さまは、自らの罪を悔い改めない者に対しては裁きを行う厳格ですが、一方、主の御前に立ち、自らの罪を悔い改める者は、やさしく招き入れて下さり、救いの祝福に満たして下さるのです。
 主イエスは、礼拝の対象が、キリストの御父であるとはっきりとされたのですが、一方、「あなたがたは知らない者を礼拝している」と語られます(参照:使徒17:22~31)。名前も知らずに信じるのではなく、知った上で信じて礼拝しなさいと語っておられるのです。

Ⅳ.
 ①ユダヤ人としてお生まれになるメシア
 そして主イエスは「救いはユダヤ人から来るからだ」と語ります。主イエスは、サマリア人に対するユダヤ人の優越性を語っているのではありません。むしろ、主イエスは福音書全体でユダヤ人たちの罪を指摘し、さらにサマリア人の譬え(ルカ10:25-37)では、サマリア人の信仰を賞賛します。つまり主イエスがここで語られていることは、ユダヤ人の素晴らしさを語っているのではなく、アブラハムの子、ダビデの子、ユダ族として約束のメシア、キリストがお生まれになったことを語っておられるのです。
 ですから、神さまを礼拝することは、「どこで」礼拝するかが大切なのではなく、むしろ誰を礼拝するかが大切である、つまりイエス・キリストの父なる神さまを礼拝することが大切であることを、主はお語りになっているのです。ここに時代の大転換があるのです。
 私たちは、今、大垣教会に集い、神さまを礼拝しています。しかし大垣教会で礼拝を守ることが大切なのではなく、大垣教会においてイエス・キリストの父なる神さまが御言葉によって指し示され、生きて働く主なる神さまを畏れつつ、礼拝することが大切なのです。このお方が、私たちを死の裁きから救い出し、神の子の特権をお与え下さり、神の国における祝福へとお導き下さるのです。だからこそ私たちが主を礼拝する時には、まず私たち一人一人が主の御前に立ち、行いも言葉も心も全てを知っておられる主なる神さまの御前で自らの罪を悔い改めつつ、なおも私たち一人ひとりを愛して下さり、永遠の生命をお与え下さる主に感謝しつつ、礼拝を献げ、賛美すべきなのです。

                                              (2009.5.24)


COPYRIGHT(C) 2009 日本キリスト改革派大垣教会  ALL RIGHTS RESERVED



戻る